大分の子育て、住環境をチェック!

結婚相談所でお見合いをして出会った方と結婚の運びとなったのであれば、新生活を始める場所を決めなければいけません。
大分県への移住をお考えであれば、結婚生活をおくりやすい地域がどこなのか、どのような地域なのかを詳しく知りたいでしょう。
こちらでは大分県の住環境や子育て環境についてお伝えします。
大分県への移住婚・新生活をお考えの方はぜひ参考にされてください。

大分の基本的な情報

大分県の住環境について基本的な点をまとめました。

①観光施設が充実している

源泉数および湧出量ともに日本一を誇り、「日本一のおんせん県おおいた」というキャッチフレーズでアピールしている大分県。

特に別府温泉は「地獄」と呼ばれる7つの温泉噴気口のうち4つが国指定名勝になっています。別府湾に面していることもあり、観光地として充実しているスポットです。

大分県中央部に位置する「由布院温泉」も若者に人気の知名度が高い温泉地。

他にも歴史を感じさせる観光地や山から海に続く土地を生かしたテーマパークなど観光施設が充実していますが、やはり特筆すべきは温泉地でしょう。

田舎ではありますが、交通インフラが整っているため他の都道府県とのアクセスもスムーズで利便性は高いです。大分空港にJRやロープウェイ、バスやフェリーなど陸海空で移動ができます。テレワークからの移住婚などにぴったりではないでしょうか。

②子育て満足度日本一を目指している

温泉をはじめ山から海に続く土地がさまざまな魅力を生み出している大分県。自然に恵まれた田舎町が多く、治安が良いことも子育てに向いていると言えます。

近場の公園はもちろん、野生のニホンザルが暮らす「国立公園高崎山自然動物園」、イルカと身近に触れ合える水族館の大分マリーンパレス水族館「うみたまご」、FIFAワールドカップでは会場のひとつにもなったドームなど、子どもたちを遊ばせることができるスポットも多彩です。

なにより自治体が「子育て満足度日本一」を目指して子育て世代を応援しているため、のびのびと子育てをしていきたい家庭にぴったり。

子育て世帯で移住したいと考える方に人気の地域が県内に多いことからも子育てに向いていることがわかります。

③比較的温暖な気候で過ごしやすい

大分県は比較的温暖な気候に恵まれており、九重連山や由布岳など山地が占める割合が多い一方、北部から東部は海に面しており、豊かな自然に囲まれています。

中津市や豊後高田市などの大分県北部の地域は瀬戸内海気候でありながら、冬場は関門海峡からの北西の風の影響が受けやすいという特徴です。

日田市、九重市など西部は盆地で夏場は雷雨が多く、秋冬は霧が発生します。南部の豊後大野市、佐伯市などはもっとも温暖多雨。暖かく冬季は晴天が多いため、人気の地域です。大分市や別府市などの県中央部は山地の影響を受ける冬場は天気が良い日が多く、暖かいので過ごしやすいでしょう。

大分の各地域の住環境まとめ

大分県にあるそれぞれの地域の住環境についてまとめました。

①大分県の魅力を凝縮したような大分市

全国的に知名度が高い「国立公園高崎山自然動物園」や大分マリーンパレス水族館「うみたまご」といったテーマパークや、別府や湯布院ほどの知名度はありませんが温泉も湧き出ている大分市。地下600m~800mの深層部から湧き出る大深度地熱温泉を市内30カ所以上で楽しむことができます。

海と山とレジャーと温泉と閑静な住宅地に玄関口となるJR大分駅と大分市で生活に必要なものはそろっているので、住みやすいでしょう。

大分市は大分空港にJR九州の4路線、近鉄グループの別府ロープウェイ線やケーブルカー線、バスやフェリーと交通インフラが整っています。

陸海空すべての手段で他の都道府県と繋がれるので、移住婚の後も地元に帰ったり、テレワークの合間に出社したりするのに便利です。

JR大分駅は、駅そのものがアミューズメント空間になっています。ショッピングモールやレストランなど商業施設が豊富で、映画館もあり、屋上には子どもたちが遊べる広場が設けられています。

駅周辺にはスーパーや生活をサポートしてくれる公共施設があるので、買い物はもちろん公的な用事まで大分駅周辺で完了するため便利です。

繁華街もあるので駅周辺は比較的賑やか。少し離れると閑静な住宅街が広がっているためメリハリがついています。

JRやバスなどのインフラが整っているとはいえ少し田舎に行くととたんに交通網が乏しくなるのでマイカーは必需品になるでしょう。

大分市は子育て環境も充実しています。幼稚園や保育園などの保育施設が2018年度で112施設、小学校が60校、中学校が26校と学校施設が多いことも特徴のひとつ。

保育施設に至っては、保育ママや小規模保育、事業所内保育など認可外保育施設や地域型保育事業を行っている施設も数多くあるので、働く保護者をしっかりサポートしてくれるでしょう。

