お見合い成功のための会話テクニック講座 女性編

結婚をしたい女性は結婚相談所を利用して自分の条件に合う人も多いです。もしお互いに条件がマッチングすればお見合いを通して交際に発展させることができます。しかし、お見合いの会話の内容によっては失敗してしまうこともあるため、女性は会話のポイントを掴んでおく必要があります。

女性がお見合いのときに会話テクニックを知っておけば婚活もスムーズ進めていくことが可能でしょう。会話テクニックの内容を紹介していきます。

女性がお見合いの会話のときに心がけておくこと

女性がお見合いで会話をするときに心がけておいた方が良いことがあります。どのようなことを心がけておくと男性から好印象を得ることができるのか内容を紹介しましょう。

会話を男性任せにしない

お見合いは初めて相手と顔を合わせるので、緊張してしまい会話をすることにちゅうちょしてしまうかもしれません。しかし、初対面で緊張してしまい会話の質問を待ってしまうのはよくありません。

お見合い相手の方も初めてなので当然緊張しています。そのため、会話のリードを男性任せにしてしまう心構えであれば、会話が盛り上がることができずイマイチな雰囲気でお見合いが終わってしまうことになります。

そのため、会話を待つことはせず自分から質問や自分の話をすることも大事です。自分から質問をしていくなら相手も緊張が解れて会話がスムーズにいく可能性は高いです。男性にリードしてもらおうと思う女性の方もおられるかもしれませんが、会話は男女関係なく積極的な態度を持つことをおすすめします。

会話の際は笑顔を見せる

お見合いの会話の際は笑顔を見せることも大事です。お見合いのときに顔が強張ってしまったり無表情でいたりすると、男性側も会話がしにくくなります。自分も初対面の人に出会って会話するので顔が引きつってしまうこともあるかもしれませんが、できるだけ顔でプレッシャーをかけないように笑顔でいることを心がけましょう。

会話のときに笑顔を見せているなら男性側も安心して笑顔を見せやすくなります。お互いに笑顔を見せ合うことができるなら、会話も盛り上がり相手の性格や考え方などの人間性も確認しやすくなります。

ただ、笑顔でいるときに不自然な笑顔を見せてしまうと男性も不信感を感じてしまうので、作り笑いではなく「ニコッ」と自然な笑顔でいることを心がけるのがおすすめです。

会話することも大事ですが笑顔を見せてお見合いの雰囲気を和ませることができるようにしましょう。

お見合いのときの女性の会話テクニックとは

女性がお見合いで男性と会話するときに心がけておきたいことがあります。会話するときのポイントを知っておくなら男性も好印象を持つことができ、交際に発展しやすくなります。女性が知っておくべき会話テクニックは以下のようになります。

男性の魅力ある点は褒めるようにする

女性が男性とお見合いで会話をするときは、男性の魅力ある部分を褒めてあげるようにしましょう。誰しも自分のことを褒められると気分は良くなり、褒めてくれた人は好印象に映ります。

男性の魅力的な部分は相手に質問をすることでわかってきます。例えば、会話の中で男性がスポーツをしていて毎週ジムに通っていることが分かれば、毎週行っている持続力やシンプルに運動している褒めることができます。

また、自分が苦手なことをお見合い相手がしているなら、その点も「すごい」と感じることができるはずなので、褒めることができるでしょう。

男性と会話をしていて「すごい」や「素晴らしいな」と思ったことは、そのときに褒めることで雰囲気が盛り上がっていき、自分の印象もよく映ります。

ただ、褒めるときに何でも褒めることや、魅力的ではない部分を褒めることは控えておきましょう。そのような点を褒めると相手にわざとらしさを感じさせてしまい、逆に悪い印象を与えてしまうことになります。褒めるときは魅力が見つかったときのみ行うようにしましょう。

男性の関心事を尊重してあげる

男性は自分のこだわりがある部分や得意なことにはプライドを持っています。男性は自分の得意な点については「相手に教えてあげたい」という感情を持っており、会話の量が多くなります。

そのため、相手の得意なことや強みを感じていることが分かれば、その点を尊重して会話していくことがポイントです。男性のプライドを尊重した会話は褒めてあげることも1つの方法ですが、教えを請うように話すことも大事です。

例えば、相手の得意分野が分かったときに「どのようにされているのですか?」「秘訣などはあるのですか?」と質問するなら、男性は気分が良くなって話をしてくれるでしょう。また、男性が好きなことに興味を持つように質問するなら相手を好意的に見てくれるので、自分にも良い印象を受けてもらえます。

ただ、男性のプライドを尊重してあげることは大事ですが、媚を売ることではありません。媚びたような言い方で男性に質問すると相手も違和感を感じてしまい、悪い印象に映ってしまいます。

