都道府県別男女の特徴と恋愛の傾向 佐賀県編

婚活をして、お相手と付き合い始めのうちは、お相手の性格が良く分からないため、どう接したら良いのか分からないことがあります。デートを繰り返すことで、お相手の性格や相性を知ることができるのですが、事前にもっとお相手のことを知ることができる情報があればいいのに、と思われたことがあるのではないでしょうか。

そのような時、お相手のお住まいから県民性もチェックしておくことをおススメします。県民性はその土地の気候や歴史、文化から形作られるもので、長く住んでいるほど知らず影響を受けているものです。県民性を知ることでお相手のことや、お相手がお住まいの土地のことももっと好きになれるかもしれませんよ。

それでは、佐賀県の県民性の特徴や恋愛の傾向についてチェックしてみましょう。

佐賀県の県民性の特徴

佐賀県は九州の北西部にあります。福岡県、長崎県に接し、玄界灘、有明海にも面した県です。朝鮮半島にも近い距離にあるので、大陸とのやりとりの窓口になった歴史もあります。
気候は温暖でとても穏やかなため、佐賀県の県民性もきっとおおらかな方々が多いのではないかと思われることでしょう。

佐賀県といえば、佐賀藩士、山本常朝の教えを書いた「葉隠」によって、武骨一点張りだと思っている方々がいます。「武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり」まさに、これは「葉隠」で有名なフレーズです。これは死ぬことを賛美しているのではないか…と誤解している人たちもいらっしゃるのかもしれませんが。死の賛美と死を覚悟して生きるでは全く意味あいが違います。死を覚悟して生きているから、人たちはより以上精一杯生きていくことができるということ、そこに死という具体性が見えていないと、人はダラダラ生きてしまうだけなのかもしれません。
そのため、武士道の精神は佐賀県の方々に宿っていて、頑固でもあり、辛抱強い性格の方が多いとされています。
ただし、これは佐賀県の方々に抱くイメージであって、実際には佐賀県の県民性の特徴には多少のズレがあるようです。全体的に、佐賀県には社交的な方々が多くいらっしゃいます。ビジネスにも成功されていて、責任感の強い方が多いようです。佐賀県には、根性もんと呼ばれる方々が多いのだそうです。
政府統計のデータでは、佐賀県の方々は、真剣に仕事と向きあい、仕事をしている時間が全国で一番長い県と言われています。日本人自体、他国の方々から見れば、働き過ぎと見られているところがありますが、佐賀県の方々は、その中でも特出している県ということができます。

 

佐賀県の男性の特徴

佐賀県の男性は、頑固一徹な所があるため、自分自身に対して厳しく、他人に対しても厳しい性格でいらっしゃいます。そして佐賀県の男性は、自分はSタイプだと思っている方々が多いのだそうです。
しかし、コミュニケーション能力が高く、そつなくやりとりすることができて、友だちも多いタイプ。また、ものごとを論理的に話す傾向があるそうです。

お仕事に対しては、マジメで一生懸命働き、お仕事大好きという方々も多いようです。また、佐賀県の男性は、労働に時間を費やしてしまうため、娯楽にはそれ程時間を費やしていないようです。遊ぶことよりも仕事が大好きという性格は、全国の中でも特別と言っていいでしょう。ここにも頑固一徹な一面があらわれており、仕事に対してプライドを持っているからなのかもしれません。

 

佐賀県の女性の特徴

佐賀県の女性は、クールな一面をお持ちでいらっしゃるかもしれません。それは、自分にとっての合理性を優先してしまうタイプだからです。そのため、人生設計をしっかり考えて実行できる方々が多いようです。
感情よりも頭で色々考えてしまうタイプのため、仲良くなる前まではお相手に何を考えているかわからないと思われてしまうこともあるかもしれません。
また、冷静に何事に対しても向きあうことができる方々が多く、自分自身に軸があります。ただし、自分自身としっかり向きあってしまうことで、悲観的人生観を持ってしまう方々も多いようです。佐賀県の女性に将来について聞けば、「暗い」と回答される方々が多いと言われています。

仕事においては、佐賀県の女性は虎視眈々と出世を狙っている方々が多いようです。女性の方々も、お仕事に対しては一生懸命向きあうことができて、娯楽にはそれ程時間を使わない性格のようです。
一生懸命仕事をするのは佐賀県民の特徴であり、娯楽にそれ程お金をかけないとあれば、自ずと貯蓄はどんどん貯まっていってしまうのではないでしょうか。
ただし、全国の統計では、佐賀県の貯蓄率は、それ程高いとはされていませんので、それほどストイックな生活をされているというわけではないようです。

 

