都道府県別男女の特徴と恋愛の傾向 福島県編

お相手との相性は、しばらくお付き合いしてみないことにはなかなか正確には見えて見ないでしょう。結婚相談所を利用して、婚活をしている方々は、相手の性格が読めない不安があります。お見合いやデートは、不安なまま進行していかなければならないこともあるでしょう。

このようなとき、お相手の県民性がお相手の理解に役にたつことがあります。県民性とは、その県に属する方々の共通した性格ということです。

県民性が以外に合っていて、とても驚かされることも多々あります。

県民性を知ることができれば、この相手とはこのようなおつきあいの仕方をしていこうという計画をたてることができますよね。婚活ではこのような計画性をもたせることも大事です。

県民性とは、あなたが想像しているよりももっと信用性のあるものだという理解をして、この記事をお読みください。きっと現状よりもっと効率のいいお見合いやデートをすることができるかもしれませんよ。

福島県の県民性の特徴

日本は、北海道から沖縄まで縦に長き、気候も違い、それぞれに共通の性格の違いが出てきます。長い歴史の中で、その特徴は、しっかり引き継がれていきます。

福島県の方とこれから婚活、お見合いデートをしようと思っている方々は、まずは県民性の特徴をチェックしてみましょう。

福島県は、太平洋岸の「浜通り」、平坦な地形の「中通り」、そして山に囲まれた「会津」と、3つのエリアに分かれて県民性の特徴について語ることができます。

この3つのエリアは、江戸時代では行政区分にも違いがありましたので、分けて特徴を見ていく方がすんなりいくでしょう。

沿岸部の浜通りは、漁師町も多く、比較的開放的性格をしています。中通りは、その場所で頻繁に領主が入れ替わった歴史があるため、フレキシブルな発想を持った方々が多くいます。

会津の方々は、この中でも一番東北人らしい特徴を持つ方々と言っていいでしょう。

福島県は、そのような方々がひとつにまとまった県なのです。福島県に、そのような方々がまとめられてしまったことで、逆にそれぞれの人たちの郷土愛は強くなったとも言われています。福島県の県民性は、同郷の方々をこよなく愛し、とても親密な家族愛を築く性格に見えます。

とてもあたたかい家庭を築いてくれる性格に見えますが、それは逆に言えば、他の人たちをいささか敬遠する傾向があるということです。とてもあたたかいように見えても、その人に入り込もうと思えば、受けとめてもらうことができるまで時間がかかってしまうかもしれません。

福島県の県民性の特徴について、いろいろな見方をしている方々がいます。

ある人は、福島県の県民性の特徴について、とても気持ちがピュアな方々であって、いい加減な行動はしない性格だという印象を持っているという人もいれば、随分のんびりしていると感じるという人もいます。

福島県の男性の県民性の特徴

福島県の男性の県民性の特徴を全体的に捉えれば、保守的な気質をお持ちで、なかなか新しい人がすぐに仲良く出来る環境が整っていません。福島県の男性は基本、口べただといわれています。そのため、口べたの人たちは、お酒の力を借りないとなかなか自分のホンネを語ることができなかったりします。

なぜ東北の方々が、これほどまでに口べたなのか、それは風土的影響も強くあるでしょう。

「どさ ゆさ」の会話が頻繁に行われることもありますが、まさに、それは寒いからゆえ口が動かず言葉を簡略化しているのです。口べたというのは、風土にも簡単に影響しますし、家庭環境にも大きな影響を受けるものだと考えることができます。子どもが成長していく過程で、親が寡黙だとどうしてもおしゃべり上手にはなれないでしょう。

福島県の男性が口べたというのは、スムーズに理解することができるのではないでしょうか。

周囲の人たちがあらかじめ福島県の男性は口べたというレッテルを貼り付ければ、なかなか自分自身はそうではないと主張するのが難しいのかもしれないですよね。そして、敢えて反論しないでそのままでいた方が、何も主張しなくていいので楽だったのかもしれません。

それは、東北全般に言えることですが、

「北へ帰る人の群れは誰も無口で」(石川さゆりさん『津軽海峡・冬景色』)、「兄貴も親父似で無口な二人が」(千昌夫さん『北国の春』)と言った演歌が示すように、口べたは、悪徳ではなく美徳してとらえられていることもあります。

福島県の男性の中にも口べたという人たちがいるのなら、それもいいだろうと思っている人たちが少なからずいます。福島県の県民性の特徴として口べたがいつもあがってくるのは、なかなか本人が変えようと努力をしていないせいからなのかもしれません。

