プロポーズ前にチェック!プロポーズに指輪は必要?女性の本音

プロポーズと聞いて男性が女性に婚約指輪を差し出すシーンを思い浮かべるものですが、その様式は時代や状況によって影響を受け、今では婚約指輪をプロポーズに用いないケースも増えてきました。今回はプロポーズに指輪が本当に必要なのか女性の意見をまとめました。ぜひ、プロポーズをお考えの男性は参考になさってくださいね。

婚約指輪が必要でないという女性の意見

現実派な女性や、交際当時から誕生日プレゼントは旅行や食事など形に残らないものを希望されることが多かったりすると婚約指輪を贈ること自体が不要の場合があります。どんな理由があって「不要」としているかみてみましょう。

①自分の好みでない指輪をプレゼントされたくないという意見

これはプロポーズでサプライズを相手に仕掛けた場合に多くあてはまる理由です。求婚を受けたときは驚きと喜びから指輪のデザインが気にならなかったものの、冷静に貰った指輪を見てみると理想と異なっており、がっかりしてしまう場合があります。
これは贈った側もショックを受けてしまいますよね。婚活をしなかった女性もファッション誌などで婚約指輪や結婚指輪の特集を対象年齢がアラサーなどの結婚適齢期の女性をターゲットにした媒体で多く組まれることが多いことから、「プロポーズされるときはこの指輪を貰いたい!」と憧れを心に抱いていることがあります。お相手がサプライズされなくてもいいからこだわりや憧れがあるものなので納得がいくものを贈ってほしいという場合はプロポーズと婚約指輪の購入を分けて、指輪は後日一緒にジュエリーショップに見に行きましょう。

②そもそも婚約指輪に必要性を感じないという意見

もともと普段からジュエリーを身に着ける習慣のない女性や、二人が結婚相談所経由やお見合いなどがトントン拍子で進み、婚約から入籍までの時間が少ないカップルや交際開始イコール求婚の申し出になっていて、プロポーズ自体がない場合があります。
これらのケースに当てはまると身に着ける期間の短いものに費用をかける必要が無いとお相手が思っている場合があります。この場合、お相手からそのことをオープンに話す傾向が強いので結婚を意識し始めたときに軽く確認しておくと安心です。

やっぱり婚約指輪がプロポーズには欠かせない「肯定派」の意見

女性は誰もが一度は憧れるエンゲージリングのプレゼント。男性から指輪をはめてもらう場面なしのプロポーズは物足りない…と感じる女性側の意見です。

①お相手の両親が望んでいる場合

お相手自身ではなく、お相手の両親が求婚は婚約指輪ありきのものだろうという考えを持っている場合があります。日本では一昔前までは結納の記念品として指輪を贈っていたことからお相手だけでなく、お相手の家族に対しての「誠実さ」や「責任感」を示す贈り物としての意味合いが強いようです。

②単純に憧れているという意見

例え自分の好みの指輪を贈られなくても、大好きな彼が自分を想って選んでくれたものならば何でも嬉しい!と、プロポーズ自体に憧れがあって指輪には特にこだわりが無いお相手に多く当てはまるパターンです。
一生懸命選んだものをお相手が受け取って喜んでいる姿を見ると、こちらもとても嬉しくなりますよね。お相手にとっても一生に一度のことなので、憧れを叶えて思い出に残るプロポーズを実現させましょう。

③婚約指輪で男性の経済力を判断するというシビアな意見も

一方でこんなシビアな意見もありました。婚約指輪は純金やプラチナをアームに使用し、ダイヤやルビーといった高価な宝石を載せるので指輪自体の値段が高い上に、一流のジュエリーブランドが手がけるデザインのものはさらにその値段は膨れ上がります。
ブランド好きの女性だけでなく、一生に一度のことなので、「指輪と引き換えにお嫁に行く」という考えが強いお相手の場合、自分の価値に相応しい指輪でないと足下を見られたと受け取ってしまう可能があります。お相手がこの意見に当てはまる場合は指輪の購入は早めに計画を立てて予算を決め、相手が気に入るものをしっかりと吟味して慎重に進めた方が賢明です。

指輪の他におすすめの贈り物

プロポーズの時に指輪を望んでいない場合でも何か贈り物をしておいた方がお相手に喜ばれるかもしれません。指輪以外にもプロポーズの時におすすめのプレゼントをご紹介します。

