結婚相談所は入会直後が大事!運命の相手と出会えるポイント

結婚相談所に入会しようか迷っている方や結婚相談所の婚活について検討している方の中には結婚相談所に入ったら必ず結婚できるのか?せっかく入会して高いお金を払うのに効果がなく時間だけが過ぎてしまわないか?といったことが気になる方も多いのではないでしょうか。
結論から言うと、高望みをしすぎず、ご縁を大切に婚活をしていただけるならほとんどの場合が結婚することが言えると断言できます。
また、結婚相談所で婚活を行い新しい出会いを見つけたり成婚をしたりするにはいくつかのコツやポイントがあるのです。
今回は結婚相談所で婚活を行う際のポイントについていくつかご紹介いたします。ぜひチェックして、ご自身の結婚相談所での婚活にお役立てください。

■結婚相談所では入会直後が大事な理由

結婚相談所で一番異性の目に留まりやすい期間はいつだと思いますか?
それは結婚相談所に入会した直後です。
基本的に結婚相談所では新規入会者を順に新しいページに掲載していきます。そのため検索結果としてたくさんのライバルがいるときほど先に表示されることはメリットになります。
また、自分より新しい会員が入会したら順番は後ろに下がっていきますから、入会直後のフレッシュな時期は自分の情報を異性に一番見つけてもらいやすい時期だと覚えておきましょう。
また、結婚相談所によっては新規入会会員はピックアップされていたり、さらに見つけやすくなっているなどの対応がされている場合があります。

■入会直後に申し込まれたお見合いは選り好みせずに全部受ける気持ちで

入会直後は一番異性会員の目に留まりやすい時期だとご説明しましたが、目に留まることが多いということはお見合いの申し込みにつながる可能性が大いにあります。
結婚相談所に入会直後はまだ結婚に対しての夢や現実や自分の価値などのギャップに気づいていない方が多く、たいていの場合は「もっと良い条件の人がいるはず」「もっと良い人に出会えるかも」と、最初のころに申し込まれたお見合いには応じないことがあります。
しかしこれは大きな間違いです。
結婚相談所にはあなた担当の婚活アドバイザーがいますので、必ず申し込まれたお相手については全員アドバイザーと相談し、できる限り申し込まれたお見合いはお受けするようにしましょう。
あまりにも条件とかけ離れている場合は別ですが、「なんだかパッとしないな」と思うお相手でもお見合いで会話をしてみると文面ではわからない良さが見つかるかもしれません。
なにより結婚相談所はお見合いをしないことにはお付き合いに発展しません。
結婚相談所では真剣交際に至るまでは複数の方と交際をすることが推奨されていますので、たくさんのお相手と出会えるチャンスを逃さないようにしましょう。
そして、一番たくさんの異性と出会える可能性がある期間が入会直後だということをお忘れなく。

■絞り込み検索で見えてくるリアル

お目当てのお相手と出会いたい際に結婚相談所の会員ページから異性の会員を検索すると思いますが、どのように探していくかを一度考えてみましょう。
検索システムによっては検索ワードを入れなくてもチェックボックスなどにチェックをするだけで絞込ができることも多いですね。
「結婚歴」や「子供の有無」や「親との同居の可否」などは男女共通して多いですが、男性の場合は女性の「年齢」、女性の場合は男性の「年収」や「職業」などを絞り込んで検索される方がほとんどです。
ですから、絞込検索をした後はお相手の条件に合わない場合は検索結果に表示されないのです。
例えばお相手の女性に求める条件を「30歳以下」として検索した場合、どれほどに美人やスタイルが良い女性であっても31歳以上なら検索には表示されません。
男性の場合も同じく女性が求める年収に満たない場合は表示されません。
残酷ですがこれが現実。しかし検索語に表示される人数や、実際に絞り込んで表示された異性のステータスを見たうえで条件をだんだん緩めていくというのはよくあるパターンです。
絶対に20代と結婚したいといっていた男性が34歳の女性と結婚したり、お医者様と結婚したいといっていた女性が一般会社員の男性と結婚し共働きをする、などなど。現実と自分の選べる選択肢の数と自分の出せるカードの数を客観的に認識したとき、現実的に幸せな結婚をするにはある程度の譲歩は必要になることがおのずとわかってくるものです。

