あえてチェックしておきたい結婚のメリット、デメリット

本気で結婚を考えているなら結婚相談所に登録して婚活をすることがおすすめです。結婚相談所ではみんな真剣に婚活をして出会いを求めており、アドバイザーのサポートもあるので、短期で結婚できる可能性が高いです。

しかし、婚活をしている人の中では良い人に出会うことだけに集中してしまい、結婚した後の生活までは考えていない人もいます。結婚したなら自分にとっての良いことと覚悟しておくことがあるので、その点も理解して婚活するようにしましょう。

男性が結婚をするメリットとは?

まずは男性が結婚をするとどんなメリットを得ることができるのか紹介しましょう。男性は結婚するなら以下のようなサポートや充実度が上がることを期待できます。

家事をする負担を軽減できる

男性であれば家事が得意な人もいるかもしれませんが、家事が苦手な人もいるでしょう。もし仕事をして家事もするとなれば体力的に負担も大きく、家事まで手が回らない人もいます。

家事は調理に炊事、掃除などがありますが、分野も分かれているので、自分が不得意な部分があれば、家事をすることに難しさを感じるときがあります。例えば掃除が苦手な人であれば部屋の中が片付けられず物で散乱してしまうこともあるでしょう。

しかし、お見合いなどで結婚をすることで家事の負担を軽減してもらうことができます。結婚相手が家事が得意な人であれば自分は仕事に専念して家事は結婚相手の方にしてもらうことができます。また、家事を分担して自分が得意な家事と相手が得意な家事を行い生活していくことも可能です。

家事を1人で行うのは負担がかかりますが、結婚すれば独身のときよりも負担が減るでしょう

仕事のときに社会的信用が得られやすい

男性が結婚をするなら独身でいる人よりも社会的信用が得られやすくなります。独身者の場合は自由に行動できるので、仕事の同僚や上司からは一人前と見られないこともあります。

しかし、結婚しているなら「家族を養うために頑張っている」「仕事にも責任を持って頑張ってくれる」と会社からも期待値を込めて接してもらうこともできます。

もちろん、独身であっても仕事をする能力があり、良い成績で仕事をするなら周りから信頼を得ることはできます。しかし、結婚していることで周りが「人間的に安定している人」とプラスの印象を持ってもらいやすくなります。

自分では実感がないところで社会的に信頼されることも覚えておきましょう。

結婚することで生活の楽しさが増える

結婚相談所などを利用して結婚することで男性は生活の楽しさを増えることも期待できます。独身の場合は家に帰っても誰もいないので、時に寂しく感じることもあります。また、趣味がない男性であれば仕事がない日は何をすれば良いのか分からず一日中ゴロゴロしてしまうこともあるでしょう。

そのような男性も結婚して2人で生活するようになるなら例えば、家に帰ると奥さんが待ってくれているので寂しさを感じることはありません。また、自分1人ではしなかった趣味や外出も結婚して奥さんがいることで行うようになることもあります。

「結婚すると自由が無くなる」と思う男性の方もいますが、結婚することで視野を広げることができ、自分が今まで気付かなかった楽しさやおもしろさに気付くこともあります。

男性が結婚することで感じるデメリットとは

婚活をしている男性は結婚に関してデメリットがあることも覚えておきましょう。どのような部分がデメリットに感じることがあるのか内容を紹介していきましょう。

自由に行動することはできなくなる

男性の場合は仕事の終わりに飲みに行ったり、休日は友人と一緒に外出したりして自由に行動していたかもしれません。しかし、結婚をするなら自分の時間を奥さんのためにも使う必要があるので、自分でしたいことを何でも行えなくなります。

仕事終わりに飲みに行きたくても、家計の都合で回数が減ってしまうこともあります。また、休日に自分がしたいことも、奥さんに合わせて買い物に行ったり家事を手伝ったりする必要もあるでしょう。

結婚することで自由に使えるお金も減るので、独身に比べると窮屈さを感じてしまうこともあります。結婚するときは自分の時間を奥さんに合わせることができるのか考えておく必要があるでしょう。

養う責任感が強くなる

男性が婚活して結婚するなら家庭を養うために、独身のときよりも仕事頑張る必要性が生じてきます。独身のときは自分が生活できるだけの収入があればよかったので、仕事に対してのプレッシャーはあまり強くはありません。

しかし、結婚して家庭を持つようになれば収入は独身の時以上に確保する必要があり、仕事をするときもプレッシャーが大きいです。子供を作ることを考えれば、さらに収入面での負担は大きくなるので、仕事に不満があっても簡単に辞めことはできず、仕事を転職することや独立することも簡単ではありません。

