もらって嬉しいプレゼントとありがた迷惑なプレゼント

婚活において正式に交際まで発展している人はもちろん、交際まで進展していないうちは特に相手にプレゼントを贈るかどうか、何を贈ればいいのか多くの人が悩むところ。
「初デートでこんなプレゼントは重たいと思われないだろうか…」「正式に交際することになったのに手ぶらで来るなんて、気が利かないと思われないだろうか…」など、難しいですよね?
今回はそんな、婚活男女の多くが頭を抱えるプレゼントについて解説します。

■婚活中に相手に贈るプレゼント

女性はもちろん、男性だって女性からプレゼントを贈られるのは基本的に嬉しいものです。
ましてや、婚活中にすでにデートをするような相手からならなおさら。 ただしこれはあくまで「基本的に」という話です。
状況や中身によっては重たく感じたりありがた迷惑だったりすることも。 また、出会ってすぐの相手からもらう場合と正式に交際している相手からもらう場合とでは、もらったときの受け止め方も違ってきます。
もちろん男女差もあるでしょう。 婚活中に出会ったお相手へのプレゼントは、二人の関係性やその時のシチュエーションに応じて選ぶことが大切です。

 

■交際前の女性へのプレゼント

女性はプレゼントが大好き。そのため、デートに手ぶらで現れる男性よりもプレゼントを持参して来る男性の方が間違いなく好印象です。
ただし、前述したように出会ってすぐの場合と正式に交際しているときとでは、適したプレゼントも異なります。

●交際前の女性がもらって嬉しいプレゼント

出会って間もない時期は、まだ女性の好みもわからないし本格的な交際に進展するかどうかもわかりません。
とはいえ連絡を取り合ってデートをする機会が作れるなら、脈はあるということ。好印象を与えるためにもプレゼントは有効です。
ポイントとしては、あまり重たく思われないもの。 人気のスイーツや入浴剤といった、後に残らない「消えもの」が無難です。仕事で出張などがある人なら行った先のお土産などでも良いでしょう。いずれにせよ消耗品や実用的なものがおすすめです。
予算としては、3,000円以下が目安。1,000円くらいのスイーツでも充分です。ただし、交際前でもお相手の誕生日なら3,000~5,000円くらいのものを選びましょう。
ちょっぴりハイクラスなレストランの食事をプレゼントにするのもおすすめ。

●交際前の女性にとってありがた迷惑なプレゼント

まだ交際していない女性には重たすぎるプレゼントはNGです。 たとえば、付き合う前に指輪やネックレスをもらってもつけにくいし、ご両親にカーデガンを買ってきたと言われても対応に困ります。
また、甘いものが好きだからと聞いて羊羹の詰め合わせをもらってもかばんに入らないうえにずっしり重いので、ありがた迷惑かもしれません。花が好きな女性に両手いっぱいのバラの花束を贈っても、
いきなり求婚されるのかと警戒されるでしょう。 金額的に相手が負担に思うようなものを避けるのは言うまでもありませんが、「どういう意味でプレゼントしてるの?」とセンスや考え方まで疑われるようなものを選ばないよう気をつけましょう。  

 

■交際前の男性へのプレゼント

女性から男性に贈るプレゼントも、出会ってすぐの場合と正式に交際しているときとでは適したプレゼントは違います。
気遣いのできるすてきな女性だと思われるようなプレゼントを選びましょう。

●交際前の男性がもらって嬉しいプレゼント

男性から女性へのプレゼント同様、女性から男性へ贈るプレゼントも正式に交際していないうちは高価なものは避けましょう。
「あまり安い物では失礼なのでは?」と悩む女性も多いようですが、付き合う前ならちょっとしたものの方がかえって好感度アップにつながります。
予算としては1,000円とか2,000円くらい。
クリスマスやバレンタイン、誕生日にはもちろんですが、何度か食事をご馳走になったお礼や仕事の相談に乗ってもらったお礼など「ありがとう」を伝えるためのものならささやかなプレゼントでも心に残るものです。
スイーツやコーヒーといった後に残らない「消えもの」がおすすめなのは、男女とも共通ですが、お相手の趣味がわかっていたらそれに合わせるのもアリ。たとえば読書が趣味の人ならブックカバーやブックマーカーなど、読書に関する小物なども喜ばれます。

●交際前の男性にとってありがた迷惑なプレゼント

女性がもらって嬉しいプレゼントと男性がもらって嬉しいプレゼントが同じだと思ってはいけません。
せっかく贈っても「え?!こんなのもらっても…」とありがた迷惑に思われたら悲しいですよね? 一般的な男性が喜ばないプレゼントは選ばないのが無難です。
たとえば、バスグッズや癒しグッズ。女性はちょっとしたギフトにもらうと嬉しいですが、大半の男性は普段から使わない人も多く、あまりウケが良くありません。
観葉植物や小さな鉢植えも、多くの男性にとってはありがた迷惑。プレゼントされた側が世話をしなければならないため、もらっても困ってしまうのです。
また、交際前に重たすぎるプレゼントは男性から女性への場合と同じくNG。
金額面だけでなく、一般的に喜ばれるイメージの手編みのマフラーやセーターも、付き合う前に贈ると引かれてしまう可能性が高いでしょう。