■人気の条件に当てはまらなくても悲観することはない

では、上記のような人気の条件にご自身が当てはまらない場合はどうすれば良いお相手が見つかるでしょうか。
まず自分の婚活市場での価値を客観的に把握したうえでセールスポイントが何かを考えましょう。そして、重要なことは高望みをしないこと。ほどほどに自分と釣り合う異性を見つけることができたら御の字ということです。
そして、人気の条件に当てはまらない方こそ、お相手からのお見合いのお申し込みは選り好みせずにお受けしましょう。
お見合いをした段階では結婚が決まるわけではありません。それに、自分を見つけ出してくれた人だということは、何か自分に惹かれる部分があったはずなのです。
このようなご縁を大切にしていきましょう。

■マイページやプロフィールを制すものは婚活を制す

結婚相談所での婚活において異性の情報はお見合いをするまではプロフィールのページに書かれていることがすべてです。
異性会員はプロフィールのページを見てあなたに興味を持ち、お見合いを申し込むことになります。
ですから、プロフィールを読んだ異性会員が興味を引くような内容や、フリーワード検索に引っかかるようなキーワードをちりばめておくことがポイントです。
例えば趣味は具体的に、「自転車」とだけ書いてあってもママチャリでのサイクリングなのか、ロードバイクでのツーリングなのか、マウンテンバイクでの山登りなのかは一見してわかりません。
自特に専門的な趣味のある方は詳しく書いておけば同好の方が興味を引くのではないでしょうか。
簡単な部分でいうと好きな歌手やバンド、曲や映画のタイトル、好きな本のタイトル、最近読んだ漫画のタイトルなどなどカジュアルに話題の共有ができて共感が得やすいです。
また、人柄や性格などに良い印象を持ってもらえるように丁寧にわかりやすく記入しましょう。
ご自身で書いてもよいですし、文章を書くことが苦手だったり、自分の書いたものに不安がある方は婚活アドバイザーにチェックしてもらい一緒に修正していってもよいのではないでしょうか。
嘘を書かずに魅力的なプロフィールに見せるテクニックを婚活アドバイザーは持っているはずです。

■写真がないとプロフィールは見てもらえない?!

プロフィールページにはご自身の写真を載せる項目があります。お顔や体形を見せることを目的とした写真と、プライベートな部分を垣間見せる写真などの2パターンを登録する場合が多いのではないでしょうか。
実はこの写真というものはとても大事なポイントです。
第一印象で見た目に惹かれた場合プロフィールに目を通してもらえますし、欠点もスルーしてもらえる可能性が高いのです。逆にプロフィール写真がなかったり、微妙な写真写りだった場合、プロフィールを読む前にNGになってしまう可能性があります。
写真を加工したりする必要はありませんが、なるべく自身が魅力的に映っている写真を用意しましょう。
画素数や解像度が高くなって高品質になっているからと言って写メの自撮りなどは絶対に避けましょう。
おすすめは結婚相談所で写真を撮影してもらうか、結婚相談所が紹介してくれる写真館で写真撮影をしてくることです。結婚相談所と提携している写真館なら割引が効く場合もあります。
必ずプロフィールの写真は撮影し、ケチらずに写真写りの良いものを用意しましょう。
また、プライベートフォトはご自身の趣味の写真や、料理や食べることが好きな方なら作った料理の写真、ご自宅で飼われているペットの写真、車の写真などが多いようです。
プライベートフォトのポイントはごちゃごちゃしていたり、背景に清潔感のないものは避けるのがおすすめです。例えば室内で飼育しているペットの猫の写真を撮影したものの、背景がものすごく散らかっているとか、生活感にあふれているとか、マイナスなイメージを連想させることになりかねないからです。
オシャレで映える写真の撮り方を研究してみてくださいね。

■待っているのではなく、自分からもどんどんお見合いを申し込む

結婚相談所に入会し、活動が始まったら、自分でもとにかく暇を見つけては自身の条件に合う異性や、興味を惹かれる異性をピックアップして、効率的にどんどんお見合いを申し込んでいきましょう。
結婚相談所での婚活はトライ&エラーを繰り返すものです。
もちろん1回目で運命のお相手に巡り合えたなら言うことはありませんが、それはなかなかに難しいものです。
気になるお相手にはまずお見合いを申し込む。NGだったらあきらめて別の人に切り替える。OKをもらえたお相手は何人も並行して付き合ってどなたが自分に一番合う異性なのかを見極める。こういった流れで結婚相談所の婚活は進んでいきます。
ダメ元上等、また、向こうからのお申し込みもなるべくお受けして、婚活を頑張ろうという気持ちが萎えないように、様々なお相手とお話をして、いろいろな刺激を受けることが結婚相談所で飽きずに頑張れるポイントでもあります。

 

作成:2020.6/15(更新:2020.11/18)

あなたにおすすめの記事