佐賀県の恋愛の特徴

それでは佐賀県の方の恋愛の特徴についてみていきましょう。婚活をしている方にとっては大事なところですので、ぜひ目を通しておいてください。

佐賀県の男性の恋愛の特徴は、やや奥手という感じがあります。自分自身に対して価値観を持っている方々が多いせいか、自分自身は草食系と思っている方々が多いそうです。
ご結婚に対しては、一見家庭に落ち着けば頑固オヤジになるのだろうということを予想する方々が多いかもしれませんが、意外と家庭的という方々が多いようです。お相手のことをこの上なく大切にする愛妻家で、何よりも佐賀県の男性は、料理、洗濯、お掃除が大好きという方が多いのだそうですよ。

佐賀県の男性はとてもしっかりしていて、自分自身の価値観をしっかり持っているタイプのため、女性の方も似たようなタイプでないと合わないことがあります。 物事に対して冷静に向きあうことができて、落ち着いた感じの女性が良いのかもしれません。いつも側にいれば、周囲の人たちを楽しくしてくれるという女性は、ひょっとしたら佐賀県の男性とはテンションが合わないかもしれません。
相性が良いのは、人当たりが優しい福岡県、大分県あたりの女性の方々と上手くやっていくことができるでしょう。佐賀県の男性は、優しい女性に尽くしたいという気持ちを持っているそうです。

佐賀県の女性の方々は、情熱的な恋愛ではなく、恋愛でも冷静に判断される方々が多いようです。好きな男性に尽くされたいと思っている方が多い一方で、私はS的性格だと自覚している方々も多いようです。
ご結婚されてもクールさは変わらないようですが、何事も考えるタイプのため、時としてストレスを知らず溜め込んでしまうことがあるかもしれません。
そのような女性に対しては、とにかく徹底して尽くしてくれるようなタイプが良いのかもしれないですよね。佐賀県の女性の気持ちをしっかり理解した上で、エスコートしてくれる県民性の特徴の方が一番良いでしょう。佐賀県の女性に合う優しい県民性の男性は、静岡県、高知、福岡の方々とされています。
佐賀県の女性も、今楽しければいいじゃない…という発想の男性とは合わないようです。自分自身がじっくり将来のことも考える性格であるため、お相手に対しても将来について考えていて欲しいと思うようです。

佐賀県の男性の方々は恋愛にあっさりとした草食系のイメージがありますが、女性の方々は逆で、実は肉食系で虎視眈々と狙った獲物を射止めるタイプのようです。佐賀県の方々は佐賀県の方々とマッチングするのが一番いいと思うのかもしれませんが、男女ともSタイプであり、意外と相性はそれほど良くないようです。

お見合いをしていて、話題に困ってお互いに黙ってしまった…、そのような経験をされたことがあるのではないでしょうか。どちらかがコミュニケーション上手な方であれば良いのですが、どちらも話下手だとお見合いの時間を持て余してしまいます。そのようなことにならないためにも、お相手のコミュニケーション能力に頼らなくてもなんとかできる努力はしておいた方が良いでしょう。

会話につまってしまったとき、こんな軽いあるあるネタで、場を繋ぎましょう。


・佐賀県の方々は、海苔は買うものではなく、もらうものと思っている方々が多いようです。

・佐賀県に台風は来ますが、微妙にそれていくようです。


・佐賀県の県民性方々は、友だちに対して「お前」と呼ぶことがありますが、決して怒っている訳ではありません。 

・九州8県をあげてもらったときに出る順番が、佐賀県はいつも遅いようです。出身を聞いたとき、唐津出身だけが「唐津」と答えるのは何故なのでしょうか。

・佐賀県では小学校の給食で使われている食器が「有田焼」が使われているとのことですが、そのような食器では、いつか割れてしまわないかと心配になりますよね。小学生の方々に、モノの価値観を教育しているのでしょうか。

・佐賀県の方々は、飛行機に乗らないのに空港に行くことがあるということです。

他県に住んでいる者からしてみれば、佐賀県は山にも海にも恵まれ、温泉も沢山あって羨ましいと思うようなところです。それなのに佐賀県の方々は、「佐賀には何もない…」と言う方が多いようです。それは、佐賀県の方々が慎ましやかで、あまり主張しない性格であるからかもしれませんね。


いかがでしたでしょうか。今回は、佐賀県の県民性の特徴についてご紹介させていただきました。
佐賀県の方々は、マジメで何ごとに対しても一生懸命向きあう性格で「根性もん」と呼ばれる方々が多いようです。
冷静に現状や将来のことを考える方が多いため、ただわいわい騒ぎたいタイプの方や、軽いノリの方とはテンションが合わない可能性があります。


佐賀県の方はどちらかと言うと精神的なつながりを大切にする方たちです。そういったところに共感できるならば、結婚後は厚い信頼関係で結ばれた良い家庭を作ることができるでしょう。
佐賀県で婚活をされている方、または佐賀県の方と出会いたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

作成:2020.4/6(更新:2020.12/23)

あなたにおすすめの記事