遠距離恋愛を成功させるコツ

結婚相談所を介して出会うと遠距離恋愛になることがしばしばあります。
オンラインお見合いもそうですが、全国規模の出会いが叶うためです。
また、真剣交際中にどちらかの転勤が決まって距離が離れてしまうということになったら、結婚してついていくか、遠距離恋愛をするか悩むということもあるでしょう。
最初から遠距離恋愛のカップルも、途中から遠距離恋愛となってしまったカップルも交際を続けて婚活を成功させるにはコツがあります。
こちらでは遠距離恋愛を成功させるコツや遠距離恋愛をすることによるメリット、成婚となったカップルの特徴についてご紹介しましょう。

遠距離恋愛を成功させるために

遠距離恋愛はなかなか会う機会がもてないのが寂しいところ。新型コロナウイルス感染拡大防止による外出自粛中も同様だったのではないでしょうか。
遠距離恋愛が長く続くコツは、今後も起こる可能性がある脅威のための備えの参考になるかもしれません。

連絡をとりあう

今の時代、スマホやパソコンでどのような形でも毎日連絡を取り合うことが可能です。
相手の時間を損ねないように、近況報告や真剣な気持ちをメールで送っておいたり、LINEでちょっとした挨拶を送ったり、ビデオ通話アプリのZOOMやSkypeを使ってオンラインデートをしたり。
一般的なお付き合いより結婚を見据えたお見合いで出会いを叶えたお二人ですから、お相手と会うことなく、連絡の頻度も少ないと気持ちが薄れてきて交際終了に繋がってしまいます。
LINEで「おはよう」「おやすみ」だけでもいいのでできるだけ連絡をこまめに取るようにしましょう。
お互いの生活の負担にならない程度で電話やZOOMでのオンラインデートを習慣化させるのもおすすめです。

定期的に会う

遠距離恋愛は相手がそばにいないということを受け入れた上で交際を進めて行きます。
しかし、結婚を見据える上では定期的に会って、お互いの価値観をすりあわせることも大切でしょう。
お互いの住んでいるところで会うのがベストですが、時間や費用のことを考えるとお互いの住まいの中間点で会うと負担も少なくすみます。
できれば月に1度など頻度を先に決めてデートすることがお二人の関係を良好にしていくでしょう。
特別なイベントがなくても実際に会って話をしたり、そばに居たりするだけでいいのです。
会う頻度を決めておけば「この日に向けてがんばろう」とさびしい時間も乗り切れるでしょう。

プレゼントの交換やサプライズを

特に特別なものでなく、お土産程度のものでもいいので、プレゼントを交換するのも愛情表現のひとつです。
オンラインデートやオンラインでプロポーズを考えている方は花束をサプライズで郵送するのもアリでしょう。
ただ「会いに行く」ということが特別な遠距離恋愛中のおふたりには、そのちょっとしたことが関係を持続させる効果的な気持ちのアピール方法になるのです。
直接会ったときに渡すことはもちろん、さびしすぎて仕方ないときは手紙を添えて送るといいでしょう。
いつもはLINEなどの活字が手書きの手紙で届くことで、より気持ちが伝わります。
また、プレゼントはお相手のことを想って選ぶ時間も楽しいひとときになるのではないでしょうか。

ひとりの時間を楽しむ

「会えない時間が愛を育む」という言葉。お相手のことを一瞬忘れるくらい夢中になれる趣味や美容や体作り、資格の勉強などに時間を使ってひとりの時間を充実させていると、その言葉の意味がわかるほど寂しさに負けない強い心が育っているでしょう。
遠距離恋愛中は会えない時間がほとんどですが、お相手を束縛するほど連絡を取ったり、「会いたい」という気持ちばかり相手に伝えていたりすると、逆にお相手の気持ちが離れて行ってしまいます。
自分ひとりの時間をいかに楽しんで充実させるかが遠距離恋愛を成功させるコツです。
離れている時間を使って自分を磨いて、次に会うときにお互いがさらに魅力的になっていたらもっとお相手のことを好きになるでしょう。

お相手を想ってがんばりすぎない

定期的に会う時間を作るのは遠距離恋愛をする上で大切なことですが、会社内で予想外のことが起きたり、意に反して心身共にすり減っていたりということがあります。
休みの日には婚活相手とオンラインデートをしたり、実際に会う時間をとったりしたいところですが、もし自分が疲れている場合は、お相手に合うことよりもご自身を優先させてください。
自分をすり減らしてお相手のために時間を使うと負担ですし、お相手も気を遣って楽しめません。
スケジュール管理はしっかりしておきたいところですが、多忙な社会人カップルにとってイレギュラーはおきるものです。
今後結婚を見据えているのであれば、お相手に正直に話して次のデートの日時をずらしてもらうなどしましょう。
お互いに遠距離恋愛を成功させようと思っているのであれば、負担にならない方法を選べるはずです。

