タイプ別付き合い方マニュアル バリキャリ女子

社会人1年目の時は、「◯歳までには結婚したい」「結婚したら仕事は辞めたい」など、結婚を夢見ていた女性。
そんな女性も仕事が忙しかったり、もっとキャリアを延ばしたいと考えたりした結果、いつの間にか、男性よりも年収のある「バリキャリ女子」となっている女性が多くいます。
しかし、周りが結婚し、家庭を持っている友人や同僚を見ると、「私も結婚したい」と思い、婚活を始める女性が今増えています。
男社会で働く男性にとって、「仕事ができる女性ってどうなの?」「結婚しても家庭を守ってくれなさそう」など、バリキャリ女子に対してネガティブな印象を持っている男性は少なからずいます。
また、婚活でバリキャリ女子と出会う可能性も低いため、出会った時にどのように関わればいいか分からない男性も。
そこで、今回はバリキャリ女子の特徴や攻略法、アプローチ法などをご紹介します。  

バリキャリ女子とは

バリキャリ女子とは、「バリバリ働くキャリア女性」のこと。 「この職業は女性がやる職業ではない」と言われていた仕事に憧れを持ち、人一倍努力した結果、男性と同等またはそれ以上に仕事ができる女性がバリキャリ女性と言われます。
弁護士や会計士、社長などが、バリキャリ女子の代表的な職業です。
また、今はバリキャリ女子ではなくても、若い頃から管理職を狙ったり、売上トップを常にキープしたりと、男性に負けないくらいストイックに働く女性も、将来バリキャリ女子になる可能性があります。

 

バリキャリ女子の特徴

バリキャリ女子は、仕事には努力を惜しみませんが、プライベートは自分に甘いなどの特徴があります。
ここでは、バリキャリ女子の特徴を3つご紹介します。

①プライドが高い

自分が担っている仕事に対して、誇りとプライドを持って懸命に頑張っているバリキャリ女子。
時には、上司と意見の食い違いで衝突することもあります。 しかし、どんなに辛い状況でも乗り越えてきた女性であるため、自信もあり、プライドも高いです。
プライドが高い女性に対して、「怖い」「自分勝手」などのイメージが強いですが、決してそんなことはありません。 周りから頼られる存在であるからそこ、”弱っている姿を見せてはいけない”という思いから、強がっているだけなのです。
男性は、バリキャリ女子が弱い部分を見せられるくらいの包容力を持つ必要があります。

②家事が苦手なバリキャリ女子も

バリキャリ女子は、仕事で外出している時間が長く、家には寝るためだけに帰宅するという場合も少なくありません。
朝早くから夜遅くまで仕事をしているので、食事は外食ばかりになってしまい、料理が苦手という女性も。
掃除や洗濯も1週間に1回など、家事全般を疎かになってしまうのです。 そんなバリキャリ女子が、理想とする結婚相手は家事全般をしてくれる男性か積極的に家事を一緒にしてくれる男性です。
女性に家事を全てしてほしいと思っているなら、バリキャリ女子との結婚生活は難しいかもしれません。

③恋愛は二の次

「仕事が忙しくて、恋愛している暇がない」、「仕事が楽しくて仕方がない」などの理由で、バリキャリ女子は恋愛よりも仕事を選ぶ人が多いです。
中には、恋愛から遠ざかっていた期間が長く、恋愛の仕方が分からないという女性も。 しかし、忙しい日々の中で一人で過ごしていることに寂しさを感じる時があります。
そして、仕事が落ち着いてきた時期に婚活を始めたバリキャリ女子が、婚活パーティーや結婚相談所などに多くいます。 バリキャリ女子は、若い頃は仕事に没頭していたため、30代40代になってから婚活を始める人もいますが、なかなか出会いがなく苦戦してしまう人もいるのです。  

 

バリキャリ女子の恋愛傾向

恋愛に消極的なバリキャリ女子。 しかし、そんな女性も理想の男性像があります。
ここでは、バリキャリ女子の恋愛傾向を3つご紹介します。

①キャリアのある男性に惹かれる

バリキャリ女子は、仕事への向き合い方や考え方、価値観など尊敬できる男性に惹かれます。
そのため、自然と自分よりもキャリアが上だったり、年収が高かったりする男性を好む傾向があります。 バリキャリ女子に対して理解して欲しいことは、”お金目的ではない”ということです。 お金は、男性に求めなくても自分で稼ぐことができます。
ハイステータスの男性を好みますが、女性は男性のことを尊敬しているから、交際・結婚したいと思っているのです。

②結婚しても仕事を続けることを承諾してくれる

バリキャリ女子の生きがいは、仕事です。
女性から仕事を取り上げてしまうと、これからの人生をどう生きたらいいか分からなくなってしまうほど。 それくらいバリキャリ女子には、仕事という没頭できることが必要なのです。
男性の中には、結婚したら家庭にいてほしいと思っている人もいるでしょう。 しかし、バリキャリ女子にはそれを求めない方が結婚生活もうまくいきます。
女性が、結婚しても仕事を続けたいと言っているのであれば、それを快く承諾してあげましょう。

