タイプ別付き合い方マニュアル 草食系男子

連絡がマメで積極的にデートに誘ってくれる男性は、女性からも人気ですよね。
しかし、そのような男性とは反対に、恋愛に消極的な草食系男子が最近、増えています。
今、婚活中の女性も「出会う男性は、草食系ばかり」と感じているのではないでしょうか?

結婚相談所にも、奥手な草食系男子が多く活動しています。
女性から「草食系男子との会話が続かない」「お見合いしても話が盛り上がらない」など、草食系男子とのお見合いや交際について相談を受けることがあります。

そこで今回は、結婚相談所における草食系男子とのお見合いの攻略法やアプローチ法などをご紹介します。

草食系男子の恋愛傾向とは

恋愛に消極的で奥手だと言われる草食系男子。
そんな男性の恋愛には、どのような傾向があるのでしょうか?
今回は、草食系男子の恋愛傾向を3つご紹介します。

草食系男子の恋愛傾向1.アプローチはNO!受け身の体制を崩さない

草食系男子の恋愛傾向で、最も特徴なのが「受け身である」ということ。
自分から女性に話しかけたり、デートに誘ったりはせず、「話しかけたら話す」「誘われたら行く」というスタンスを崩しません。
この傾向の背景には、「振られたらどうしよう」「傷つきたくない」などの自分を守りたいという心理が働いているからです。
また、幼い時から女性との接点が少なく、関わり方が分からないということも要因の一つでもあります。
恋愛には自信がありませんが、女性からアプローチされると惚れやすい一面もあります。

草食系男子の恋愛傾向2.リードはせず、相手に合わせる

草食系男子は、自分が人を引っ張ってリードすることが苦手です。
仕事では、リーダーポジションよりもチームを支える縁の下の力持ちになれるようなポジションを望みます。
目立つことよりも影で支えていた方が、草食系男子にとって居心地がいいのです。
これは、恋愛でも同じです。
デートプランを考えたり、お店を自ら探して選び、予約したりすることが苦手なので、女性の意見を求めてきます。
「行きたいところや食べたい物はある?」と聞いても、「何でもいいよ!」「〇〇さんが行きたいところに行って、好きなもの食べていいよ!」と言ってしまうことも。
女性としては、男性にリードしてほしいかもしれませんが、やりたいことに合わせてくれる・やらせてくれる男性は、結婚生活もうまくいく可能性が高いです。

草食系男子の恋愛傾向3.争いはせず、自ら身を引く

人気の女性を好きになってしまえば、その女性を狙うさまざまなライバルが現れます。
しかし、草食系男子は平和主義であるため、ライバルが現れても争うことはせず、自ら身を引いてしまうのです。
もし、ライバルの多い女性と交際できたとしても、他の男性に取られてしまうのではないかと、心配になってしまいます。
そのような心配をするくらいなら、”諦めた方が楽”という考えに至ってしまうのです。
このようなことを繰り返しているうちに、草食系男子は婚期を逃してしまうことが多く、結婚相談所で活動することを選ぶため、「結婚相談所=モテない男性が多い」というイメージが定着してしまったのかもしれません。

草食系男子と出会った時の注意点

家や車など、大きな買い物をするときに最終的な決断をするのは男性であることが多いですよね。
しかし、草食系男子は決断や判断が苦手であり、委ねられることもできるだけ避けたいと思っています。
物事を一緒に考えることはできますが、最終的な判断は女性がするという場面が多くなります。
もし、草食系男子が「これがやりたい」「こうしたい」と自分の気持ちを伝えてきたら、否定せず受け入れることが大切です。
そうすることで自然と自信がつき、判断を委ねられる場面も増えてくるかもしれません。

草食系男子とのお見合い攻略法

草食系男子は、女性からアプローチすれば交際できる可能性が高いタイプです。
なので、お見合いでも会話の主導権は女性が握ることでスムーズにお見合いができます。
今回は、お見合いで実践できる草食系男子の攻略法を3つご紹介します。

草食系男子とのお見合い攻略法1.なるべく目を合わせて話す

目を見て話すことは、コミュニケーションをとるための重要な動作。
「あなたの話をきちんと聞いています」という意思表示でもあります。
草食系男子は、同性であれば目を見て話すことができますが、相手が女性になると途端に目を合わせられなくなります。
これでは、1時間という短いお見合い時間の中で相手のことを知ろうと思っても、知ることができません。
もし、そのような草食系男子とお見合いすることになったら、目を見て話してくれるまで諦めずにチャレンジしましょう。
「私の目を見て話して」とお願いするのではなく、目を合わせたり逸らしたりを繰り返すうちに、自然と目が合うようになります。
明るい笑顔で話しかけたり、面白い話をしたりなど、緊張感がほぐれる雰囲気作りも大切です。
目を合わせることに必死になってしまい、「目が笑っていない」ということにならないよう注意しましょう。

草食系男子とのお見合い攻略法2.男性が誇りに思っていることを褒める

社会人になると、褒められる回数はどんどん減っていきます。
しかし、身近な人から褒められると誰でも嬉しいですよね。
草食系男子にも、会話の中で自然に褒めるという方法がとても効果的です。
仕事で頑張っていることでも、没頭している趣味でも褒められそうな内容であれば、とことん褒めましょう。
また、褒める時のポイントは、「自然」と「分かりやすく」です。
「さすがですね」「偉いですね」など褒め言葉をただ並べるだけでは、「本当にそう思っているのだろうか?」と疑ってしまいます。
また、どの部分を褒めているかということも分かりやすく伝えてあげると、草食系男子はさらに嬉しくなります。
「お仕事頑張っていますね」よりも「みんなが効率よく仕事ができるように、お仕事頑張っていますね」の方が、より分かりやすく伝わりますよね。
褒めることで緊張もほぐれるので、お見合い開始から少し時間が経った頃の会話で褒めてあげると良いでしょう。