また、医療制度も子育て世代に優しい取り組みをしており、所得制限がなく子ども医療費助成が受けられ、中学生まで入院に関しては一部負担も支払う必要がありません。

結婚相談所のお見合いで出会い、これから子育てに邁進していこうと考えているお二人には「子育てファミリー・サポート・センター事業」や「おおいた子育てほっとクーポン」の交付など、充実した子育て環境を用意している大分市への移住婚がおススメです。

②「日本一のおんせん県」を代表する別府市

大分県といえば「日本一のおんせん県」。そして全国的知名度が高く、おんせん県を代表するのが別府市です。

別府市には「別府八湯」と呼ばれる8つの温泉が市内全域に点在し、JR別府駅を中心とした交通アクセスも整った世界有数の温泉地。

市内各地から立ち上る温泉の湯気が幻想的な雰囲気を醸し出しています。

同じ別府市内でも湯治場として江戸時代に開かれた「堀田温泉」や別府市街地から別府湾、天気がよければ四国まで見渡せる「観海寺温泉」などエリアごとに景観や泉質が異なり、それぞれ趣のある温泉を堪能できるのが特徴。

入浴料は安く、別府市民は市民価格で一般の3分の1ほどの料金で入浴が可能。日帰り入浴も行われているので、移住婚が叶った際にはいろいろな温泉を楽しんではいかがでしょうか。

「湯けむり展望台」や「十文字原展望台」、別府高原駅と鶴見山頂駅を結ぶ「別府ロープウェイ」など自然の景観を生かした観光スポットもおススメ。

「十文字原展望台」は日本夜景百選に認定されており、「別府ロープウェイ」と同じく別府市街地を一望できます。

結婚相談所のお見合いで出会い、短期間で婚活成就した、まだまだ恋愛の延長線上にいるお二人で記念日などに出かけてみてはいかがでしょうか。

また、山の中にある「別府ラクテンチ」は子育てファミリーに人気の遊園地なので、家族が増えてからも楽しめるスポットです。

別府市は温泉をはじめとする豊かな観光資源だけでなく、病院や公園、保育施設や学校も多いので、ゆったりと子育てしたいお二人におススメのエリアです。

特に医師の数と病床数が全国平均より多く、医療が充実している地域なので年齢を重ねても住みやすい地域といえます。

地域医療に貢献して積極的に最新医療の知識と技術を取り入れているのも特徴。在宅医療支援も整っています。

中でも別府総合病院は外科、内科、小児科、新生児科がそろっているため、赤ちゃんから大人まで幅広く対応しているので安心です。

③2020年版住みたい田舎ベストランキングの小さなまち部門1位豊後高田市

「住みたい田舎ベストランキング」で8年連続3位に輝いた後、2019年、2020年と同1位に二年連続で選ばれた、たくさんの方に移住したいと考えられている「豊後高田市」。

特に子育て世代の移住スポットとして人気を博しています。

交通網はJRや大分空港から直接アクセスできるバスがあり、街全体がコンパクトで生活する上で必要な施設がすぐそばにあり、住みやすい地域です。

大分県の自然と豊かな食文化を楽しみたいお二人に豊後高田市は特におススメ。

海と山が近いので、「岬ガザミ」や「そば」「ネギ」といった魚介類や野菜など新鮮な海の幸、山の幸が堪能できます。

特にそばは県内一の生産を誇っており、「豊後高田そば」として普及しています。

手打ち認定のお店が市内に12店舗あるので、お二人で食べ比べに出かけてみてはいかがでしょうか。

豊後高田市の観光地として温泉の他に「真玉海岸」の夕日や「昭和の町」も有名。

特に2001年に立ち上げられた「昭和の町」は、昭和30年代の町歩きが楽しめます。

コロッケ屋さんや駄菓子屋さんなど食べ歩きをしながら昭和の街並みを散策してみてください。

木製の机やチョークで描く黒板のある教室、当時の最先端電化製品やアニメのキャラクターなど、ノスタルジックな気分に浸らせてくれます。

お二人が子どもの頃のエピソードも飛び出してくるような楽しいひと時が過ごせるスポットです。

街全体がコンパクトな豊後高田市は、市役所や警察署、郵便局や銀行、スーパーや病院にドラッグストア、コンビニも歩いて10分圏内にあります。

もちろん足を伸ばせば温泉や海や山などの自然にも恵まれています。

大分市や別府市と比べると田舎なので人との距離も近く、移住婚の際には現地の方がたくさん支援してくださるでしょう。

公共施設や新鮮なグルメ、観光資源とバランスよく揃っている豊後高田市は、子育てもしやすくお二人が新生活を始めるのに最適な地域と言えます。

住みたい田舎として人気の大分でゆったりとした移住婚を叶えよう

温泉で癒され、絶景で癒され、と自然の息吹を感じながらも利便性の良い大分市をはじめ、自然豊かでのどかな田舎町が移住婚を目指す方を惹きつける大分県。

子育て支援に自治体が力を入れており、今後の伸び代も感じられるので、ゆったりと子育てを楽しみながら幸せな結婚生活がすごせるでしょう。

 

作成:2019.3/18(更新:2021.1/20)

あなたにおすすめの記事