プロポーズテクニック・場所を決めよう

プロポーズのシチュエーションは成功を左右すると言っても過言ではありません。 女性は成功を左右特にプロポーズのシチュエーションに憧れを抱いている場合があるので、プロポーズの場所選びは大切です。 この記事ではプロポーズにおすすめのスポットをケース別にご紹介します。  

プロポーズにおすすめの場所6選

プロポーズの場で定番のものから少数派のものまで6つのスポットを厳選しました。

結婚相談所のお見合いで初めて出会ったときのこと、お2人の交際中のエピソードや、プロポーズで行いたい演出を踏まえてベストな場所を選んでお相手を喜ばせましょう!

①王道は「レストラン」

こちらは定番の場所なのでまさに「プロポーズと言えば」と連想する人も多いはず。 夜景の見える綺麗なレストランでバラの花束とキラキラと輝く宝石のついた婚約指輪を渡されて求婚されるシーンは女性なら一度は思い描いているシチュエーションなのではないでしょうか。

迷ったときは王道の場所でストレートにお相手への想いを伝えると良いでしょう。 結婚相談所やお見合い、婚活イベントといった恋愛や結婚を目的とした場で出会ったお相手の場合はこのシチュエーションのプロポーズに憧れを抱いている傾向にあります。

ただし、人気のレストランの場合は予約が取れない場合があるので、プロポーズを決行する日が決まったらすぐに席を押さえると安心です。 また、事前にお相手のアレルギーや好きなお料理をリサーチしておき、苦手なものは避けるようにレストランのスタッフに伝えておきましょう。

②自然体で飾らないお2人には「自宅」

同棲中のカップルやなるべく外出をしたくない方にもおすすめなのが自宅でのプロポーズ。 お二人が住み慣れたお部屋なら緊張せずにリラックスをして想いを伝えることが出来そうですよね。

自宅でのプロポーズはプレゼントを持って帰る時にお相手に負担をかけてしまうという心配もないので贈り物にもこだわることが出来るというメリットもあります。 お相手に手抜きと思われないように、婚約指輪や花束の渡し方などにはこだわることがポイントです。

自宅でのプロポーズは演出の仕方によってはサプライズをすることも可能です。 バルーンを使って飾り付けをしたり、ホームシアターを使って二人の思い出のムービーを流したり、手作りの温かみのある演出をするのもおすすめです。 お相手と一緒に住んでいる場合でプロポーズに必要なものを準備するのにネットショッピングを利用する際、宅配のタイミングでお相手にバレてしまわないように細心の注意を払う必要があります。

お相手の不在時に受け取りが出来るように時間指定をしたり、友人や実家に協力を得て荷物の送り先を変えたり工夫をしましょう。

③ロケーションにこだわりたいなら「旅行先」

旅先の絶景を背景にしたり、ホテルや旅館の一室でのプロポーズは非日常感を味わうことが出来るのも魅力的です。 また、旅行先でのプロポーズは数年後に今度はカップルではなく家族としてもう一度訪れるという楽しみが増えるのも素敵ですよね。

こちらも旅先への準備の段階で荷物などからお相手にプロポーズをするということが知られてしまわないように気をつける必要があります。 道中の荷物は必ず自分で持つようにしたり、宿泊施設でプロポーズをする際は泊まり先にあらかじめ送っておいたりするなど対策をしましょう。

荷物を送る場合はスタッフにプロポーズに必要なものを送っているので、荷物のことはお相手の前では言わないでほしいなど配慮してもらうために一言添えておくと安心です。

また、旅先でのプロポーズの場合は荷物になるものを渡してしまうと行き先や交通手段によってはお相手への負担を増やしてしまうことになります。 花束を贈る場合も旅行の日程や交通手段により、お花のコンディションを保つことが難しい場合があるので十分に注意が必要です。

旅先の場合、花束は近場や日帰りでない限りは避けて置いた方が賢明でしょう。

④大好きなキャラクターにもお祝いしてもらうなら「テーマパーク」

若いカップルやキャラクター好きにおすすめなのがテーマパークでのプロポーズです。 テーマパークがサービスとして相談を承っている場合もあるので事前に情報をチェックしておきましょう。

テーマパークでのプロポーズではアトラクションの中で行うのも人気です。 サプライズが苦手なお相手には観覧車の中だと個室で周りに会話を聞かれる心配もなく、夜だと上空からの夜景がロマンティックな雰囲気を演出できます。

お相手が人前でのサプライズに抵抗がない方の場合はメリーゴーランドやテーマパーク内の広場もおすすめです。 居合わせた来場者や遊園地のスタッフがお祝いの言葉をかけてくれたり、拍手をしてくれたりと場がお祝いモードに包まれます。

⑤ドライブ好きのカップルには「車の中」

交際中よくドライブデートをしていたカップルや人前のサプライズが苦手だけれど、素敵なプロポーズの演出をしてお相手を喜ばせたい方におすすめ。

車の中だと人目を気にしないで二人だけの空間でサプライズ演出が出来るメリットがあります。 BGMにこだわったり、 また、花束や婚約指輪の隠し場所にも困らないだけでなく、大きなプレゼントをしてもお相手の自宅まで送り届けることが出来るので、相手に負担をかけないということも魅力です。

