プロポーズ前にチェック!婚約指輪と結婚指輪の違い

男性から「愛の証」としてお相手の女性に贈る「婚約指輪」と「結婚指輪」。この二種類の指輪の違いを知っていますか?
これらは一生に一度の贈り物だからこそ、違いや贈る意味を詳しく知るとさらにお相手への想いがこもった贈り物になります。

それぞれを身に着ける意味の違いは?

最近では結婚指輪だけを用意して婚約指輪を省略するカップルも多いようです。あまり風習や形式などにこだわりがない場合や、お見合いや結婚相談所からの交際で交際・婚約・結婚までの期間が短いスピード婚の方も婚約指輪を用意するか迷ってしまうケースがあります。
婚約指輪や結婚指輪を贈ることを省略するにしても、それぞれを身に着ける意味合いを押さえておいた方が納得のいく判断ができ、「あのときちゃんと用意しとけば良かった…」と後悔も少なくなるでしょう。しっかりとポイントを把握しておきましょう。

①婚約指輪が持つ意味

男性から女性にプロポーズの証に形が一生残る記念品として贈られる指輪のことを指します。「エンゲージリング」という呼び方もされています。男性がお相手の女性への愛情を誓った証として贈られることから、婚活中の女性は特に男性が膝を立てて「結婚して下さい」の言葉と指輪の入った箱を女性側に向け、開けてプロポーズするシーンを「箱パカ」と呼び、憧れを抱いていることが多いようです。
また、エンゲージリングの本体にはプラチナや純金、その上にはダイヤモンドなどの硬度の高い宝石が配置され、長く愛用できる特徴があることから、一代だけではなく親から子、子から孫へと「あなたに大切な人が現れたらこれをプロポーズに贈ってね」と家族で受け継がれる場合があります。これは海外ではよく見られるもので、国際結婚のカップルで多いパターンです。この場合、「愛の証」」だけでなく、「資産」としての意味合いを持ちます。

②結婚指輪が持つ意味

婚約指輪は男性からプロポーズの際に愛の誓いとして女性側に求婚の言葉と一緒に贈られる指輪で、一般的には女性だけが左手の薬指に装着するものですが、それに対して結婚指輪は夫婦となる男女が結婚後にお揃いで身に着ける指輪です。もちろん「夫婦愛の証」としての意味合いを持つのですが、身に着けることで自分は「既婚者」であること周囲に示すという意味を持つのが特徴です。
また、指輪をはめることで結婚した実感が強く沸くことから今日から二人は家族であることのけじめの意味合いも持ちます。

渡すタイミングの違い

婚約指輪を渡すタイミング

カメラの設置位置も重要です。基本的に自分の目線より上に設置するのが鉄則です。目線より下で常に見下ろす形になると、鼻の穴が見えたり、顔が大きく見えたり、二重顎に映ったりと散々な印象で映ってしまいます。
特に小顔に見せたい女性はカメラアングルには注意するようにしましょう。WEBカメラがPC一体型でうごかせない…という方は、パソコンの下に台や本を置いて高さ調整をすればOKです。

②結婚指輪を渡すタイミング

結婚指輪を購入してからの場合と結婚式の指輪交換ではじめて相手に指輪が渡る場合が多いようです。この場合はサプライズをしないことがほとんどなので、お相手と一緒にジュエリーショップに行ってお互いの好みのものを選んで購入できます。
和装の神前式や仏前式の場合も指輪交換の儀式を組み込むことが出来るので、「和装の場合は指輪の交換が出来ないのでは…」という心配は不要です。また、最近では入籍前にカップルで一緒に結婚指輪を作る体験が出来るアトリエもSNS等で人気が広まっています。この場合、指輪が完成した後に持って帰ることになるので、結婚式を挙げないカップルはできあがり次第お相手に渡すことができます。二人で作っている様子を撮影してくれるサービスのあるお店も多く、結婚式のムービーで使うツーショットの写真が少ない…というお二人にもおすすめです。

それぞれの着けるタイミングの違い

①婚約指輪を着けるタイミング

女性は男性から指輪を渡された日から結婚式の日に結婚指輪を受け取るまで婚約指輪を左手の薬指に着けるパターンがほとんどです。しかし、日常的にずっと着けておくものではなく、場面によっては装着するのが相応しくない場合もあります。
例えば、職場にダイヤモンドなどの高価な宝石のついた指輪を着けて仕事をするのは好ましくありません。職場に厳しい服装の指定が無くても悪目立ちし、妬みの対象になり目を付けられてしまったり、盗難に遭ったりしてしまう可能性もあります。TPOに気をつけて着けるようにしましょう。
だからといって「タンスの肥やし」のようになってしまったら勿体ないので、パーティーなどのお祝い事のシーンでドレスアップした際に付けたり、結婚後に結婚指輪と重ねづけして特別なシーンで手元を華やかに演出したりしても良いでしょう。

