結婚相談所を複数利用するメリットとデメリット

婚活の手段は結婚相談所以外にも婚活パーティーや、アプリなどがあるため、併用している方は多いと思いますが、結婚相談所自体も掛け持ちをされている方がいらっしゃいます。 今回は結婚相談所の複数利用いただくことのメリットとデメリットについてお伝えいたします。

結婚相談所の複数利用は可能?

まず、結婚相談所の複数利用は可能か否かということですが、結論から申し上げますと『可能』です。実際に複数登録して活動されている方はいらっしゃいます。 結婚相談所は入会したら、絶対に他の所に行ってはいけないということはございませんし、結婚相談所といっても、仲人型、データマッチング型があり、加盟している連盟や独自会員の違いで出会える会員数にも違いがあります。 また、結婚相談所ごとに受けられるサービスや特典なども違うため、出会いのチャンスを広げたい、それぞれの良いところを掛け合わせてより効率的な婚活をしたいとお考えの方は、複数入会されているようです。 それでは、結婚相談所を複数利用される場合のメリット、デメリットについて細かくみていきましょう。

結婚相談所の複数利用することのメリット

①出会いの幅が広がる

結婚相談所を複数登録することの大きなメリットは、出会える人の数が格段に増やすことができる点でしょう。結婚相談所はオーネットのように自社会員で運営している場合もあれば、当社のように自社会員+日本結婚相談所連盟(IBJ)、全国結婚相談事業者連盟というように自社会員と連盟加入している場合もあります。 また、連盟も当社が加盟している連盟以外のものもありますので、登録する結婚相談所の連盟や会員が被らないようにすることで、10万人以上の異性から選ぶことができるようになります。 これだけ多くの会員から選ぶことができるわけですから、必ずご自身が理想とされる方が見つかることでしょう。

②各相談所の利点を利用して効率的に婚活ができる

上述しました通り、結婚相談所といっても様々なタイプがあり、受けられるサービスも様々です。例えば当社はデータマッチング+仲人の併用型となっていますが、完全仲人型のところもあれば、データマッチング型、インターネット型のところもあります。 それぞれにメリット、デメリットがありますので、併用することでいわゆる良いとこどりをすることが可能です。仲人型のみの相談所ならば、データマッチングのみの相談所と組み合わせても良いでしょうし、仲人型+仲人型で2人のアドバイザーからのサポートを受けられるようにしても、様々な意見が聞けて良いでしょう。 また、サービス面でも、当社は運営母体が婚活パーティー事業のため、結婚相談所のサービスと合わせて婚活パーティーの割引サービスも受けることができるようになっています。 他の所では、詳細な婚活診断が受けられる所、年齢や特定条件で割引サービスが受けられる所、成婚後の結婚式場の割引サービスが受けられる所など、相談所によってさまざまな特長がありますので、これらのサービス複数受けられるというのも大きなメリットでしょう。

③スピード成婚することが可能

①②のメリットから、1つの相談所で活動するよりもはるかに多い出会いのチャンス+各相談所の利点を生かして良いとこどりができるわけですから、スピード成婚できる可能性が格段に上がります。 次に述べるデメリットの面からも、複数活動する場合は短期集中型で活動することが望ましく、ご自身が最適と思う方法で質の高い出会いを数多くこなすことで、スピード成婚に繋がりやすくなるでしょう    

結婚相談所の複数利用することのデメリット

①費用負担が大きい

結婚相談所を複数利用することの最も大きなデメリットは費用面でしょう。結婚相談所の費用は、他の婚活手段と比べても高額となっています。結婚相談所と婚活パーティー、結婚相談所と婚活アプリなどで同時進行される方は多くても、結婚相談所を複数併用される方は少ないのは、費用面の負担が大きすぎる点にあるでしょう。 そのため、結婚相談所を複数利用されるのであれば、ある程度の費用をご用意できる方でなければ難しいでしょう。また、メリットで記載しましたように、出会いのチャンスが多いということはそれだけお見合いをするということです。 お見合いごとに料金が発生する結婚相談所ならばそのたびに料金がかかりますし、お見合いに行くまでの交通費やお茶代もかかります。相談所に支払う以外のランニングコストも相応にかかることを覚悟しましょう。

②婚活に集中する期間が必要

普段はお仕事をしながら、結婚相談所に複数利用して、多数のお見合いをこなすのは相当ハードです。プライベートや趣味などは控えめにして、ご自身でこの期間は婚活に集中する!という期間を設ける必要があります。 このようにご自身で期間を決めておかないと、結局多くの選択肢があることを生かしきれず、ズルズルと婚活をすることになり、結局高額な費用と時間を無駄にすることになってしまいます。

