どの年代が一番多い?結婚相談所の年齢層について

結婚相談所でご活動されている方の年齢層はどの年代の方が多いのでしょうか。婚活適年齢は20代後半~30代ですので、そのあたりが多いのかな?とお考えの方が多いのかもしれませんね。
今回は結婚相談所に登録されている年齢層や、人気のある年齢、年齢別の活動状況や傾向などについてご紹介いたします。

結婚相談所に登録している会員の年齢層

当相談所も加盟しております、日本結婚相談所連盟(IBJ)によると、2019年時点で男女合わせて68,407名の会員さまが登録しており、
年代別の内訳は以下の通りとなっています。

https://www.ibjapan.com/check/

こちらのグラフが示す通り、結婚相談所で最も多い年齢層は30代~40代前半となっており、全体の約57%を占めています。また最も多く登録されている方の年齢は35歳~39歳の方です。
このようにみてみると、みなさまがイメージするよりは上の年齢層がボリュームゾーンになっていることが分かりますね。

逆に20代の割合が少ないことに驚かれた方もいらっしゃるかもしれませんが、これは結婚相談所というものは、すぐにでも結婚したいという意識のある方が登録される所だからです。
2019年度の結婚平均年齢は男性31.2歳、女性29.6歳となっており、現状では結婚について強く意識をされるのが早くても20代後半~ということになります。そのため、30代以上がボリュームゾーンとなっているのです。
また男性の方の場合、ご自身の収入が家庭を持つことを考えられるレベルに達するのが30代後半~となるため、この年代でご登録される方が多くなっています。

結婚相談所で人気のある年齢層

結婚相談所で人気のある年齢層ですが、男性と女性とで異なります。
男性の場合は、30代が結婚適年齢であるため、人気の年齢層となりますが、年齢よりも年収が大きく影響する傾向があります。
30代で年収500万円以上ともなると、多くの女性が理想としている年齢、年収と合致するため、多くのお見合いの申し込みが殺到することになります。将来設計も含めて考えると、30代前半で高年収の方ほど人気が集中することになります。
女性はご自身と同じ年代のお相手を求める傾向にあるため、申し込みをされるのは25歳~39歳までの年代の女性となります。

女性の人気の年齢層は、20代~30代前半までの女性です。20代の会員さま自体が少ないため、20代女性には多くのお申込みが殺到します。男性は30代までの方ならば同年代の方と結婚を希望される傾向がありますが、40代以上の方も20代~30代前半までの女性との結婚を希望されることが多くなっています。
そのため、20代~30代前半までの女性にはあらゆる年代からのお申込みが来ることになります。女性に関していえば結婚相談所での活動をお考えなのであれば、少しでも早いうちに登録された方が有利だと言えるでしょう。

年代別に見る活動状況や婚活の傾向

それでは結婚相談所に登録されている会員さまの年代別の活動状況や傾向についてご紹介いたします。

・20代

現状20代会員さまは他の年代に比べれば少ないのですが、女性で20代からご登録される方が増加傾向にあります。

これまでは女性も男性と同じように社会的地位を得て、社会でバリバリ働くことが推奨され、今では共働き家庭が7割を超えるようになりました。
それにより、晩婚化による少子高齢化問題、高齢出産による不妊治療問題など、様々な社会問題がクローズアップされるようになりました。
女性管理職が増えたり、女性が活躍できる社会になるのは良いことですが、これらの問題が身近になったことで、早めに結婚した方がよいと意識をされる方が増えてきているのです。最近では大学在学中にご入会される女性もいらっしゃいます。
20代で結婚相談所に登録されると、女性の場合は多くの申し込みが殺到するため、結婚適年齢の高年収の男性と結婚できるチャンスがありますが、あまりに多くのチャンスがありすぎるため、条件だけで会わずにお断りしてしまったり、なかなか決めきれない事態になることもあるようです。
男性の場合は、20代で登録される方は少ないのですが、20代で一定の収入のある方は同じく20代の女性からの申し込みが多くなります。同年代の方と早めに結婚したいとお考えの場合は、有利な立場だと言えるでしょう。
ただ、あまり結婚に対して焦りがないためか、活動はそれほど積極的でない傾向がありますので、チャンスをのがさないためにも、積極的に動いていくことが大切でしょう。

