都道府県別男女の特徴と恋愛の傾向 兵庫県編

現在、婚活をしていらっしゃる方々は、様々な県の方々と遭遇することでしょう。

それぞれの県には、気候や文化、歴史の違いから様々な県民性が存在しています。

そんなの当てにできるの?と疑問に思われる方、今まで県民性なんて一度もチェックしたことがなかったという方も、是非参考にしていただければと思います。 それでは早速、兵庫県の県民性についてチェックしてみましょう。

兵庫県の県民性の特徴

兵庫県は、近畿の西端に位置している県です。北は日本海、南は瀬戸内海に面し、同じ兵庫県の中でも、様々な特徴を見つけることができます。 旧国区分では、摂津・播磨・但馬・丹波・淡路と5つの国からなりたち、5つの顔を持つ県とも言われています。

兵庫県といえば、神戸がありますので、とてもオシャレでハイカラな街と言ったイメージがあるかもしれませんが、それは兵庫県の一部です。 神戸は、港町なので、外から入ってくるものに対して、積極的に受け入れようという気質があります。

こちらが籠ろうと思っても、勝手に向こうからこちらに入ってきてしまうので、どうせなら今まで存在していないものは積極的に取り入れて自分なりにうまくまとめよう…という風になったのでしょう。 そのため、とてもフレキシブルな精神をお持ちの方々が多いようです。

実際に神戸という街において、日本ではじめてというものは多く見つけることができます。ゴルフ場もそうですし、生協も実は神戸が初です。 また、兵庫県の県民性はとても新しいものが好きで、ファッションも流行を積極的に取り入れ、また自分たちで生み出す力もあるため、多くの日本のファッションブランドが神戸発となっています。

さらに神戸の方々のファッションは上品で高級感があり、クオリティーも高く、他県の方々からも注目されています。 すぐ側には、大阪府の方々がいますが、大阪府の方々と比較しても、兵庫県の県民性は、上品な気質と言っていいでしょう。大阪府の方々と比較すれば、商売根性も薄めかもしれません。

香川県は、うどん県と言われることがありますね。大分県がおんせん県であって、 鳥取県が蟹取県です。このような県の呼び名によって、県の特産を知ってもらい、もっとこの県に行きたいという気持ちも強く起こることでしょう。 そして、兵庫県には、そのようないい方があるかというと、実は兵庫五国連邦なのです。

但馬、丹波、播磨、神戸・摂津、淡路が、兵庫県としてひとつに大人しくまとまってみえるかもしれませんが、それぞれが強い個性を持ち、主張しあう関係となっているようです。 兵庫県は、兵庫県北部の但馬と中南部の播磨との間でも、気候や文化にも違いがあります。

両方とも海に面しているといういい方をすれば、特徴は似ているように感じますが、但馬は日本海で、播磨は瀬戸内海です。海の様子自体も全く違っていたりします。 兵庫県は、元々5つの国から成り立っている県でしたので、それぞれ違うというのは、そもそも仕方のないことなのです。

兵庫県の県民性の特徴は、まさにそのようなことから生まれる多様性と言うことができます。ですから、兵庫県の県民性について神戸のイメージで語ってしまうのは、あまりにも安易な判断です。 全体的にお話しすると、兵庫県の方々は、新しいもの好きの方々が多くいらっしゃるので、浪費するタイプではないかと思う方々もいらっしゃるのかもしれませんが、意外と現実的な方々が多いようです。

合理主義のため、無駄なお金の使い方をされることはありません。 また、兵庫県の方々は、大阪府の方々と同じように、いいものをできるだけ安くという気持ち持っています。

兵庫県の方々は、それ程貯金に熱心ではないそうですが、結婚し、お互いに貯金に意識を向けることができれば、堅実なご家庭を築くことができるのではないでしょうか。 仕事に対して北部の方々は、他エリアと比較して勤勉な方々が多く、何事にも負けないという意識を持っているようです。

東部の方々は、企画する能力が優れていらっしゃる方々が多いと言われています。 西部の方々は、アクティブに行動することができますが、我慢することがやや苦手とされています。淡路の方々は、マイペースにお仕事をされる方々が多いようです。

女性の方々は、 北部の方々はマジメにお仕事をする方々が多く、東部は、テキパキとお仕事をこなす方々が多く自己主張の強い方々が多いとされています。

西部の方々は、明るくお仕事と向き合うことができますが、褒めて成長するのとは逆で、褒められることが苦手なタイプなのだそう。淡路の方々は、辛抱することが苦手なタイプなのだそうで、こちらは褒めることで成長してくれるタイプなのかもしれませんね。  