相手のことを信じて不安になりすぎない

結婚相談所などを介して婚活を行っている以上、仮交際中は複数の方とデートをしていると考えられます。
もちろん真剣交際中は一人にしぼって恋愛をしますが、どうしても遠距離恋愛では婚活相手が「別の方と出かけているのでは」と不安になることもあるでしょう。
距離が離れているので心配になる気持ちはわかりますが、ネガティブな気持ちをずっと引きずっているよりもたまにしか会えないお相手との時間を楽しむことを優先してください。
「近場の人とお付き合いしているのでは」「他に良い人がいるのでは」などおこってもないことをいちいち考える必要はないのです。
近距離の方とお見合いをしたというカップルでもうまく進展しないことや、連絡先交換すら叶わないことがあります。
結婚につながる恋愛は、距離ではなくお互いの気持ちをわかりあうことが大切なので、お相手のことを信じるようにしましょう。

本音はしっかり伝える

遠距離恋愛中はケンカしたりお相手の機嫌を損ねたくないことから、遠慮したりしてしまうことがあります。
しかし、遠慮はしない方がおすすめ。本音のコミュニケーションを交わすことで強い信頼関係が深まるのです。
職場で嫌なことがあれば話を聞いてもらえば良いですし、行ってみたい場所の話をしても良いでしょう。
愚痴を聞いたり、行ってみたい場所に付き合ったりすることがお相手にとって負担かどうかはお相手が話してくれるはずです。
また、お互いにお互いのことをどう思っているのか分からない、という事態は真剣交際中ではあまりよくありません。
育っていく好意のレベルが違うとうまく結婚に繋げられないからです。連絡をとったときにはお相手のことを大切に思っていることを本音で表現するようにしましょう。

遠距離恋愛のメリット

遠距離恋愛はなかなかお相手と会う機会が持てないし、会うためには費用がかかるというデメリットがあります。
しかし、会えたときの嬉しさや新鮮さは近場の出会いにはないメリットです。

会えたときの気持ちが新鮮

一緒にいられるのが当たり前ではないので、会えたときの嬉しさが増すのは遠距離恋愛の大きなメリット。
デートの度にマンネリ感が増していくということがないことも関係が良好になるポイントでしょう。いつでも新鮮な気持ちでデートを続けられますし、結婚してからも新鮮な気持ちで仲が良い夫婦が多いです。仮交際中であれば、近場の他の方とお見合いをしたとき、遠距離中の婚活相手の良さを再確認できたり、大切さや気持ちをあらためて感じたりすることができるでしょう。

ひとりの時間を充実させられる

「恋人に使う時間」よりひとりの時間が多いので、ひとりの時間を束縛されずに満喫できるというのもメリットのひとつ。
多趣味な人や友だちづきあいを優先させる人にとっては大きなメリットになるでしょう。内面や外見を磨く時間もできるので、さらに婚活相手を引きつける魅力ある人になれます。
また、会えない間お相手のことを考える時間も増えるので、将来に向けて冷静にお相手のことを考える時間を作れることもよい一面です。

仕事に打ち込める

遠距離恋愛中は、近場で仕事の帰りにお相手と会うということがないので、仕事を第一優先にしやすい環境が整います。
仕事をバリバリ頑張りたいという方には大きなメリットでしょう。仕事に打ち込んで、婚活相手とふたりきりの時間を楽しむためにつかうお金を稼げるのであれば尚更です。
会う頻度を上げたり、プレゼントを用意したりと仕事優先でもお相手に還元できるでしょう。

遠距離恋愛から結婚したカップルの特徴

結婚相談所のお見合いから成婚退会に至るまでは半年から1年といったところです。
お互いに結婚を前提にお見合いをしているので、遠距離恋愛がそう長く続くということはありませんが、やはり結婚につながるカップルの特徴はあります。
大切な人と結ばれる上で大事なことは遠距離恋愛でも近場の出会いでも変わりません。

お互いが自立している

お相手に依存することなく、自分の時間を大切にしてお相手の時間も尊重するタイプのカップルは「近くにいないから心配」ということがなく気持ちが強いです。
「この人と結婚するのだ」というお互いに確信をもって遠距離恋愛をしているため、自然とゴールインします。

お互いに感謝の気持ちを伝えている

頻繁に会える相手ではないからこそ、お互いに相手を大切にしたいという気持ちから感謝の気持ちを伝えあっています。
「不安にさせないように連絡をとってくれてありがとう」「忙しい中時間をとって会いに来てくれていつもありがとう」などです。
結婚後もお互い思いやりをもって支え合える関係になることがわかるので、結婚に結びつくのでしょう。

将来のビジョンをお互いに共有している

結婚に当たって「子どもがほしい」「仕事はこんな感じでやっていきたい」など「自分は将来こうしていきたい」という意見交換をできる関係が築けているカップルは結婚に向かいやすいものです。お互いになにを求めているかが明確なので、結婚するにあたっての行動がしやすいでしょう。
しかし、お見合いをしてそんなに時間が経たないうちに「結婚したら」と未来の話ばかりしていたら、相手は負担に感じてしまうことがあります。遠距離恋愛中はまず今のお互いを知り、絆を深めることが大切です。

まとめ

いかがでしたか。
お見合いから遠距離恋愛を介して結婚に至るには、お互いにコミュニケーションをとることと、ひとりの時間を大切にすることが大切であることがわかりました。
遠距離恋愛を成功させるコツは近距離で恋愛される場合にも適用されます。ご自身を磨きながらお相手との関係をしっかり築くコミュニケーションをとるようにしていきましょう。

 

作成:2019.2/1(更新:2020.12/10)

あなたにおすすめの記事