結婚相談所の基礎知識 結婚相談所の費用

結婚相談所を使うときには費用が発生します。どのような料金設定になっていて、どの程度の費用がかかるのか気になる人は多いでしょう。お見合いをするのにも料金が発生し、他にもさまざまな名目でお金がかかるため、事前に料金システムや費用について詳しく知っておくことが大切です。
それでは、結婚相談所の利用でかかる費用について、それぞれの項目ごとにみていきましょう。婚活のための費用に興味のある人は参考にしてください。

結婚相談所の初期費用

結婚相談所をこれから使う場合には最初に初期費用が発生します。相場としては5万円から10万円程度かかると考えてよいでしょう。だいたいどの業者であっても、それほど違いはありません。
初期費用の内訳としては入会金と登録料が含まれているパターンが一般的です。入会する際に発生するのが入会金であり、こちらは男女によって料金設定が異なっている場合があります。登録料はシステムに登録するための費用です。プロフィールを作成して、システムに登録するための手数料のようなものと考えればよいでしょう。
初期費用については、割引が適用される場合があります。たとえば、紹介制度やキャンペーンなどを利用して、初期費用が無料になることもあるのです。最初にある程度の費用がかかってしまうことが気になる人は、初期費用の安い業者を探してみるか、キャンペーン情報を調べてみるとよいでしょう。

結婚相談所の月会費

毎月発生する料金として月会費があります。月会費は絶対に支払うべき費用であり、婚活を続ける限りはずっと発生し続けるため注意しましょう。したがって、婚活をする上でのランニングコストのようなものだと思えばよいです。
月会費については1万円から3万円程度の設定になっていることが多いです。ただし、コースやプランごとに月会費が異なっているケースがあります。より充実したサービスやサポートを受けられるコースやプランほど月会費も高くなっていきます。
また、休会というシステムがあり、その時に月会費がどのように扱われるのか注意しておきましょう。休暇中に月会費がまったく発生しないケースもあれば、減額となるパターンもあります。
総合的にみると月会費の負担は大きいため、特に注目しておくとよいでしょう。

結婚相談所のお見合い料金

お見合いをする際にも料金が発生することがあります。料金が設定されているかどうかは業者ごとに違うため注意しましょう。
もし、料金が発生する場合には、相場として平均すると5,000円程度の費用がかかります。ただし、お見合いのたびに毎回料金が生じる業者や、月の料金を支払えば無制限にお見合いできるパターンの相談所までさまざまです。具体的にどのような仕組みなのか調べておきましょう。
お見合い料金が発生しない場合は、その分だけ入会金や月会費が高く設定されているケースがあります。そのため、お見合い料金がないからといってお得とは限らないのです。トータルでどのくらいの費用が発生するのかを念頭に置くとよいでしょう。

結婚相談所の成婚料

成婚とは結婚が成立することであり、その際に成婚料が発生します。これは成功報酬のようなものであり、無事結婚が決まったならば最後に支払うことになります。ただし、成婚料のシステムについては、それぞれの相談所ごとに大きく異なります。
たとえば、結婚をして退会した場合にのみ発生するケースです。あるいは、一定期間交際が続いた場合に成婚料が発生するところもあります。また、そもそも成婚料が設定されていない相談所も存在します。
成婚料は一見するともったいないように思うかもしれませんが、成婚料を設定することで手厚いサポートを保証しているのです。そのため、けっして無駄にはならないでしょう。また、成婚料を設定していないところでは、その分だけ別の部分を高く設定しているものです。結果的にはそれほど費用に変わりがない場合があります。

成婚料は、5万円から20万円程度が相場です。かなりの違いがあるため、要チェックポイントといえます。また、男性と女性で成婚料の設定が違うパターンもあります。詳しい金額をチェックしましょう。

結婚相談所のオプション費用

結婚相談所はさまざまなオプションを用意していることがあり、使う場合には料金が発生します。婚活をサポートしてくれるものであり、利用価値の高いものがたくさん用意されているのです。
オプションはそれぞれの結婚相談所の個性が出るものであり、用意されているものは多種多様です。たとえば、洋服のレンタルプランを用意しているところがあります。お見合いやデートで着ていく服がなくて悩んでいる人を助けてくれるのです。1着数千円で借りることができて便利です。
お見合いの同伴や練習を用意しているところは多いです。たとえば、アドバイザーにお見合いの付添を頼む場合は、1回につき5,000円程度が相場です。お見合い練習では、会話や服装、マナーなどそれぞれのポイントについてアドバイザーにチェックしてもらうことができ、1万円ぐらいの費用が請求されるでしょう。デートの予行演習ができるという試みを実施している相談所もあります。異性との付き合いに慣れていない人でも徹底的にサポートしてくれるため安心できるのです。
これらのサポートを追加で活用すると便利なのですが、利用するごとに追加費用が加算されていくため注意してください。あまり利用しすぎてしまうと、かなりの費用がかかってしまいます。あらかじめどのオプションを活用するか考えておくとよいでしょう。