草食系男子とのお見合い攻略法3.女性から次回のデートの約束をする

お見合いがどんなに良い感じだったとしても、草食系男子は「自分には釣り合わないかも」と思ってしまえば、お断りの申し出をすることもあります。
それを防ぐためにも、お見合いの時に女性から次のデートの約束をすると、仮交際に進める確率がグッと高くなります。
草食系男子は、こちらから誘えばよっぽどの理由がない限り、誘いを断りません。
また、女性からあまり誘われた経験がない男性であれば、女性からのお誘いは嬉しいもの。
美味しいレストランや水族館など、一人では行きにくいデートスポットの話題をお見合い中に出し、「今度一緒に行きませんか?」など女性から次のデートの提案をしてみましょう。

草食系男子へのアプローチ方法

草食系男子は、女性からのアプローチに弱く、惚れやすいので、女性から積極的なアプローチがとても重要となります。
今回は、草食系男子に効果的なアプローチ方法を3つご紹介します。

草食系男子へのアプローチ方法1.女性からデートに誘ったり、連絡したりする

草食系男子との交際では、「デートに誘うのは男性から」という固定概念はなくしましょう。
女性から「〇〇へ一緒に行きませんか?」と率先してデートに誘うことが大切です。
また、草食系男子は、連絡したくても「返事がなかったらどうしよう」と心配になり、連絡することを躊躇ってしまいます。
しかし、女性から頻繁に連絡をすれば、「いつでも連絡していいんだ!」と思い、草食系男子からの連絡も増えてきます。
最初は、「なんで私ばっかりなの?」と思うこともあるかと思いますが、諦めず続けることで草食系男子も徐々に変化していきますよ。

草食系男子へのアプローチ方法2.好意を分かりやすくはっきりと伝える

控えめなアプローチでは、草食系男子に想いはあまり伝わりません。
「自分の勘違いかも」「思わせぶりな行動や発言はしないでほしい」と思ってしまうことも。
女性から好意を伝えることに抵抗があるかもしれませんが、男性から伝えてくれるのを待っていてもなかなか前には進みません。
「一緒にいて楽しい!これからもずっと一緒にいたいです」と、女性からはっきりと好意があることを伝えていきましょう。

草食系男子へのアプローチ方法3.ペースに合わせる

マイペースな草食系男子も多いので、時には、男性側のペースに合わせてあげることも必要です。
草食系男子は、女性からのお誘いを断ることは少ないですが、本当は断りたいけど断れないだけかもしれません。
「無理して誘いに乗ってくれていないか」など、女性が男性を気遣ってあげることも大切です。
外出のデートが続いているようであれば、家で映画を一緒に見たり、料理をしたりなどゆっくりできるデートを楽しんでみてはいかがでしょうか?


草食系男子とのおすすめデートスポット

最後に、草食系男子とのデートでおすすめのスポットを3つご紹介します。

映画館や舞台、演奏会など

デートの定番といえば、映画館ですが、口下手な草食系男子とのデートにはぴったりです。
映画が始まれば話す必要もなく、映画を観終わった後には、映画の感想を語り合ったり、「今度は別の映画を観に行きましょう」と誘ったりすることもできます。
また、少し大人のデートがしたいなら舞台や演奏会もおすすめ。
どちらも始まってしまえば話す必要もありませんし、終わった後は、軽く食事をするなどそれだけでも楽しいデートになります。
今まで興味がなかった分野の趣味にも触れることができますよ。

水族館や動物園、サファリパークなど

水族館や動物園なども草食系男子とのデートにおすすめです。
会話のネタは、目の前にいる魚や動物なので自然と会話ができます。
大人になってからこのような場所に行く機会も少ないので、行くだけでも気持ちが盛り上がること間違いありません。
もし、一緒にデートに行った草食系男子と結婚し、子供ができたときは、家族で訪れることができ、新たな思い出も作ることができますよ。

テーマパーク

男性は、テーマパークに行きたくても社会人ともなれば、なかなか友人を誘いにくいです。
また、好きな人とテーマパークに行くことを密かに憧れている男性もいます。
草食系男子もそれは同じです。
行きたかったテーマパークへのお誘いは、嬉しいもの。
アトラクションの待ち時間中、「沈黙になったらどうしよう」と心配になってしまいますが、草食系男子は沈黙もあまり気にしません。
待ち時間中の沈黙は、そのような時間も居心地よく感じるくらいの深い関係になれるチャンスでもあります。


草食系男子は、恋愛に消極的なので女性から積極的に話題を提供したり、デートに誘ったりするとお見合いも交際もうまくいきます。
感情表現が苦手なので、「本当に好きなの?」と疑ってしまうかもしれませんが、女性が気持ちを伝えればその気持ちに応えてくれるでしょう。
また、他の男性の影が見えると、自分から身を引いてしまうこともあります。
結婚相談所の仮交際期間は、複数交際が認められていますが、なるべく他の男性とお見合いや交際していることを悟られないようにすることも大切です。
将来、真剣に結婚を考えている相手が草食系男子なのであれば、早めにライバルのいない真剣交際へ進むことをおすすめします。
一途に想ってくれる草食系男子と、もっと深い関係になれるよう真剣交際中も女性から積極的に気持ちを伝えましょう。
結婚への意欲をアピールすると、男性も結婚を決断しやすくなりますよ。
草食系男子への苦手意識をなくせば、出会いの幅も広がり、早く結婚できる可能性も高まるので、今回ご紹介した内容を、ぜひ実践してみてくださいね。

 

作成:2019.12/6(更新:2020.11/26)

あなたにおすすめの記事