①華やかさを演出するバラの花束

指輪の次に定番のアイテムです。その中でもバラの花束の人気は不動のものです。色や本数によっても意味合いは変わり、赤いバラを永久(とわ)にあなたのことを愛し続けますという意味を込めて108本の花束を相手に贈る男性も多く見られます。
また、プロポーズをされた喜びをInstagramなどのSNSでアップする際の写真映えもしやすいのも花束をプレゼントするメリットの一つです。花束を贈るときの注意点としてはバラの色によっては結婚や婚約に不向きの場合があるという点です。例えば、黄色のバラは「平和」の花言葉を持つ一方で、「嫉妬」や「薄らぐ愛」といったマイナスイメージを持つ意味合いが含まれています。そのほかにも黒いバラは「恨み」という花言葉が含まれることから、花束を用意するときには注意が必要です。用意するときはプロポーズ様にブーケを作って欲しいとお花屋さんのスタッフに伝えるようにしましょう。また、レストランなどで花束を渡す際は花の匂いで気持ち悪くなって食事が進まなくなってしまわないように渡すまでの保管先を事前に確保することや、花を傷めずに相手に届け、持ち帰りの際に相手に負担にならないように段取りするなど気を配りましょう。

②宝石のついたネックレス

婚約の記念品としてもおすすめのネックレスは指輪よりも気軽に着けられるメリットがあります。指輪はものに触れることの多い部位に身に着けるため、どんなに気をつけていても何かの拍子に指輪を着けている手が硬いものにぶつけたり触れたりした拍子に大事な指輪にキズがついてしまう可能性があります。
その点ネックレスはあまりものに接触する心配の無いデコルテまわりに宝石が来るので安心です。婚約指輪と同様にお相手の誕生石や王道のダイヤモンドを配置することが出来、ある程度予算をかけることも可能なので婚約の贈り物としても見劣りをしない点もおすすめのポイントです。

③ペアで着けられる腕時計

お相手が仕事をしている場合はペアウォッチもおすすめの贈り物です。婚約指輪よりも実用性があっていつでも身に着けられるものを望んでいるお相手にぴったりのアイテムです。婚約指輪の場合は女性だけが身に着けるものですが、ペアウォッチは男性側も普段使い出来るものなので、プロポーズの記念品を二人で身に着けることで婚約から結婚に向けて気持ちがより一層高まるでしょう。
また、さりげないお揃いが叶う記念品なので、タイミングを選ばないというメリットもあります。職場では基本的に婚約指輪を着けるのは相応しくないとされていないことが一般的ですが、腕時計に関しては特に規制がないところがほとんどです。ペアリングやお揃いの服などカップルで同じものを身に着けるのが恥ずかしいシャイなお相手にも腕時計なら喜ばれる場合もあります。

④形に残らないものを望むお相手には旅行はいかが?

お相手が高価なジュエリーや贈り物を望んでいない場合は「思い出」をプレゼントするのもおすすめです。最近はあまりものを持たない「ミニマリスト」の考え方が広まっており、指示されている人が多いことから、普段から使わないもの以外を持たず、最低限の持ち物だけで暮らしたいという考えの人が増えています。
普段使い出来るようなデザインの指輪もありますが、やはりお手入れや正しい保管方法を怠るとその価値は下がってしまいます。お相手が婚約指輪をb不要としている場合はその代わりに記念として温泉旅行で良い旅館に泊まる旅やラグジュアリーなホテルでのディナーや宿泊をプレゼントするのも喜ばれます。

まずはお相手の意見を聞いてみよう

どんなに一緒にいてもお相手の本音がわからなくなる場合もあります。そのときは共通の友人に頼んで聞いて貰うのも手です。あなたに気を遣って本音が話せないだけなのかもしれません。
また、恋愛ドラマや映画を一緒に観たときにさりげなく会話の流れで聞いてみるのも良いでしょう。サプライズを計画している場合はあくまで自然な会話の中でさらっと聞くことが大切です。事前のリサーチをしっかり行うことでより相手に喜んでもらえる贈り物のヒントを得ることが出来ます。

一度はいらないと言っても後から心変わりすることも

女性は男性よりも流行りや周りの意見に敏感なことがあります。そのため、一度はプロポーズに婚約指輪はいらないと言っていても、SNSなどでお相手と仲の良い友達がサプライズプロポーズの際に指輪を貰ったという幸せそうな投稿を見てやっぱり私も指輪が欲しい!とうらやましくなることも珍しくはありません。
その場合は女性側からあなたにサインを出していることがあります。あなたと話しているときに頻繁にお相手の友達が指輪を婚約者から貰ったことを話していたり、ワイドショーを観ていて芸能人の結婚のスクープに、こんなプロポーズに憧れるなと漏らしていたりしていませんか?もしかしたらお相手の「実は婚約指輪が欲しい」というメッセージが隠れているかもしれないので、話している内容に変化はないかよく注意しておく必要があります。


いかがでしたでしょうか。
女性にとって男性からのプロポーズの言葉と一緒に指輪を貰うことは誰もが憧れるシーンと言われていますが、お相手が一度は憧れを抱いてもそれぞれの環境や考え方によっては指輪がいらなかったり、別のものの方が喜ばれたりする場合があります。
普段からお相手の好みや考え方をよく知っておくことがプロポーズ成功において重要なことです。是非お相手のさりげない会話などのコミュニケーションにも注目して本音に注目してみましょう。

 

作成:2019.2/11(更新:2020.12/15)

あなたにおすすめの記事