最終的にかかる費用について

結局、トータルでどのくらいの費用がかかるのか気になる人は多いでしょう。これまでみてきたように、結婚相談所の費用にはかなりの差があります。各項目ごとに相談所による違いがあり、利用期間や性別なども影響するため、利用者ごとに総額はかなり違います。
平均的には、半年利用した場合に30万円程度のお金がかかる人が多いようです。結婚するまでに時間がかかればかかるほど費用は高くなっていきます。逆に早く結婚することができると費用を抑えられるでしょう。
しかし、これからどのくらいの期間で結婚に成功するのかあらかじめ予想することは難しいです。充実したサポートを受けたとしても結婚が決まらないケースはあります。そのため、数十万円程度のお金を用意しておくとよいでしょう。余裕を持った資金を用意しておくことで、オプションをある程度自由に利用できるようになるというメリットがあります。

結婚相談所の料金や費用に関する注意点

料金について注意するべき点は、クーリングオフや中途解約についてです。実際に契約をした後でやっぱりやめたいと考えて退会するケースがあります。クーリングオフであれば、違約金が発生することなくやめることが可能です。しかし、契約が完了してから9日経過していると中途解約となります。この場合は違約金を請求されることがあるため注意しましょう。登録する際には、慎重に検討してできる限り中途解約は避けるべきです。
相談所によっては先払いができるところがあります。この場合、中途解約したときに残った期間分がきちんと返金されるかどうかは重要です。事前にサイトをチェックするか、問い合せて詳しく確認しておきましょう。さまざまな理由から中途解約するケースが考えられるため、返金制度の有無は大切です。
支払い方法にも注意しましょう。現金払いだけではなく口座振替やクレジットカードなどにも対応しているところが多いです。また、ローンを利用できるサービスも存在します。しかし、ローンを利用すると結婚できたとしても後でローンの支払いが発生して苦しむことになります。そのため、できる限りローンを組まずにあらかじめ資金を用意しておくことをおすすめします。

キャンペーンや特別割引などを用意している相談所は多いです。適用されれば料金が割引されてお得です。しかし、適用条件が設定されていて、それを満たしていないと料金が安くなりません。割引を受けたいならば、事前に細かく条件を調べておきましょう。たとえば、期間限定となっていたり、誰かからの紹介でないと適用されなかったりするのです。

結婚相談所は料金以外の点も重視するべき

サービスを選ぶ際に料金や費用だけを重視するべきではありません。基本的に料金が安くなるほどサービスやサポートの質が落ちると考えてください。
そうなると結婚することが難しくなり、サービスを使う期間が長くなるため、結果的に高額な費用がかかってしまいます。料金の安さだけに注目してしまうのは損をする可能性があるのです。
これから選ぶときには希望するサービスやサポートを受けられるのかを重視しましょう。その上で、予算の範囲内に収まるかどうかに注目します。そうすれば、お金の心配なく自分が望んだ通りの婚活を進められるようになります。

男女の費用の違い

実は結婚相談所の料金システムは男女で異なっているところもあります。一般的には男性のほうが料金設定は高い傾向にあります。
ただし、中には女性の料金を高く設定しているところもあるのです。たとえば、ハイスペックな男性が多く登録しているところでは、女性の料金を高くしています。
また、男女でまったく同一の料金システムを採用する相談所もあります。性別による違いについて注意しましょう。

 

いかがでしたでしょうか。
結婚相談所の費用についてまとめました。さまざまな名目で料金や費用が発生するため注意しましょう。
公式サイトをチェックしたり、カウンセリングで相談したりすることで、詳しい料金システムを教えてもらうことができます。

事前にどのくらいの費用がかかるのかを計算しておいて、予算を準備するとよいでしょう。キャンペーンや特典を利用することで安く利用できるケースもあります。
ただし、費用だけに注目するのではなく、受けられるサービス内容や質と照らし合わせてじっくり検討するようにしてくださいね。

 

作成:2019.9/16(更新:2020.11/27)

あなたにおすすめの記事