また、福島県の男性の県民性の特徴も、3つのエリアで違いがあります。

会津の方々は、より東北気質が強いと言っていいでしょう。口べたの中に、頑固さも秘めた性格です。情にも熱く、マジメな性格をしています。

中通りの男性は、柔軟な発想力ももち、誠実な性格。浜通りは、もっと開放的な性格をしているとされています。

福島県の女性の県民性の特徴

福島県の女性も、全体的に見れば、保守的で、とっつきにくいと思うことがあります。福島県の女性の性格は、福島県の男性と性格もよく似ているところがあります。

新しいものを追うというモチベーションはあまり持っておらず、ファッションが地味という印象があります。

しかし、福島県の女性が男性と似通った性格で女性らしい性格ではないのかといえば、そうではありません。福島県の女性は、いつもとしても女性らしいたちふるまいをしています。もうちょっと、オシャレにも積極的になるともっとキレイな女性になることができるのかもしれないですよね。

中通りの女性は、より人付き合いを大事にして、愛想が良くて、おしゃべり好きの傾向があります。

浜通りは、比較的おおらかさがあって、細かいことはくどくど言わない性格です。ファッションに対しても、他のエリアと比べれば積極的と言われています。

会津の女性は、郷土愛に強く、控えめで我慢強い性格だそうです。

福島県民はどのように恋愛は向きあっている?

福島県の県民の方々は、恋愛とどう向きあっているのでしょうか。

福島県の男性はとっつきにくく、女性とも上手く接することができない性格なのかと推測するのかもしれませんが、福島県の男性には、女性に優しくふるまうおもてなしの精神があります。

       

同郷のつながりを大切にし、他方のものを敬遠する傾向はありますので、最初は時間がかかってしまうのかもしれませんが、それほど時間がかかるということでもありません。ちょっとだけ我慢して、福島県の男性と接してみてはいかがでしょうか。

福島県の男性は感受性も豊かな特徴がありますので、結構女性のことを瞬間的に好きになってしまう方々もいます。もっと慎重に恋愛と向きあうのかと思いきや、裏切られてしまうこともあります。

ただし、恋愛に対して、軽い気持ちで接することは嫌っているので、情熱的恋愛をしたあとは、結婚という正統なルールを辿ることが多いようです。

福島県の男性は、遊びでつきあったり、ゲーム感覚で恋の駆け引きをしたりすることが嫌いなので、おつきあいするからには、女性の方々もある程度覚悟しなければなりません。

福島県の男性は、しっかり家庭を守り、奥様、子供さんを幸せにしようというモチベーションも強く持っています。しかし亭主関白となる可能性もありますので、注意も必要です。

福島県の男性と相性のいい女性は、 福島県の女性、また山形県、宮城、新潟あたりの女性です。

相性が悪いとされている県は、 大阪であり、福岡、鹿児島です。

福島県の女性の恋愛観

福島県の女性は、福島県の男性以上、惚れやすいタイプがいます。

福島県の女性は、もう少し控えめに恋愛と向きあっているだろうと思えば、また裏切られることがあります。情熱的恋愛をしているから、結婚へとつながる率がとても多いです。

恋愛をゲームで楽しんだり、相手をいろいろ変えてみたりということは、福島県の女性は好きではないのです。

福島県の女性は、日本の中でも、非常に早婚の率が高いです。福島県の男性がそうではないということではなく、マジメに女性のリクエストに答えるタイプが多いですね。

会津の女性と中通りの女性は、亭主関白となりうる男性を寛容に受けとめてくれるところがあり、浜通りの女性は、比較的包容力の強い男性を求めています。浜通りの女性も亭主関白タイプの男性にも向いているということが言えるのかもしれませんが、ぐいぐいリードされてしまうよりも、一緒に道を進んでいきたいと思っていのだそうです。

福島県の女性から見て相性のいい県は、福島県の方々であり、山形、茨城、新潟です。

大阪、京都あたりの男性とはあまり相性が良くないとされています。

いかがでしょうか。今回福島県の県民性の特徴、恋愛観などをご紹介いたしました。

福島県の県民性には、東北の特徴としての、気質があります。もっと深く県民性を追求すれば、中通り、浜通り、会津によって県民性の特徴を分けることができます。

同郷のつながりを大切にし、他のものを敬遠する傾向があり、最初はとっつきにくいと感じるものかもしれませんが、結婚率も高く、非常に家庭を大事にしようとしています。

そのような背景を踏まえて、お付き合いをされると良いかもしれませんね。

 

作成:2020.9/7(更新:2020.12/18)

あなたにおすすめの記事