好きなタイプは?と聞かれた時のベストな答え方 女性編

「好きなタイプを教えて!」は相手に恋愛のことを尋ねるときの王道の質問です。
男性に好きなタイプを聞かれたときの上手い返しを知りたい!という方のために知っておいてほしい男性の心理や回答のポイントをまとめました。

好きなタイプを聞いてくる男性の心理は?

あなたに好きなタイプを聞いてくる男性はいったいどんなことを考えているのでしょうか。
その答えは2つに分けられます。
ひとつはあなたに好意を抱いている場合、2つ目はただの好奇心や単純にあなたと恋愛の話しをしたいと言う場合です。
どちらの場合もあなたに興味があることは変わりありません。
前者の場合だとあなたの好みの男性のタイプを聞いて自分にもチャンスがあるのか、また違った場合でもあなたの理想に近付きたいという気持ちが隠れている場合があります。
2つめの理由の場合でも共通のコミュニティにあなたの好きな人がいる場合もあるので、良い印象を与えるような回答を用意しておきましょう。

 

目指せ神回答!あたりさわりのない回答編

職場の飲み会の場や男友達に会ったときなど、婚活などの出会いの場以外でも恋愛トークの切り口によく用いられる質問ではありますが、誰に聞かれても気を遣ってしまいますよね。
聞かれる状況や相手によって気をつける部分もありますが、押さえておくと答えやすくなります。
理想が高すぎると相手が引いてしまう可能性があるので、自分の意見を持ちつつ周りの共感も得られるような回答を目指しましょう。
漠然と男性の好みを聞かれた場合は内面から話すようにした方が無難です。
外見から答えてしまうと「内面より外見を重視するのかな?」と誤解されてしまいます。

①芸能人で答える場合

男性から「芸能人で言うとどんな人がタイプなの?」と聞かれた場合にテレビで活躍する男前の俳優やジャニーズ、モデルといった誰が見ても「イケメン」を答えるのは「高望みや面食いなのでは」と誤解を招きやすい傾向があります。
また、聞いておきながら男性は女性に比べて芸能人に疎い場合もあるので知名度にも気をつけましょう。
最近はかっこいい若手芸人も活躍しているので俳優やアイドルだけでなく回答の幅は広がっています。
自分と同世代、あなたが年上や年下好きなら2~3歳差ぐらいの芸能人を答えた方が無難です。
また、見た目の好みだけでなく、「バラエティに出ていたときにトークがすごく面白くてギャップを感じた」、「動物の番組で感動して泣いている姿を見て優しい人なんだなと思った」など好きになった理由を併せて答えるようにすると顔だけで選んでいるという印象を与えにくくすることが出来ます。
必ずその芸能人の外見だけでなくトークや内面を一緒に伝えるようにしましょう。

②外見を答える場合

「高身長」や「筋肉質」、「爽やかイケメン」は女性に人気の条件です。
しかし、そのまま素直に伝えてしまうと露骨な印象を与えてしまうので「アクティブで健康的な人」や「スーツが似合う爽やかな人」など言葉を変えてみましょう。
また、どんな人にも共感してもらえるような「清潔感のある人」やといった回答や「短髪の似合うスポーティーな人」、などと顔以外の印象を一緒に答えるのもおすすめです。

③性格を答える場合

具体的な答えを避けつつ、印象を残すことができるような工夫をしましょう。
当てはまる人が多いようなことや、努力次第でなんとかなるようなことなどが良いでしょう。
「一緒にスポーツが出来るようなアクティブな人」や、「趣味のことに一生懸命に取り組んでいる姿を応援したくなるから頑張り屋さんな人が好き」など単に「優しい人」や「努力家」などの一言で終わらせないように回答を膨らませると相手もイメージしやすくなります。

 

婚活中に出会った男性に答える場合

結婚相談所やお見合いの場でのプロフィール作成の場合はアドバイザーと相談して進めると安心です。
相手に見せないプロフィールの場合はしっかりと自分の希望を書くようにしましょう。

婚活中のイベントで相手に自分の好きなタイプを答える場合はほぼ初対面の状態です。
しかし、一日に何人もの異性と話すフリートークの多い婚活パーティーなどでは短い時間で相手の印象に残る回答をしなければなりません。
相手と話していてあなたが心地よかったり、好感を抱いていたりする場合は相手と話したことを少し盛り込んでみると良いでしょう。
例えば外食の話で盛り上がったあとなら「美味しそうに食べる人」や、相手の趣味が読書とプロフィールに書いていたなら「おすすめの本を貸し借り出来るような相手が理想!」などと会話の内容を踏まえて話してみましょう。
少し勇気がいりますが、相手も「この子とは気が合いそうだ!」と思ってもらえる可能性が高いので気になる人を見つけたときにチャレンジしてみましょう。

 

恋愛対象外の男性に答える場合

①答えたくない場合

その人にはなんとなく答えたくない場合にはわからないことにしてしまっても良いでしょう。
また、そのまま逆質問をするのも効果的です。
タイプを尋ねられて「今はちょっと思いつかないけれど、○○さんはどんなタイプが好みなんですか?」と聞いてあとは聞き役に回りましょう。

