BICパーフェクトガイド:結婚相談所での平均的な活動期間は?

結婚相談所での平均的な活動期間は?

大手の結婚相談所では会員の在籍期間を公表しているところが多く、それによるとステキなお相手と出会ってから交際して成婚退会するまでの期間は、1年前後という人が多いようです。 とはいえあくまでこれは平均。中にはすぐに良い人と出会って3ヶ月で結婚する人もいれば、2年在籍する人もいます。2年が長いということではなく結婚相談所で1年程度、長くても2年ほどで結婚できるなら、ずいぶん短い期間だといっても良いのではないでしょうか。 結婚相談所には結婚を真剣に望む男女が集まります。その中からお相手を選ぶので効率よく婚活を進めることができるのです。 ダラダラとムダに長い時間をかけたくないという人には、結婚相談所での婚活がおすすめです。

■在籍期間は1年前後

ロールキャベツとは、お肉の塊をキャベツで包んで煮込むボリューム満点の肉料理。 そんなお肉料理に例えられたのが、ロールキャベツ系男子です。 性格は、基本優しく穏やか。 見た目も、派手なファッションではなく、シンプルで落ち着いたファッションを好みます。 しかし、肉食系男子の特徴でもある、「明るい」「ポジティブ」「積極的」などの要素もあるため、男女問わず人気ものです。 仕事になるとリーダーシップを発揮したり、物事をはっきり言えたりなど、見た目とは違った印象を与えて、周りを驚かすこともあります。 頼りなさそうに見えますが、実は男らしく頼り甲斐のある存在です。

■在籍期間は長ければ安心?

結婚相手を探すのにじっくり時間をかけるのは、決して悪いことではありません。とはいえ、結婚までの期間は長ければ長いほど良いというものでもありません。 自由恋愛の場合、多くのカップルが出会ってから交際して結婚に至るまで数年かかっています。しかし時間をかけたからといって恋人が結婚相手としてふさわしいかどうかを確実に見極めることはできません。 それに比べて結婚相談所では、出会いから結婚までがかなり短いといえます。しかしこれは安易に相手を探すからというものでは決してなく、結婚を真剣に考える男女が集まっているからこそのこと。結婚を前提にした出会いだからこそ、相手が結婚にふさわしいかどうかを冷静に見極めることができるのです。

■在籍期間が短いと心配?

じっくりと時間をかけて成婚に至る人がいる一方で、結婚相談所に入会してから2〜3カ月で成婚退会する人も少なくありません。あまりに短いと不安に思う人もいるかもしれませんが、結婚というのはそもそも縁とタイミング。 どんなに愛し合うカップルでも縁がなくて結婚に至らないというのは昔からよく聞く話です。結婚相談所にはご縁を感じたらすぐにでもという人も多く、もともと真剣に結婚を考える者同士なので、スピード結婚してもなんら不思議はないのです。 また、結婚にはタイミングも重要です。たとえば、初めてのお見合いで相手に好感を持ったのにその時はまだ結婚は早いと思い交際を見送ったところ、それから何度お見合いしても最初よりステキな人が現れず後悔するというパターン。 つまり、結婚には縁やタイミングがつきものなので、出会いからの時間だけでは一概に判断できません。

■早めに成婚退会する人の特徴

短い在籍期間で結婚が決まる人にはどのような共通点があるのでしょうか?彼らの特徴を真似することで、皆さんの成婚退会が早まるきっかけになるかもしれません。

●自分から積極的に動く

成婚までが早い人は皆さん婚活に積極的。 早くステキな人に出会いたいなら、お見合いはなるべく多く申し込みましょう。1人の人の返事をずっと待っているより、複数同時に申し込んでおく方が選ばれる確率も上がります。 また、結婚相談所が主催するイベントにも積極的に参加しましょう。条件検索されたマッチングだけでは出会えない人とも知り合うことができます。一般的な婚活パーティーに比べて真剣に婚活している男女ばかりが参加しているうえ、スタッフが仲をとり持ってくれることも多いので、こうした企画で出会って結婚に至るカップルは珍しくありません。

●相手を受け入れられる

理想の条件に合った相手を探すことは大切ですが、条件がきびしすぎると異性から敬遠されかねません。一方的な理想ばかりを求められても、あまり良い印象を持つ人はいないでしょう。 結婚を真剣に考えている男女だからこそ、こうした細かい言動も見ています。相手にどう思われるか想像することを忘れずに。 また、当たり前ですが希望条件がゆるい人の方がより多くの人と出会うことができます。 今やひと昔前に流行った高収入・高学歴・高身長という、いわゆる「三高」よりも性格や価値観を重視する人が増えているのをご存知でしょうか?結婚後に変化するかもしれないスペック重視から、一生をともに過ごすのに居心地の良い内面性重視へと変化しているのです。

●ポジティブで素直

たった1回お見合いしただけで成婚に至る人もいれば、何度もお見合いしているのになかなかその先に進めない人もいます。10回以上という人もざら。
お断りされて落ち込むのもわかりますが「ご縁がなかった」と気持ちを切り替えて、前に進みましょう。「次があるさ!」というくらいの気持ちで婚活を続ける根気の強さも大切です。 また、結婚相談所ではお見合い前後のフォローや交際中のアドバイスが入ります。
プロのアドバイスを素直に聞いて長所を伸ばし、短所を直すことが大切。不安も解消され、婚活を続ける自信にもつながっていくでしょう。

■成婚退会までが長い人の特徴

では逆に、成婚退会までが長い人にはどのような共通点があるのでしょうか?

