結婚相談所で交際中の相手にプロポーズするには?

結婚相談所で婚活中の皆さんや、結婚相談所での婚活に興味のある皆様にとって、プロポーズというものはとても大切で重要なイベントなのではないでしょうか。
結婚相談所ではプロポーズをもって成婚となることが多く、結婚相談所では一つのゴールとして設定されています。
結婚相談所に入会しているほとんどの会員様はこの「プロポーズをする」「プロポーズをされる」ということを目指して活動しています。
こちらの記事では結婚相談所で交際中の相手にプロポーズをする方法やそれに伴うアレこれをご紹介したいと思います。
これからプロポーズをしたいと考えている方、また結婚相談所での婚活に興味のある方は是非参考にしてみてくださいね。

◆プロポーズはどのタイミングでするのが適切か

通常の恋愛を経てのプロポーズと結婚相談所のプロポーズで大きく異なるのは時間です。
今までにどれぐらいの時間を一緒に過ごしてきたかによる親密度の蓄積が結婚相談所でのカップルは恋愛結婚のカップルに比べて少ないことでしょう。
恋愛結婚のカップルはカップルになった後しばらく一緒に住んで生活してみたりすることも多いので結婚までの時間が数年から数十年ととても長いのが特徴です。
逆に結婚相談所でカップルになった二人の場合、早ければ1か月半、遅くても3~4か月以内にはプロポーズを行います。
早すぎると感じるかもしれませんが、結婚相談所に入会している会員様はほぼ全員が「結婚したい」という意思を持ってお相手探しをしています。
お見合いを申し込む時点でお相手の情報はある程度お互いわかっており、お見合い後数回のデートを経てお相手と結婚しても良いか否かの結論に達する情報は掲示されているからです。
結婚相談所での婚活におけるプロポーズはおおよそ真剣交際が始まってから3月以内が適切です。
もちろん、プロポーズをするまでにお二人でデートを重ねて親密度をアップさせておく必要がありますが、結婚相談所での婚活の場合、真剣交際にステージが移行した後はよっぽどのことがない限り破局になることはありません。

◆プロポーズは男性女性どちらからするもの?

プロポーズをするのは男女どちらが良いのかという点に関してはどちらでも構いません。しかし、ほとんどの場合は男性からのプロポーズが一般的ではないでしょうか。
長い時間を過ごした恋愛結婚のプロポーズの場合、明確なプロポーズイベントをしない場合もあり、会話の流れから何となく結婚に発展することも少なくありません。
これが悪いということではなく、長い期間を一緒に過ごした信頼関係があるため、このような事態でも受け入れてもらえるという背景を忘れてはいけません。
それに対して、結婚相談所を介して出会った男女のプロポーズというものは、まず結婚願望ありき、最終的に結婚する前提であるお付き合いということからもわかるように、プロポーズとは二人の結婚に対して確実な約束をするという意味でも重要な節目のイベントになるということです。
ですから、結婚相談所でのプロポーズはしっかりとプランを立てて、最高のタイミングで最高のシチュエーションで行うことが理想的です。
また、一般的なプロポーズと同じく男性会員様から女性会員様へ結婚の申し込みをすることが多いようです。
もちろん女性からすることがNGというわけではありませんが、結婚相談所で男性会員様はアドバイザーからプロポーズをどのようにすればいいかレクチャーを受けていることが多く、また女性会員様は男性会員様からのプロポーズを待っている場合が圧倒的に多いからです。

◆プロポーズを受け入れてもらえるか自信がない

結婚相談所での婚活においてたびたび話題に出る「真剣交際に移行して長く時間がたつのになかなか男性会員様がプロポーズしてくれない」という話題。
これは多くの場合「プロポーズしてもOKしてもらえるかどうかわからない不安」から来ています。
しかし、はっきり言ってしまうと結婚相談所で真剣交際になった後のプロポーズはよっぽどプロポーズ当日や近日の態度が最悪だったなどを除き失敗することはほとんどありません。
なぜなら真剣交際は結婚を前提とした交際だからです。
逆に真剣交際に移行したにもかかわらずデートの回数が少なかったり、なかなかプロポーズに発展しない場合は交際解消につながる可能性もあるため注意が必要です。
上記のように、真剣交際後良い関係が続いているのであれば、男性会員様はプロポーズの準備を始めましょう。
どこで、いつ、どのようにプロポーズするのか。指輪やプレゼントはどうするのかなど準備することはたくさんあります。
プロポーズに段取りについて不安がある場合は結婚相談所の担当のアドバイザーに相談してみましょう。
親身に相談に乗ってくれるはずです。

◆婚約指輪は用意すべきか?