 

■交際中の女性へのプレゼント

では、正式に交際してからのプレゼントはどのようなものが良いのでしょうか? まずは男性から女性の場合をみてみましょう。

●交際中に女性がもらって嬉しいプレゼント

正式に交際に発展してからのプレゼントはお相手の趣味や好みを知っているし、婚活で知り合ったなら結婚を前提にしているため、選ぶ難易度はむしろ以前より下がっているはず。
お相手が欲しいものをプレゼントするのがベストですが、それ以外にもアクセサリーや二人の共通の趣味に関するものなどは実用性もあるし喜ばれます。予算は誕生日など特別な日には3~5万円くらい、若い女性の場合は3万円くらいを目安に。
また、女性に意外と好評なのが手作りのもの。「男性が手作りなんて…」と思う人も多いでしょうが、だからこそ特別感が感じられます。
手ごろなところでいえば料理がおすすめです。

●交際中の女性にとってありがた迷惑なプレゼント

一般的に女性にとってありがた迷惑なプレゼントといえば、まずインテリア。家具や部屋に置くものは趣味におおきく影響するだけでなく、かといって処分するのも気が引けます。
ブランドバッグなどの中古品もNGです。たとえ新品同様で高価なものだったとしても、自分のことを大切に思ってくれないケチな男だと判断されてしまいます。 また、正式に交際してすぐのころにランジェリーをプレゼントしてはいけません。
下心があると思われて女性は引いてしまいます。同じく洋服も「センスがないと思われているのかな?」「ホントはこういう服を着てる女性が好みなのかな?」と、否定された気分にさせてしまうので、おすすめしません。  

 

■交際中の男性へのプレゼント

続いては女性から男性の場合。正式に交際してからのプレゼントはどのようなものを贈ると喜ばれるのでしょうか?

●交際中に男性がもらって嬉しいプレゼント

プレゼントの基本は相手が喜ぶものですが、付き合い始めたからといって、すぐに相手の趣味や好きなものをすべて把握するのは不可能です。
たとえば彼の誕生日前に「何が欲しい?」と聞くのは簡単ですが、せっかくなら彼の言葉や行動をよく観察して、喜ぶものをリサーチするのがおすすめ。たとえばデート中、街中でウィンドウショッピングをしているときに「このデザイン好き?」とか「この中ならどれがいいと思う?」など、質問してみてお相手が「この中ならこれが好きかな」など自然に答えてくれるはず。
2万円くらいは予算として考えておきたいところ。 また、交際してからなら手作りのプレゼントも喜ばれます。たとえば料理のプレゼントの場合、以前から何度か料理をしてあげている女性も誕生日に手作りケーキを作ったりすれば特別なプレゼントになります。

●交際中の男性にとってありがた迷惑なプレゼント

男性から女性への場合と同じく、一般的にインテリアは女性から男性へ贈っても不評です。
どうしても家具や部屋に置くものをプレゼントしたいときは、彼と一緒にお店に行って選んでもらいましょう。
趣味に響くという点では、香水も考えもの。人によって大きく好みの分かれるため、ありがた迷惑になる可能性が高いといえます。 また意外に思う女性も多いと思いますが、商品券も避けた方が無難なプレゼント。一般的に女性に比べて男性は商品券を使い慣れていない人が多く、使いづらいとか恥ずかしいと思う傾向があります。
心を込めて選んだとは考えにくいため、特別感が感じられずもらっても人に譲ってしまうケースが少なくないようです。  

 

■プレゼントを贈るタイミング

出会ってから結婚に至るまで、婚活で出会った相手にプレゼントを贈るタイミングは幾度となくあるでしょう。
一般的にプレゼントを贈る人が多い節目をあげると、以下のような日が挙げられます。

・初デート/デート

・付き合って〇か月記念

・誕生日

・クリスマス

・バレンタインデー/ホワイトデー

・嬉しいこと/お祝いしたことがあったとき

・婚約記念

過去には恋人にあまりプレゼントしてこなかったという人も、婚活を機に好きな人を喜ばせるプレゼントを習慣にしてみてはいかがでしょうか? ここまで、もらって嬉しいプレゼントと逆にありがた迷惑なプレゼントについてお伝えしてきましたが、結局プレゼント選びに大切なのは贈る人の気持ちです。 心のこもっていない義務的なプレゼントは、相手にもその程度だととらえられてしまいます。
本当に大切に思える相手なのであれば、自分の気持ちを最大限に伝えられるようなプレゼントを贈ってぜひお相手を喜ばせましょう。 作成:2017.12/25(更新:2021.1/11)

あなたにおすすめの記事