②結婚指輪を着けるタイミング

こちらは結婚式の指輪交換の儀式を経てから日常的に身に着けるパターンが多いようです。婚約指輪と違って職場でも身に着けるものなので寝る前や入浴前までは外さないことがほとんどです。そのため、紛失の心配があるので指輪を収納する所定の場所を二人で決めておくと安心です。頑丈な素材で作られるものではありますが、家事で水回りの仕事をすることが多い方や重いものや鉄などの金属に触ったりするときは傷つけてしまわないように外した方が無難です。
また、お葬式などの仏事ではダイヤモンドなどの宝石付きの結婚指輪を着けることは相応しくない場合があります。その際はあらかじめ外してから行事に参加するか、宝石のついている部分を他の人から見える方向と避けて装着すると良いでしょう。

それぞれの費用

親の世代や一昔前までは「婚約指輪にはお給料の3ヶ月分を充てる」という考えが一般的でしたが、現在では高価な指輪を贈るカップルは昔に比べて少数派になりました。ほとんどが婚約指輪の方が二人分の結婚指輪よりも高値であることが多いようです。
このあたりもそれぞれの年齢や地域・風習などによっても異なる部分ではありますが、結婚する二人の年齢が高くなるほどそれぞれの指輪に充てる予算は高くなる傾向があります。どちらの指輪も一生に一度きりのお買い物ですが、ローンで購入する場合、ローンを組むイコール借金を抱えるというイメージがあることから、相手が戸惑ってしまう場合があります。
できればプロポーズを意識し始めたときから貯金をしておくことが大切ではありますが、思い入れがあってどうしても納得いくものを購入したい場合などやむを得ない場合は支払いの計画を充分に立てた上で購入しましょう。また、お相手にもその旨を伝えて、支払いに心配がいらないことを知らせておくと安心してもらえるでしょう。

素材やデザインの違い

カップルの価値観や考えによっても違いがありますが、婚約指輪の方が装飾を施す方が多く見られます。それぞれ身に着けるタイミングにも違いがあることから、パーティーやドレスアップのシーンなど基本的に日常使いしない婚約指輪の方がダイヤやサファイアなどの高価な宝石のついた華やかなデザイン、職場などにも身に着ける普段使いする結婚指輪はシンプルなデザインのものを選ぶのが一般的です。
また、入浴や就寝中以外の長時間身に着けることになる結婚指輪選びは特に気をつけておいた方がいいのが「金属アレルギー対策」。今はお互いに金属アレルギーを発症していなくても、誰にでも将来症状が身体に現れる可能性があります。「自分は大丈夫!」と油断することは出来ないので、あらかじめ結婚指輪の素材選びにも気を配りましょう。中でも汗っかきの人や日常的に金属のアクセサリーを愛用している人は注意です。プラチナや純金は金属アレルギーの症状が出にくい素材なので結婚指輪におすすめのデザインです。しかし、配合率によっては異なりますのでお店でしっかりとチェックしておきましょう。
ジルコニウムといったレアメタルのものは人工関節や歯のインプラント治療など医療の現場でよく使われていることもあり、比較的にアレルギーを起こしにくい素材として知られています。これらを用いた結婚指輪も最近では増えてきているので、お店で指輪を選ぶ際にはスタッフに金属アレルギーの出にくいものを見せてもらうようにお願いしてみましょう。また、もともと金属アレルギーがある人は皮膚科医に相談しておくと安心して指輪を選ぶことができます。

そもそも両方必要なの?

コロナ渦であることなど、様々な事情が影響して結婚式や披露宴を行わずに入籍するカップルが増えてきていることから、指輪を贈る過程を省く場合も増えてきています。そのことについては当事者が良くても相手や自分の家族にとっては反対されてしまうこともあり、トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。身に着けるのは自分たちだけであっても結婚は家族同士の契約という結び付きの意味合いも大きいため判断を慎重にする必要があります。
しかしながら、双方にこだわりがなかったりスピード婚の場合は婚約指輪を贈らずに結婚指輪だけ用意して、浮いたお金を新居への引っ越し費用に充てたり家電を購入したりすることもあります。いずれの場合もまずは二人で考えを共有してみましょう。お互いの考えが違ってもまずは相手の思いに寄り添うことが大切です。

 

いかがでしたでしょうか。
婚約指輪も結婚指輪も大切な意思表示や契約、時には資産といった意味合いを持ち、大切な役割を担ったアクセサリーです。
一生で一度のことだからそれぞれの指輪を贈ることや省くことも慎重に判断する必要があります。それらの意味合いや着け方のマナーをしっかりと押さえて二人にぴったりな指輪を見つけてくださいね。

作成:2019.2/15(更新:2020.12/15)

あなたにおすすめの記事