②相手とは真逆のタイプを答える

どうしても尋ねられた相手のことが苦手で「自分でもイケる」、「チャンスがある!」と思われたくない場合は相手と「言葉遣いが丁寧で優しい人」、「一途で真っ直ぐな人」や「人のこと悪く言ったりしない、性格に裏表がない人が好き」など真逆のタイプを答えましょう。
また、「価値観がぴったりと合う人」といった漠然とした回答もおすすめです。
掘り下げられないようにすぐに別の質問を振ったり話題を変えたりして上手に避けましょう。

 

好きな人に聞かれたときのベストな回答

①自分にもチャンスがあるかも…と思わせることが大切

男性は「もしかしたらあの子は自分のことが好きなのかもしれない!」という自信が無い限りはなかなかアピールするのに勇気がいるものです。
そのハードルを下げてあげると、お相手もあなたにアプローチしやすくなります。
あまりにも高い理想を答えるのではなく、相手にも共感してもらえる内容だと「この人とは価値観が合うのでは?」と好印象を与えることが出来ます。
お相手との会話や趣味など、あなたが知っていることがあればその内容を踏まえながら話すと良いでしょう。
好意を匂わせすぎでは?と心配になるかもしれませんが、意外と男性はわかりやすいサインを送った方が安心してあなたにアタック出来るので好まれる場合があります。
相手にチャンスを与える回答を心がけて答えるようにしましょう。

②相手の特徴を盛り込もう

好きな人にタイプを聞かれたときはチャンスです。
自分の好みを伝えつつ、好きな人にアピールすることが出来ます。
例えば相手がスポーツジムに通って身体を鍛えている人な「がっしりとした体型の人って健康的で魅力に感じる」や「自分にストイックな人」と体格だけでなく内面についても話すようにしましょう。
誰でも褒められると嬉しい者ものですよね。
あなたの回答が終わった後に相手に同じ質問をぶつけてみて、相手もあなたに似た特徴を挙げてきたらかなり脈ありの可能性があります。

③お相手がコンプレックスに思っていることをさりげなく入れてみるのもアリ!

例えば相手が優柔不断なことを気にしていて、あなたがそのことを全く気にしていない場合は、「じっくりと考えてから行動する慎重な人って素敵だな」とその内容をカバーするような答え方をすると相手はあなたのことを「この人なら自分を受け入れてくれるかもしれない」と特別な感情を持つかもしれません。
咄嗟に聞かれて完璧に回答することは難しいので、普段から相手の長所に目を向けておくと良いでしょう。
短所はお相手の長所を支えている大切な一面である場合があります。
家族や友達、同僚など、「この人は○○なところがあるけれども、○○という良い一面がある」というように良いところ探しをして練習するのもおすすめです。

 

こんな返しはNG!回答するときの注意点

①理想が高いと思われないように

「結婚相手や彼氏にするなら高学歴で年収○○万以上で…」とスペックばかりを答えるのは男性から引かれてしまいます。
また、努力では解決することが出来ない条件を答えるのは避けて置いた方が無難です。
あなたにとってどうしても譲れない条件でも絶対に言わないように気をつけるのがマナーです。

②否定形で答えない

「モラルがない人は嫌い」、「食べ方が汚い人は無理、生理的に受け付けない」など否定形の回答は避けましょう。
威圧的に感じてしまい、「この人は本当は怖いのかな?」、「性格に裏がありそう」と怖がられてしまいかねません。
あなたが「清潔感がない人」が苦手な場合は「清潔感のある爽やかな人が好き」と言葉を選んでみるだけで印象が変わります。
付き合ってからも優しそうな人というイメージを持たれるように振る舞って。

③重たい答えだと重たい女性に思われるかも?

恋愛トークとして盛り上がる話題なので、水を差してしまう回答はやめましょう。
「裏切ったりしない人」や「女癖の悪い人は嫌い」という過去に何か恋愛でトラブルが合ったことをほのめかす内容はあなた自身に何もなくても、聞いた方はこの人に何か問題があるのでは?と警戒してしまう可能性があります。
また、「連絡がマメな人」や「私のことをとても大切にしてくれる人」という回答も万人受けとは言いがたいところです。
「連絡がマメな人」は相手も電話やメッセージ交換が好きな人の場合は問題なさそうですが、仕事で忙しい人や、連絡することが苦手な男性にとっては「束縛されそう」、「連絡が遅くなったときに怒られてしまいそう」とネガティブに捉えられる場合があります。
「私のことを大切にしてくれる人」と答えた場合、記念日や誕生日に厳しそうな印象を与える可能性があるので、ここでは「二人の時間を大切にする人」と主語を変えたりすると良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。
好きなタイプを尋ねるのは恋愛トークの王道のような質問ですが、答え方によってはあなたの印象も左右する深い意味を持った話題です。
あなたの印象もアップするような回答を目指して聞かれたときのためにしっかりと準備しておきましょう。

 

作成:2019/10/21(更新:2020.12/20)

あなたにおすすめの記事