プロポーズといえば婚約指輪ではないでしょうか。
婚約指輪はプロポーズを最も印象的に演出してくれるアイテムでもあります。
しまし、逆に高価な分価値観の違いや趣味の良し悪しやデザインの好みなどが顕著に出てしまうアイテムでもあるのです。
せっかくプロポーズしてくれたのは嬉しいけど全然お相手の趣味じゃない高価な婚約指輪を渡してしまって微妙な空気になってしまう可能性もあります。
オープンハート問題が代表的ですが、男性から女性へのプレゼントは往々にして独りよがりなものになってしまうパターンが多く、返品もできない高価な婚約指輪の場合目も当てられないことです。
ではどうするのが良いかというと、おすすめはシンプルな指輪を渡して、後日一緒に婚約指輪を買いに行くことです。
婚約指輪やブライダルジュエリーを扱っているお店によっては後から好きなデザインと交換してくれるシンプルなリングを販売していることもあります。
プロポーズシーンにおいて指這わなくてもかないませんが、あった方がより盛り上がりますし、思い出を感動的にしてくれることでしょう。
多くの結婚相談所ではブライダル宝飾店と提携していることが多いので、結婚相談所を介した購入の際に値引きをしてくれる可能性もあります。上記デザインなども合わせて、不安な場合は相談してみることをお勧めします。

◆婚約指輪のほかにプレゼントは用意した方が良い?

プロポーズをより印象的で素敵なものにするために、婚約指輪のほかにプレゼントを用意される方もします。
プレゼントは絶対に用意しなければいけないというわけでもありませんし、唐突に高価なものやかさばるものを渡されても混乱してしまいます。
プレゼントをスマートに渡したい方におすすめなのは、プレゼントを渡すことがおかしくないシチュエーションを選ぶことです。
例えば、誕生日やクリスマスは定番ですし、バレンタインデーやホワイトデーもおすすめです。
上記の場合多少値の張ったプレゼントであっても自然に受け取ってもらえる可能性は高いです。
また、プロポーズの際に花束を渡したいと考える男性も多いことかと思いますが、プロポーズをする日のデートの際にどうやって渡す直前まで画しておくかもしっかり考えておきましょう。
レストランやホテルなどでプロポーズを考えているならあらかじめお店に連絡をして、渡す直前まで預かっていてもらうことをお勧めします。
また、花束をお相手が自宅に持ち帰るまでのことも考えておきましょう。
ドアトゥドアで自宅の玄関まで車で送迎できるなら心配する必要はありませんが、大きな花束というものは意外とかさばるものです。
もしお相手が電車や徒歩で帰るのなら、サイズを考慮したり、むき出しのままにならないように紙袋を用意しておくとスマートです。

◆プロポーズをするのはいつがいい?

プロポーズはいつしてもかまいません。
プロポーズをしやすいタイミングとしては、クリスマス、お正月、バレンタインデー、ホワイトデー、誕生日などです。
二人の記念日として、記憶に残りやすい日を選ぶのが良いのではないでしょうか。
また、少し恥ずかしさがある方にも、イベントに合わせてしまえばプランも立てやすいですし、特別な演出もしやすいのではないでしょうか。
また、プロポーズをする日が二人にとって素敵な思い出になるように、一日楽しく過ごせるようなプランを考えましょう。
出かける際にもできる限りスムーズに楽しめるように、予約ができるところは予約をしたり下調べをしたりすること忘れないことが重要です。


◆プロポーズに準備はいつからすべき?

ちょっと良いレストランを予約したり、プレゼントや指輪やプレゼントを用意したり、プロポーズをするには準備が必要です。
しっかりといつプロポーズをするのか日にちを決めたら、それまでに万全の準備をしましょう。
逆算して1~2か月前には動き始める必要があります。
クリスマスや年末年始やバレンタインデーなどの恋人同士に人気のイベントのあるシーズンはレストランやホテルも予約が早々に埋まりがちですので、上記のシーズンはさらに早めに動きましょう。
ゴールが決まればそこに向かってできる限りのことをするだけです。
真剣交際が始まったらなるべくたくさんデートをして、会えない期間もLINEやオンライン通話などで心の距離が開かないように努めましょう。

◆プロポーズをした後は?

プロポーズをし、晴れてOKをもらえたら、次は結婚に向かって動き始める必要があります。
結婚を見据えたカップルの場合プロポーズ前から新居などには目星をつけているかもしれません。
それぞれのご両親にご挨拶に行ったり、結婚式場の下見に行ったり、することは山積みです。
また、プロポーズが終わったら結果を結婚相談所のアドバイザーに報告するようにしましょう。

 

作成:2020.5/15(更新:2021.1/13)

あなたにおすすめの記事