もちろん、結婚しても共働きをする家庭も多いので、自分の収入面だけが生活費に直結することはありませんが、結婚相手の女性は男性の収入面を頼りにしているところもあるので、仕事への責任負担は多少なりとも強くなります。

女性が結婚することへのメリットとは

婚活して結婚することは女性にとってもメリットがあります。どのようなメリットがあるのか漠然としている部分もあると思うので、以下の点から確認してみましょう。

家庭を持てるので寂しさが無くなる

女性が結婚するなら寂しい思いをすることが無くなることがメリットです。独身の場合は家に帰って1人だと気楽と思う人もいますが、「寂しい」と思う人が多いでしょう。女性は誰かと一緒にいることで安心感を得やすいためです。

ただ、独身だと1人でいる時間が長いので寂しさを感じることが多くネガティブな傾向になってしまいやすくなります。

しかし、結婚するなら必ず旦那さんが家に帰ってきてくれるので、寂しい思いをすることはありません。また自分では解決しにくいことも旦那さんを頼ってサポートしてもらうこともできるので、不安を感じることも少なくなるでしょう。

結婚するなら自分の感情面を安定させることも期待できます。

収入面で安定することができる

結婚するなら収入に関して過度に心配する必要がなくなります。女性は1人で仕事をしていても自分だけの収入では不安を感じてしまうこともあるでしょう。自分の収入で生活を確保できていても、ずっと収入を安定して得ることができるのか不安が付きまといます。

しかし、女性は結婚することで収入は自分一人だけでなく、2人合わせての費用として加算することができます。自分の収入がなくなってしまっても旦那さんの収入を頼ることができるため、収入が途絶える心配は少なくなり、生活が大きく崩れてしまう不安も解消されます。

女性1人で収入を確保するのは難しい場合があるので、結婚して生活面の安定も期待できるのはメリットです。

結婚のプレッシャーから解放される

多くの女性の方は結婚願望を持っているでしょう。「何歳までに結婚したい」「結婚して子供も欲しい」と思い結婚相談所で婚活を始める方は多いです。しかし、自分の婚活がうまくいかず自分が希望した通りに結婚できないこともあり、そうなると「早く結婚したい」というプレッシャーが大きくなってくるでしょう。

また、年齢が適齢になってくると家族や友人から結婚を急かされてしまうこともあるので、結婚へのプレッシャーが大きくなってしまいます。

しかし、結婚相談所でお見合いなどをして結婚するなら結婚へのプレッシャーはなくなります。自分の気持ち的にも周りからの雑音もなくなるので精神的に楽になります。婚活をして相応しい人を探すことが大事です。

女性が結婚することのデメリットは何か?

女性が結婚をすることはメリットだけしかないように思えるかもしれません。しかし、デメリットも当然あるのでよく考えて結婚する必要があります。

価値観の違いから不満を感じる

結婚するなら旦那さんとの共同生活が始まりますが、お互いに生活環境や価値観が違うので、やり方に違いが出てきます。ただ、女性の場合は少しの違いから小さな不満が溜まってしまう傾向があるので、結婚生活で違いが多くなると不満でストレスを感じてしまうでしょう。

例えば、食事の時間や洗濯の仕方、掃除のやり方などは違いが生じるため、ストレスを感じてしまうこともあります。結婚生活の少しの違いはコミュニケーションを取ることやある程度一緒に生活していくことで不満はなくなっていくこともあります。

ただ、結婚生活の始めは苦労することも覚悟しておくべきです。

親戚付き合いが煩わしく思える

結婚することで旦那さんの両親とも親戚となるので、親戚付き合いも考慮しなくてはなりません。親戚付き合いは奥さんの女性の方が対応することが多いので、親戚への配慮が大きくなります。親戚付き合いの中でも、特に女性の方が苦労するのはお姑さんとの付き合い方です。

もし、旦那さんは良い人でも、お姑さんに癖がある人であれば行事があるたびにストレスを感じてしまうこともあるでしょう。また、お姑さんが自分たちの家庭を心配してお節介が過ぎる場合があります。

結婚してからの親戚付き合いはお見合いなどの結婚前では分からない部分なので、結婚してから対処していく必要があります。もちろん、お姑さんを含めた親戚と仲良く付き合えている家庭もたくさんあるので過度に心配する必要はありませんが、結婚のデメリットとして念頭に置いておきましょう。

男女別の結婚メリットとデメリットのまとめ

結婚についてもメリットとデメリットを男女別に紹介してきました。結婚はメリットだけではなくデメリットもあります。そのため、結婚生活にメリットだけを重視してデメリットを隠すことはやめておきましょう。

これらの点を念頭に置いて結婚相談所などで婚活を行いましょう。

 

作成:2020.3/27(更新:2020.11/23)

あなたにおすすめの記事