●受動的で結婚相談所まかせ

結婚相談所に入会したらそれでおしまい、ではありません。
アドバイザーは皆さんが1日でも早く幸せな結婚をするために一生懸命サポートしますが、その相手を探すのも決めるのも、結婚をするのも自分自身。この先長い一生をともに歩むパートナーを選ぶのですから、人任せにせず自分から積極的に取り組む姿勢が必要です。
異性からのお見合いの申し込みやお誘いを待っているだけでは、いつまでたっても先に進むことはできません。
自分からどんどん申し込みをして、お相手からも選ばれる人になりましょう。

●希望相手の条件がきびしい

結婚相談所はお金を払って理想の相手を探すところなので、もちろん希望する条件の中からお相手を探すことは可能です。
しかし、当然ながら条件がきびしいと出会える人の数も限られてしまいます。 なかなかいい相手が見つからない時は、客観的に自分を見て条件を見直してみましょう。
思っている以上に理想が高くなっているのかもしれません。条件を少しゆるめることで出会いの数が広がるはず。また、条件に見合った自分になるよう努力するのもいいでしょう。
また、お見合い相手が自分の好みでないといってすぐにお断りするのもNG。たった1度のお見合いで理想の異性と出会えるなんて非常に稀な話です。
早く成婚退会した人のほとんどが、数回デートしてみてから次に進むかどうかを判断しています。

●アドバイスを聞かない

長い期間婚活を続けている人にかぎって、アドバイザーの助言を聞き入れないケースが多く見られます。
婚活事情を熟知しているアドバイザーたちは婚活の強い味方。そのアドバイスに耳を傾けないのは時間をムダにしているようなものです。
スタッフから客観的なアドバイスがもらえるのは、マッチングアプリや婚活パーティーにはない結婚相談所の特権。特権を生かして婚活を有利に進めましょう。

■成婚退会を早めるコツ

じっくりと婚活するのではなく、少しでも早いうちに成婚退会したいという人は、ある程度の目標期間と結婚相手に求めるイメージを決めておくのがおすすめ。
結婚相談所には活動期間を決めなければならないとうルールはありませんが、自分の中で決まっていれば、それに向かって積極的に行動しようとするはず。 いつ誰とどんなご縁があるかわからないのが結婚相談所です。チャンスを逃さないためにもスピーディーな婚活を心がけましょう。
また、結婚相手に求めるイメージがはっきりしていることも大切です。「結婚したい」という漠然とした想像ではなく、結婚相手をくっきりさせてアドバイザーに伝えることで成婚までの対策を考えてもらえます。
もちろん、結婚はお相手あってのことなのでお断りされることもあるでしょう。しかしすぐに気持ちを切り替えて、積極的に婚活を続けることが成婚への近道です。
なぜ断られたのか反省しきちんと改善することで、その後の婚活に生かすことが大切なのです。

■結婚相談所は費用が高い?

結婚相談所というと費用が高いイメージを持っている人も少なくないようです。しかし何にでも費用がかかるというものではなく、それぞれの相談所によってさまざま。 一般的に入会費や月会費、お見合い料や成婚料といった費用がある以外にはほぼ費用はかかりません。
相談所によっては月会費やお見合い料が発生しないところも。 あえていうならこれ以外に会員の皆さんが負担するのは、デート代くらい。しかしデート代は自由恋愛でもかかるものですし、それをもったいないと思って婚活する人はいないでしょう。
結婚相談所だからお金がかかるというより、婚活やデートをしたらある程度の出費があるのは当然のこと。もちろん、早めに成婚退会できればそれだけ費用も低く抑えることができます。 いかがでしたでしょうか? 結婚相談所に在籍して婚活する期間は人によりさまざま。 とにかくいち早く結婚して退会したいと思いながら婚活している人も大勢いらっしゃいます。
もちろん早いに越したことはないかもしれませんが、かといって焦りは禁物。
早く成婚退会すれば、必ずしも幸せな結婚生活が送れるというものではありません。早さばかりに意識が行くと焦りが生じて、大切なことを見落とす恐れも。 将来を添い遂げるステキなパートナーと巡り合うためには、在籍期間だけにこだわらずしっかりと相手を見極めましょう。

作成:2020.12/6(更新:2020.12/25)

あなたにおすすめの記事