お見合い相手が何に興味があるのか分かれば、褒めたり内容を深める質問をしたりして相手の気持ちを尊重してあげるようにしましょう。

相手が話しているときは相づちを打つようにする

お見合いをしていて相手が会話をしているときに、自分が言いたいことも出てくる時があります。そのときは自分の言いたいことは抑えて相手の話は遮らないようにしましょう。相手の話を遮って話をしてしまうと失礼に思われてしまい、自分への印象が悪くなってしまいます。

また、相手の話を遮って自分の話を始めてしまうなら、相手は自分の話を集中して聞いてくれないこともあります。そのため、相手が話をしているときは最後まで聞くようにしておき、相づちを打って話を聞いている反応も見せるようにしておくのがいいでしょう。

黙って話を聞いているだけなら相手は本当に自分の話を聞いているのか分からないこともあるので、話をしていて不安を感じてしまいます。そのため、自分が「うんうん」と相づちを売ってあげることで男性の心理を安心させてあげることができます。男性が話をしているときに会話を遮らずに聞く態度を示してあげるなら、男性側は好意的に感じてくれるので、会話テクニックとして活用してみましょう。

 

女性がお見合いの会話で注意しておくべきこととは

婚活で相手の男性とお見合いをするときは、質問する内容や自分の態度に注意をしておく必要があります。会話の注意点を理解しておかないと相手に不快さを感じさせてしまい、お見合いでの婚活が失敗に終わってしまうこともあるからです。

女性が注意しておく会話のポイントを押さえて悪い印象を与えないようにしましょう。

強い口調にならないようにする

会話をしていると女性であっても口調が強くなってしまうこともあるでしょう。例えば、男性が話をしているときに、その内容があまり同感できないときや辻褄が合っていない場合などです。

そのときに「意味が分からない」「何が言いたいの?」など少し口調が強くなると男性は一気にテンションが下がってしまいます。会話をしていて相手のに同感されないことが分かると男性であっても、それ以上会話をする力が無くなってしまうからです。

相手の会話の内容がよく分からない場合は強い口調で終わらせるのではなく、分からなかった部分を質問するなどして、柔らかい雰囲気で会話をする様にしましょう。

柔らかい口調で会話をすることで男性も安心して会話ができます。男女共に注意しておくべき点ですが、女性の場合は口調が強くなると特に威圧感を感じてしまいやすいため、心掛けておきましょう。

自分の理想像をアピールし過ぎない

女性は結婚に関して条件を細かく持っている傾向があるので、「自分の理想通りの人と結婚したい」という思いがあるかもしれません。婚活をするときは結婚の条件などは大切なので、しっかり計画しておくことに問題はありませんが、お見合いの席で相手に自分の理想像をアピールするのはよくありません。

お見合いときに自分の理想像を話すなら男性側は萎縮してしまうことになり、条件に当てはまらない場合が多いなら、気まずい思いをしてしまいお見合いによって交際に発展する可能性は低くなるからです。

もし、男性側から理想の結婚相手を質問されたときは答えても大丈夫です。しかし、そのときは自分の大事な条件1つだけを言うようにして、複数の条件は言わないようにしましょう。また、結婚の理想像を聞かれたときは自分のだけで終わらず、相手の理想像も質問するようにしましょう。

相手の年収や学歴は質問しないようにする

お見合いするときは相手男性の年収や学歴が気になる人もいるでしょう。しかし、お見合いのときに年収や学歴を質問するのは失礼なことになるので注意すべきです。年式や学歴はステータスとして捉えられるので、その質問をされると男性は「ステータス重視で婚活しているのかな?」と思われます。

しかし、ステータス重視だと認識されてしまうと、男性はお見合い相手に一気に冷めてしまい、興味が無くなってしまいます。女性としては結婚後の生活も考えて年収や学歴が気になるかもしれませんが、お見合いで初めて相手に聞く質問ではありません。

お見合いは自分と相手の波長や相性がいいのかを確認するためなので、相手を詮索するようなことは悪い結果になってしまいます。

年収は交際に発展して関係が深まれば質問でき、学歴は結婚相談所によってはアドバイザーに事前に確認しておくことも可能です。質問の内容も順序があるのでお見合いに適した質問のみを行うようにしましょう。

女性のお見合い会話テクニックのまとめ

女性がお見合いをするときは会話の内容や態度に注意しておきましょう。誰しも相手に好印象を持って欲しいと思っているはずですが、やり方によっては相手に誤解を与えてしまうこともあります。

会話のテクニックを確認してお見合いが成功できるようにしましょう

 

作成:2020.3/20(更新:2020.11/25)

あなたにおすすめの記事