③複数のやりとりを同時進行する必要がある

お相手を検索して、お見合いの申し込み、日程の調整、お見合い、デートの日…これらのやりとりを複数人同時進行ともなると、いつが何の日だっけ?という風にスケジュール管理が難しくなります。 しっかりご自身でスケジュール管理ができないと、アドバイザーから〇日のお見合いの件ですが…と連絡があった時にも、どの相談所のお見合いの件だっけ?という風になりかねません。 お相手や相談所に失礼がないようにするためにも、複数のやり取りが発生していたとしても、しっかりとスケジュール管理をするようにしましょう。

結婚相談所を複数登録して活動する場合の注意点

上記メリットとデメリットを踏まえて、結婚相談所を複数登録して活動する場合の注意点についてお伝えいたします。

①本当に複数利用が必要か見極める

まずは、本当にご自身にとって大きな金額負担を強いてまで複数利用が必要なのかどうかを見極めましょう。そのためにはまず最初の相談所でしばらく活動してみてからでも遅くありません。 最初の相談所でしばらく活動してみて、気に入っている点もあるがどうしても他の相談所のこのサービスを受けてみたいと思うものがあり、それが自分の婚活に有用である、というのであれば検討してみても良いでしょう。 その場合は、担当のアドバイザーに複数登録したいと思っている旨を伝えておくと良いでしょう。きちんと伝えておかないと、対応するフォローが重複したり、矛盾が生じたりしますし、複数利用されることを知っていれば、その上でのアドバイスも可能になります。 複数登録されることに明確な目的があるのであれば、遠慮なくアドバイザーにその旨申し出てください。良いアドバイザーならば自相談所でもっと効果を上げる方法などについても一緒に考えてくれることでしょう。

②会員が被らないようにする

複数結婚相談所に登録される場合に注意するのが、その相談所で出会える会員が重複していないかどうか、という点です。 もし同じ連盟に加入している場合は、相談所という入り口が違うだけで、出会える会員は全く同じとなり、完全に費用の無駄ということになってしまいます。 結婚相談所の連盟は、 日本結婚相談所連盟(IBJ) 日本ブライダル連盟(BIU) 日本結婚相談協会(JBA) 良縁ネット(Rnet) 全国結婚相談事業者連盟 などがあります。 入会しようと考えている結婚相談所が独自会員ならば、出会える会員は何人なのか、連盟加入であればどこに加盟しているのかを必ずチェックするようにしましょう。 違う組み合わせにすることで、本来の目的である出会いの幅を広げることが可能になります

③婚活にかける費用と期間を明確にする

デメリットの①で述べましたように、複数結婚相談所に登録される場合は、相当の費用がかかることになります。 そのため、いつまでに成婚退会する、使える予算は〇万円まで!という風に目標を立てましょう。このような目標もなく複数の結婚相談所で活動を始めてしまうと、気が付いたら時間とお金だけを失っていた…ということになりかねません。 もちろん、計画通りに全て上手くいくとは限りませんが、いつまでに〇〇する!と目標を立て、それを必ず実現しようと動くことが大切なのです。

④登録する相談所のサービス内容とルールを守る

結婚相談の数だけサービス内容に違いがあるように、そこで設定されているルールも異なります。複数の婚活を同時進行していると、どっちがどっちだったっけ?となることも少なくありません。 一方の相談所ではOKとされていることでも、違うところではNGということもあり得ます。ルールを混同したり、違う相談所のサービスやルールを持ち出して不平不満を言ったりすることは大変失礼なことに当たりますので、それぞれの相談所のサービス内容とルールはしっかり目を通しておき、守るようにしましょう。

⑤婚活やお見合いの予定をしっかり管理する

短期期間で複数の結婚相談所の活動をするとなると、毎週末にはお見合いの予定が入り、しかも1日に複数実施というケースもあるでしょう。どの相談所の誰と、いつ、どうするという予定をしっかり管理しておかないと、うっかり〇日までに返事をしなければならなったのに忘れてしまった!ということになってしまいます。 せっかく多くの出会いのきっかけを作っても、自分の管理ミスでご縁を逃してしまっては元も子もありません。このような凡ミスをなくすためには、ご自身に合った方法でスケジュール管理できる方法を考えるようにしましょう。 いかがでしたでしょうか。結婚相談所を複数利用するメリットとデメリットについてご紹介させていただきました。 私たちアドバイザーは会員さまには自相談所でご成婚いただけるように全力を尽くします。もし、活動をする中でお悩みや問題がある場合は遠慮なくご相談いただければと思います。複数ご活動という形を取らなくても解決できることが多々あるかもしれません。 結婚相談所を複数利用すること自体は問題ございませんが、まずはその必要性についてじっくりと検討してみてくださいね。

作成:2018.7/30(更新:2020.12/12)