好きなタイプは?と聞かれた時のベストな答え方 男性編

気になる女性に「好きなタイプは?」と聞かれてあなたは咄嗟に適切な回答をすることができますか?
深く考えてしまいがちなこの質問。
聞かれたときに好印象を与える回答や気をつけるべきポイントをシーンやケース別にご紹介します。

好きなタイプを聞いてくる女性の心理

職場や習い事などの出会いを目的にしない場で意中の人から「好きな女性のタイプ」を突然尋ねられたら驚いてしまいますよね。
普段から恋愛話や噂話が好きの場合は単なる好奇心から聞いていてその話題で盛り上がりたいなど、深い意味はないと考えられます。
しかし、あまり自分からそういった話をしない女性から尋ねられた場合はあなたに脈ありの可能性が高いです。
あなたの好みのタイプを知って、自分に該当するかを確認したいという気持ちから聞いていることも考えられます。
また、確認することで自分をあなたの好みへ努力して近付けたいと考える人も多くいるようです。
いずれの場合でも同じコミュニティに気になる人や恋人候補になるかもしれない人がいる場合は好感の持てる回答をするように準備しておきましょう。

 

万人受け!あたりさわりのない回答編

「身長が165センチぐらいでスラッとしていて、肌が白くて黒髪ロングの子。お料理も出来て優しくて大人しい子が好き」とダラダラと答えてしまっていませんか?
聞かれて回答が何個もある場合は「高望みをしている」と誤解されやすいので漠然とタイプだけ聞かれた場合は回答を一つに絞って答えると良いでしょう。
また、掘り下げられた時は見た目から答えるのではなく、「内面⇒容姿⇒芸能人での例え」の順で一つずつ答えるようにしましょう。
相手との会話が一方的になってしまわないように、タイミングを見て質問返しするのもお忘れなく。

①芸能人を答える場合

自分や相手と同じぐらいの世代で皆が知っているような女性芸能人を答えると良いでしょう。
いくら若いときに綺麗だったといって自分との年齢とかけ離れた人を答えてしまうと「あの人はかなり年上好き」と勘違いされてしまいますよ。
また、10代のアイドルや押さない印象があるタレントを答えるのも「すごく若い人にしか興味がないみたい」と相手に変に誤解されてしまう危険があるので、どんなに好きなアイドルがいてもここでは回答を避けておくのがベター。
また、芸能人で例える場合は性格や内面が好きなことも答えるようにすると見た目だけで選んでいると受け取られにくくなります。
例えば、役作りのために努力している姿勢を見て頑張り屋だと思ったことなど容姿以外にも好きなところやどんなところを見て好きになったのかを添えると良いでしょう。

②見た目を答える場合

ここでも気をつけないといけないのは「理想が高すぎる」と思われないことです。
見た目については相手から聞かれて初めて答える方が無難です。
「スタイルがいい人」や「スリムな人」といった体型を答えるのはあまりおすすめできません。
「健康的な人」などに言い換える工夫をしましょう。
ぱっと思いつかない場合は「肌が綺麗な人」や「髪がサラサラな人」と答えておけば当り障りはありません。

③性格を答える場合

どんな人にも当てはまることを挙げると好印象を持たれやすいです。
例えば、「優しい人」や「一緒にいて落ち着く人」、「勉強や仕事など、何か頑張っている人が好き」といった誰にでもある一面を答えるのがおすすめです。
「家庭的な人」や「家事が得意な人」といった回答は結婚や同棲をしたら家事をすべて任されそう・・・と捉えられかねないので避けておいた方が良さそうです。
ここでは「家族を大切にする人」などと言い換えてみましょう。
また、少し具体性を持たせるのもポイントです。
例えば明るい人やよく笑う愛嬌のある女性が好きな場合は「自分も笑いのツボが浅くてくだらないことでも笑ってしまうので、よく笑う人だと楽しく過ごせそう」と少し自分のことも話しつつ踏み込んだ回答をしてみると印象に残りやすくなります。

 

婚活の場で聞かれた場合

①自分のプロフィールに書く場合

結婚相談所やお見合いを申し込む際の相手に見せない場合のプロフィールに好きなタイプを書く場合はあまりにも高望みしない限りはあまり気にせずに書いても問題ないでしょう。
どうしても不安になったときはプロフィール回収時などにアドバイザーに聞いてみるのが確実です。
相手に見せるプロフィールに記載する場合は少し工夫しましょう。
例えばキレイな人よりも可愛らしい方が好きな場合、「可愛い人」と書けば露骨な印象ですが、「笑顔が可愛い人」と書けば受け取られる印象は変わってきます。
この場合も「誰にでも当てはまること」、芸能人で例えて書かないといけない場合も「自分の年齢と同じぐらいの人」を回答するのがベストです。

②婚活中に出会った女性に聞かれた場合

婚活イベントなどで初対面の人に聞かれた際、あなたがそのお相手に「いいな」と思っている場合はその人に当てはまるものを答えましょう。
この場合は第一印象やプロフィールしかわからない状態がほとんどです。
趣味の話で盛り上がったのなら、「自分の趣味をちゃんと持っている人とお互いの趣味を共有したい」、好きな食べ物の話をした後なら「自分がよく食べるから、一緒に楽しく食事の時間を過ごせる人がいいな」など、話してくれた内容を少し盛り込んで答えると好印象です。
お相手も「なんだか合いそう!」と思ってもらえるような回答を意識しましょう。
容姿については聞かれない限りは自分から進んで言い出すのはやめておいた方が良いでしょう。
最初にはっきりと外見の好みを答えると「この人は見た目重視なのかな…」と相手に思われてしまいます

 

タイプでない人に聞かれたときにはどう答えればいいの?