 

兵庫県の男性の特徴

兵庫県の男性の特徴は、全体的に見れば、おおらかで素直な性格をしていらっしゃいます。県民性という意識をそれ程お持ちではない方々が多く、「どこの出身ですか?」と聞かれた時には、「兵庫県です」とは言わないで、神戸とか、淡路などと答える方々がほとんどです。

但馬の方々は、素朴で比較的無口な方々が多いようです。丹波の方々は、勤勉でマジメな方々が多いです。播磨の方々は、性格の明るい方々が多く、神戸・摂津の方々は、積極的で個人主義を貫いている方々が多いそうです。淡路の方々は、開放的な性格で、かつ辛抱強く我慢することができる方々がいらっしゃいます。

他県の方々が兵庫県の県民性としてイメージしていらっしゃるのは、おそらくは神戸の方々のことであり、そのような方々は、新しいものを発見するアンテナをたてている方々が多く、とてもスタイリッシュな方々が多いようです。女性の方々は、全体的に言えば、自己主張をされる方々が多いようです。

但馬の女性の方々は、マジメで辛抱することができるタイプ、丹波の方々は、拘りを持ち人と接するタイプです。播磨の方々は好奇心旺盛な方々が多く、神戸・摂津の方々は、理知的で、淡路の方々はおおらかな方々が多いとされています。  

 

兵庫県の恋愛観

兵庫県の方々は、どのような恋愛観をお持ちでいらっしゃるのでしょうか。結婚相談所を利用して婚活をしている方々にとって、一番大事なことですよね。 兵庫県の方々は、恋愛に対してそれぞれ地域によって向きあい方が違っています。

太平洋側と内陸にお住みになっていらっしゃる男性たちは、恋愛に対して積極的に行動している方々が多いです。 日本海側に住んでいらっしゃる方々は、やや恋愛に対して、奥手なようです。 芦屋の方々は、派手なご結婚を好む傾向がございますので、そのあたりのことも、あらかじめ特長のひとつとして理解しておくといいのではないでしょうか。

兵庫県の女性の方々は、神戸など東部に住んでいらっしゃる方々は、ハイセンスな男性を求める傾向があり、また、播磨に住んでいらっしゃる方々は、地に足がついてご結婚を求めている傾向があります。 このように、兵庫県ひとつでも恋愛に対しての向きあい方が違っていますので、県民性についてそれぞれとらえることは意味のあることだと思います。

全体的にいえば、恋愛に対して簡単には妥協しない、高いプライドを持っていらっしゃる方々が多いようです。特にプライドが高いのは、神戸の女性の方々です。神戸から遠ざかる程、ざっくばらんに向きあうことができる傾向強くなるようです。 婚活で、お見合いやデートをされるとき、地域によって会話を変える工夫なども必要になってくるのかもしれません。

なかなか兵庫県の県民性を理解することは難しいのかもしれませんが、そのようなテクニックを持つことで、ぐっとお相手との距離を近付けることができるでしょう。 インターネットでリサーチすれば、それぞれのエリアに特化したキーワードが出てくるでしょう。そのようなものを含めた話題のネタを仕入れておくといいのかもしれませんね。

神戸のお相手とお見合いをされる時には、最先端の流行だったり、紅茶だったり、スイーツやパンの話題だったり、また、播磨だったら美味しい明石焼きなどの話題などを見つけてみましょう。 全般的は、どこでどのようないい商品を安く買えるという話題はお好きなようです。

兵庫県の県民性は、プライドはやや高めでいらっしゃいますので、上手くお相手のことを褒めてあげると良い感じで親しくなることができるでしょう。 また、同じ兵庫県でも、但馬、丹波、播磨、神戸・摂津、淡路と住んでいるところで違いがありますので、敢えて他の地域の話題はしないほうが無難かもしれません。

いかがでしたでしょうか。今回兵庫県の県民性についてご紹介させていただきました。 兵庫県は、但馬、丹波、播磨、神戸・摂津、淡路の五国とおっしゃる方々も多くいます。そのため、エリア別の県民性についてチェックしておく方が良いでしょう。

兵庫県の方は現実的な方々が多く、かつ合理主義でいらっしゃるので、無駄なお金の使い方をされることは好きではありません。ご結婚された場合は、堅実で幸せなご家庭を築かれることでしょう。 兵庫県で婚活をしている、または兵庫県の方と出会いたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

作成:2020.1/11(更新:2020.12/7)

あなたにおすすめの記事