・30代

30代は結婚適年齢世代であり、男女ともに人気が高く最も活動が活発な年齢層です。
大体20代後半から結婚を意識し、なんらかの方法で婚活をしてみたが上手くいかず、結婚相談所に登録を決めた方がほとんどです。そのため、婚活での苦い体験を踏まえて結婚の意識を高く持っている方が多く、スピード結婚されるカップルも多い傾向にあります。
男性の方は30代前半の方は20代女性に申し込みをされる傾向にありますが、20代会員自体が少ないため、同年代~5歳上までに広げて活動することで、ぐっとお見合い成立の確率が高くなります。
女性の場合は、同年代の方かつ高年収の男性にお申込みをされる傾向がありますが、会員数が多いため当然のことながら非常に高い競争率になっているのが現実です。申し込みをしてなかなかお見合いが成立しないようであれば、申し込みの年代を5歳~10歳まで引き上げてみましょう。
また、30代後半からはシングルマザーも含まれるようになります。同年代の男性は初婚の方を望む傾向があるため、40代以上の精神的にも年収的にも落ち着いた方と成婚しやすいようです。

・40代

40代は、30代に次ぐボリュームソーンです。40歳~44歳の方は会員全体の中でも2番目に多い年齢層です。この年代になると、バツイチなど初婚以外の条件の方が含まれるようになります。
30代後半女性と40代前半男性カップルは、精神的にも収入的にも落ち着いていますので、成婚されやすい組み合わせとなっています。

40代男性の方は、ご自身よりも若い20代~30代の女性を求める傾向があります。年収が相当高い方であれば、20代の方とも成婚できるチャンスもありますが、平均的な年収の方の場合は、年下女性ばかりに申し込みをしてもなかなかお見合いが成立しないでしょう。
なぜならば、女性は何度も記載していますように、自分と同じ年代の方とのご結婚を希望されているためです。30代は最も多くの会員さまが活動しているため、同じ位の年収の30代男性から申しこみがあれば、太刀打ちできないでしょう。
お見合いを成立させるには、同年代女性を対象にすると、成立する確率がぐっと高くなります。
40代女性は、同年代男性に申し込みをされる方がほとんどなのですが、40代男性の傾向からなかなかお見合いが成立しにくくなっているようです。特に40代男性はまだお若いという認識と、子どもが欲しいという希望があるためです。
そのため、なかなかお見合いが成立しないのであれば、ご自身の年齢よりも対象を引き上げる必要があるでしょう。

・50代

50代となると、会員さまの数がぐっと減り、初婚以外の方が多くなる年代です。なにかしらの理由で離婚歴があり、お子様が成人される年齢で再婚を決意されることが多いようです。
50代以上の方でも、男性の方は年下女性を求める傾向にありますが、多くの方は40代~同じ50代をターゲットにして活動されています。同じような境遇の方と成婚されるケースや、40代初婚女性と結婚されるケースが多いようです。
50代女性は、同年代の男性でかつ老後の心配からか、高年収の男性にお申込みをされる傾向があります。ですが、50代男性も年下女性を求める傾向があること、同じように考えている方の申し込みで競争が厳しくなるため、年収にこだわるとなかなかお見合いが成立しないでしょう。

・60代~

60代以上となると、シニア婚と呼ばれる年齢層となります。リタイア後の人生を一緒に過ごす伴侶が欲しいということで、結婚という形だけにはこだわらない方も多く活動されています。
シニア婚同士となると、極端に年齢差がある方よりも、同年代同士で成婚退会される方が多くなります。離婚歴があるもの同士の場合、お子さまは既に成人されているので、お互いに自立した大人同士、比較的スムーズにことが進むようです。
女性はやはり老後の生活の安定のために高年収の男性を求める傾向がありますが、60代以上ともなると仕事をリタイアして年金暮らしという方も多くなります。年収だけにこだわらず、ご自身の人生においてどんな人と暮らしていけると幸せか、ということに焦点を置いて活動される方が良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。
結婚相談所の年代は、皆さまが想像されていたものとは少しズレがあったのではないかと思います。結婚相談所の特長として、他の婚活手段よりも最も結婚意識が高い方が登録される所となっています。
大体20代後半位に結婚を意識される方がほとんどなのですが、他の婚活を全くしないで、いきなり結婚相談所に入会しよう!という発想になられる方は少ないようです。20代のうちは合コンや友だちの紹介でお付き合いをしたり、婚活パーティーに参加したり、婚活アプリをしてみたりと、様々な婚活を体験されることでしょう。
そのような婚活、恋愛経験を踏まえ、結婚の意識が高まった結果、結婚相談所に入会を決める方が多いからです。
しかし今回ご紹介させていただきましたように、男性、女性ともご結婚の意思があるのならば、少しでも早いうちにご登録される方が相談所の活動において有利なのは事実です。結婚したい!と思ったときが入会のときです。ぜひお気軽に最寄りのサロンまでご相談に来てくださいね。お待ちしております。

作成:2018/7/13(更新:2020.12/11)

あなたにおすすめの記事