③お互いに干渉しない関係でいたい

バリキャリ女子は、仕事が忙しいので男性から連絡が来ても返事をしなかったり、数時間経った後に返事をしたりと、男性への連絡は後回しにしてしまいます。 連絡が返ってこないことに、不安を感じる男性もいるでしょう。
しかし、連絡が来ないからといって女性に連絡するよう求めてしまうと、「束縛されている」と感じてしまい、女性の気持ちが冷めてしまいます。
「数日間連絡がなくても平気」、「デートは時間があるときでいい」など、それぞれの時間を大切にし、干渉し合わない関係をバリキャリ女子は望んでいるのです。  

 

バリキャリ女子と出会った時の注意点

恋愛よりも仕事を優先して来たバリキャリ女子は、男性よりも学歴が良い場合があります。
「仕事に学歴は関係ない」と考える人も増えていますが、やはり、仕事ができる人の学歴は気になりますよね。 また、出会った女性が学歴も年収も自分より上だった場合、その女性に対して嫉妬してしまい、女性のステータスだけを見て、「自分には釣り合わない」と避けてしまう男性もいます。
もし、婚活でそのような女性と出会った場合は、女性のステータスよりも内面を見てあげることがとても大切です。
年収は将来変わるかもしれませんが、学歴という過去はどんなに頑張っても変えることができません。 変えられないものを変えようとするのではなく、バリキャリ女子への理解や年収など、変えられるものを変えようとした方が、将来に役立つでしょう。  

 

バリキャリ女子とのお見合い攻略法

①女性の努力を褒める

バリキャリ女子は、人一倍仕事を頑張っていますが、職場仲間から褒められることには慣れています。
しかし、将来結婚するかもしれない男性からの褒め言葉は、新鮮で嬉しい気持ちになります。 ”職場以外でも自分は認められている”と自信に繋がり、緊張もほぐすことができるのです。 男性も、女性から仕事の頑張りを褒められると嬉しいですよね。
女性の努力を褒める時は、「僕も仕事を頑張ってます」と張り合うのではなく、尊敬の気持ちを忘れないようにしましょう。

②ライフプランを話し合う

結婚したらどんな家庭を作りたいか、働き方などをお見合いの時に話し合うと、交際に進みたいかの判断材料にもなります。
バリキャリ女子の中には、結婚後は夫婦2人でいたいと考える女性もいます。
子供が欲しいと思っている男性は、もしかすると、女性の理想の家庭像に共感できないかもしれません。 お見合いの時点でそのようなことを話し合っておけば、交際に進んだ時、価値観の不一致に気付いて交際終了になることを未然に防ぐことができます。
ライフプランは人それぞれなので、お見合いの時に聞いておくとよいでしょう。

③趣味や好きなことを尋ねる

バリキャリ女子は、仕事以外に趣味があるか気になる男性も多いはず。
オンとオフを切り替えるために、旅行に行ったりスポーツをしたりすることが好きなバリキャリ女子も、もちろんいます。
しかし、「休日も家で仕事をしている」、「特に趣味や好きなことはない」という女性も少なからずいます。 もし、お見合いで趣味の話題になり、女性の趣味がないのであれば、男性の趣味に誘うチャンスです。
「息抜きで一緒に行きませんか?」と誘えば、次回のデートの約束ができますよ。  

 

バリキャリ女子へのアプローチの仕方

バリキャリ女子にアプローチする時は、適度な距離感がとても重要になります。
距離感が近かったり束縛したりなど、女性の仕事に悪影響を及ぼす場合は、嫌われる可能性があります。
反対に、全く連絡しなかったり、女性からの連絡を待っているだけでは、仕事の忙しさで男性の存在を忘れてしまうことも。
1週間に2回は連絡する、デートの約束をしたら、前日に確認するだけで他の日は連絡しないなど、一定の距離感を保つことを心がけましょう。  

 

バリキャリ女子とのおすすめデートスポット

バリキャリ女子とのデートは、癒しと非日常が味わえる場所がおすすめです。

①ドライブ

ドライブなら、日帰り温泉やハイキング、紅葉狩りなど日頃の疲れを癒せる場所に行くことができます。
少し遠出をして、美味しい料理を食べに行くのもおすすめ。 1日デートができるなら、日中はドライブで夜はレストランで食事などはいかがでしょうか?
また、夕方からデートの場合は夜景を見に行くだけでも非日常を味わうことができますよ。

②テーマパーク

普段は落ち着いているバリキャリ女子も、テーマパークでは、子供の頃に戻ったかのように楽しく過ごすことができます。
テーマパークなら、女性の意外な一面を見ることができるかもしれませんよ。 次の日が仕事の場合は、早めに帰るなど、女性への配慮も忘れずに。

③陶芸や蕎麦打ちなどの体験

非日常を味わうなら、普段できないことに2人でチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
共同作業で作品を作れば、2人の仲もグッと深まるはず。 体験したことで、それが趣味になったり、共通の話題になったりもします。
遠出をしなくても、街の中に体験工房もあるので、これまでとは違ったデートがしたいなら、ぜひ誘ってみましょう。 いかがでしたでしょうか。
バリキャリ女子は、真面目で努力家ですが、女性が放つ雰囲気から、関わりづらいと感じることもあるでしょう。しかし、自分の考えや意思を持っており、とても頼れる存在です。 バリキャリ女子と結婚したいなら、将来どのようになりたいか、
どんな家庭を築きたいかなど、価値観を早めに知っておくことで、お互いの理想の結婚生活を送ることができるでしょう。
ぜひ、素敵なバリキャリ女子と出会ってくださいね。

作成:2020.11/8(更新:2020.12/16)

あなたにおすすめの記事