①詳しく答えたくない場合

あまり相手に好意を持たれたくない場合は逆に相手に話をふってしまうのもおすすめです。
質問返しをしたり、違う人の話にすり替えたりと良いでしょう。
しかし、その人があなたの気になっている人の友人の場合は頼まれて聞いている可能性やあなたの回答がその人に伝わることもあるので先述のポイントを押さえて答えましょう。

②その人とは違うタイプの人を答える

どうしても苦手な女性に聞かれたときはその人と真逆のタイプを答えると良いでしょう。
「性格に裏表がなくて人の悪口を言わない人」や「ネガティブな人よりもサバサバした姉御肌の人が好き」と相手にないものを回答に用意しておくとベター。
あくまでその人を傷つけずに、いかに自分とは違うタイプの人が好みであることをわかってもらうのがポイントです。

 

好きなタイプを女性から聞かれたときに気をつけること

①否定形で答えない

「わがままじゃない人」、「ありがとうが言えない人」、「食べ方が汚い人」と否定形を使っていませんか?
否定形の回答だと自分のことではなくてもなんとなく責められている様に受け取られたり、威圧的に感じられたりしてしまう可能性があります。
とはいえ、大切な質問だからこそ本音で話したいですよね。
そんなときは言い換えをして伝えると良いでしょう。
「思いやりがある人」、「笑顔でありがとうと言ってくれる人は何でもやってあげたくなる!」や例えば、「食べ方が綺麗な人が好き」とニュアンスを変えるだけでも言葉の印象が変わるだけでなく、あなたの優しさを印象づけることが出来ます。
これはいきなり聞かれるとなかなか急に答えられないので婚活イベントなど、この質問をされることが予想される機会の前に予め考えておいて準備しておきましょう。

②重たい回答を避ける

過去に何があったの!?と心配されてしまう答えは避けましょう。
この質問は単に恋愛トークで盛り上がりたいときにされる場合があるので、場が重たい空気になってしまわないように。
「すぐに貢がせてこない女の人」や「寂しいからと言って浮気しない人」、「束縛してこない人」といった回答は自分を下げてしまう可能性があるので控えておいた方が賢明です。
もしトラウマがある場合でも相手には関係ないこと。
新たな出会いにまで引きずる必要はないので気持ちを切り替えて楽しく会話することを心がけて。

③あまりにも手に届かない理想やデリケートな内容が含まれる回答はNG

あなたがどんなにモデル体型や女性の学歴にこだわりがある場合でも、その理想はそっと秘めておきましょう。
それらを明かしてしまうことで相手がを傷つけてしまったり悲しい気持ちにさせてしまうのは、せっかく相手はあなたと楽しく会話したり、あなたのことを知りたいと思って聞いているので、会話が台無しになってしまいます。
「自分を高めようとしている人は自分も頑張らなきゃと刺激をもらえる」、「知的な女性に憧れる」といった表現に言い換えるようにしてみましょう。

④あなたがお相手に好意を抱いている場合はお相手の特徴を言ってみるのも効果的

露骨に「○○さんみたいな人がタイプ!」と答えるのは「遊び慣れているのかな?」、「同じようなことを誰にでも言っているのでは?」と怪しまれてしまいます。
その人の内面や趣味のことをさりげなく入れて答えてみましょう。
例えば、休日にヨガやピラティスに通っている人の場合は「何かスポーツに取り組んでいてアクティブな人」や、ファッションにこだわりがある人の場合は「おしゃれな好きな人とセレクトショップに行ってみたい」など相手の特徴を少し盛り込んでみましょう。
また、相手がマイナスに思っていることを入れてみるのもおすすめです。
内気なことや根暗なことを気にしている場合は「一緒にいて穏やかな気持ちになれるから、大人しい人が好き」や、家事が出来ないことにコンプレックスを感じている女性なら、「一緒に家事を分担して楽しく取り組むのが理想だな」と相手が気にしていることにこちらは問題ないことをサラっと示してあげるとあなたの包容力を印象づけることが出来ます。

 

いかがでしたでしょうか。
好きなタイプを聞いてくる女性はあなたに対して興味を持っている場合が多いので、まずは質問に歓迎する姿勢で答えることを心がけましょう。
答えによっては相手があなたに好意を抱く可能性が十分にあるので、いくつか自分の中で答えをストックしておけばチャンスを逃しにくくなります。
是非ポイントを押さえてしっかりと準備しておきましょう。

 

作成:2019.10/25(更新:2020.12/20)

あなたにおすすめの記事