そのため、プロポーズで人気の演出の「108本のバラの花束」や「ルブタンのハイヒール」といったかさばりやすい贈り物を贈っても安心。

⑥目立つこと間違いなし!「イルカショー」

動物好きの二人のプロポーズでサプライズにおすすめなのが「イルカショー」! 急遽訪れてすぐに対応することは難しいので、事前に水族館のスタッフと打ち合わせをしておきましょう。 イルカがスタッフの指示で、指輪の入った箱を持ってきてくれる演出も人気を集めています。 サービスを行っている水族館がYouTubeなどでプロポーズの様子を動画で残している場合もあるので、事前にチェックしておくことをおすすめします。 当日あらかじめ早めに水族館に行ったり、数日前に水族館へ指輪を送っておいたりする等、準備や綿密な打ち合わせが必要ですが、可愛らしいイルカがサプライズを手伝ってくれる姿を見てお相手も喜んでくれること間違いなしの演出です。

⑦一生忘れられない景色になる「夜景」

こちらもロマンティックな雰囲気を演出できる人気のプロポーズです。 とっておきの夜景スポットは感動的な気分を盛り上げてくれます。 バーやレストランでない場合は、ドライブデートの帰りなどがおすすめ。 プレゼントが用意しやすいことや、冬場で寒いときも車の中から景色を楽しむことが出来ます。 完璧な演出をするためにも、道中の混雑具合をチェックしたり、山などの場合は霧がかっていないか事前に確認しておくことをおすすめします。  

 

場所を決めるときの注意点

自宅や高級レストラン、遊園地などプロポーズにおすすめのスポットが沢山ありますが、お相手の性格によっては不向きの場所や、場所のコンディションによっては配慮しないと行けない要素もる場合も。 ここからは、プロポーズを行う場所選びで注意しておくべきポイントをご紹介します。

天候

夜景やテーマパークでのプロポーズなど、野外で行う場合のプロポーズでは当日の天候にも注意する必要があります。

雨が降っていなくても霧が深くてせっかくの夜景が見えないと言う場合もあるので当日の現地の天候は必ずチェックしておくと安心です。 天候が不安定な夏前や秋口は夜景スポットや旅行先をプロポーズの場に選ぶ際は慎重に場所を吟味しましょう。

天気だけでなく気温などにも気を配り、暑さ・寒さ対策をするのも大切です。 また、夏に野外でプロポーズする際には虫さされや日焼けには十分気を配るようにしましょう。 テーマパークでのプロポーズの場合、施設によっては雨の日だけの演出がある場合も。

しっかりと情報収集をしてプロポーズに備えましょう。  

①混雑具合

カレンダー通りのお休みの場合、プロポーズの舞台に選んでいる場所が混雑している場合があります。 テーマパークや旅行先でのプロポーズを計画している場合は特に注意する必要があります。

また、メディアに取り上げられる高級レストラン等の場合は「予約半年待ち」ということもしばしば。 どうしてもこのお店でプロポーズしたい!という思い入れがある場合は希望の日をすぐに押さえておきましょう。

②サプライズの有無

お相手の性格によってはサプライズが苦手という場合があります。 お店の照明が急に落ちてロマンティックなBGMが流れ、スポットライトで照らされる中お相手にプロポーズといったよくある演出は一見素敵なプロポーズに見えますが、目立つのが苦手なお相手にとってはかなり居心地の悪さを感じてしまう可能性があります。

お店に居合わせた別のお客さんからの注目を浴びることや、万が一プロポーズの様子がSNSにアップされてしまったときのことも考慮する必要があります。

お相手が目立つことが苦手な性格だけれどもサプライズをしたい場合は、レストランの場合は個室を予約したり、テーマパークでは観覧車を選んだり、人の目に対しての気遣いも必要です。

③周囲の協力

フラッシュモブなどを行う場合は、周囲の協力が必要です。 突然お店などで人が歌ったり踊ったりするので事前にお店のスタッフや施設の持ち主にフラッシュモブを行ってプロポーズをすることを伝えておく必要があります。

また、友人に協力をお願いする場合は振り付け等を丸投げにするのではなく、依頼する前に動画などでイメージをしっかりとしておき、振り付けを覚えたり練習をしたりするための時間を十分にとれるようにスケジュールを立ててから話をするようにしましょう。

ダンサーなど専門の業者を呼ぶのも一つの方法なのでチェックしておくと安心です。 プロのダンサーがフラッシュモブに協力して場を盛り上げてくれるので、場が一気にテーマパークのパレードのように華やぎます。

協力する側はあなたのプロポーズを盛り上げるために、時間を割いて練習してもらったり、当日予定を空けてもらったり、負担をかけることになるので感謝の気持ちを持って接するようにしましょう。 プロポーズが無事に成功したときのお礼もお忘れなく! いかがでしたでしょうか。

今回はプロポーズの場所選びやそれぞれのおすすめポイントをご紹介しました。

お相手の性格や理想に併せて注意点にも気をつけながら、プロポーズの舞台を選んでみてくださいね!

作成:2018.2/9(更新:2021.1/23)

あなたにおすすめの記事