40代の婚活成就のポイントは感情を前面に出さないこと

20代、30代に独身を謳歌し、バリバリと仕事をして、40代から婚活を始めるという女性は増えています。
しかし、イメージにたやすいですが40代女性の婚活は甘くありません。 もちろん特に子どもがほしいわけではなく、生涯のパートナーがほしくて結婚を考える男性もいますし、40代女性の包容力を求める若い男性もいます。
それは稀な例で、40歳をすぎて結婚できる女性は100人に2人ほどです(国勢調査)。 本当に厳しい状況の中でも、結婚相談所に入会し、お見合いを経て早期に成婚に至る40代女性もいます。
そういった女性となかなか結婚に至らない女性は何がちがうのでしょうか。40代女性の婚活成就のポイントをご紹介しましょう。

■40代女性は感情が前面に出てしまう

女性は割と感情的になってしまうので、40代女性に限ったことではありませんが、特に40代前半の女性は感情が前面に出てきてしまう傾向にあります。 それが婚活の場において顕著になってしまうので婚活失敗につながってしまうのです。
40代前半の女性は特にネガティブな感情に振り回される時期でもあります。 これまでバリバリと仕事をがんばってきたけれど、将来性や先が見えてくる時期にさしかかってきて、「報われない」という思いを抱く人もいるのです。
実際、40歳前後の女性は先の人生を考えて、転職をする方は少なくありません。 また、このご時世40代前半で妊娠出産を考える方もいます。 30代までに結婚して子どもを産んだ友人は、子どもが少し手を離れ、ランチを一緒に楽しむ余裕ができたり、マイペースに働きに出たりといった人もいるでしょう。
その様子はこれまでキャリアを積んできた40代女性に迷いやうらやましさを感じさせます。 まだ自分も子どもを産めるのでは、と考えるとモヤモヤした焦りが生まれ、それが婚活に響いてしまうのです。 周囲の環境の変化と自分の環境の変化のジレンマから、婚活にネガティブな感情で向き合ってしまい、ますます結婚という目的が遠ざかってしまう結果になってしまいます。
 

■感情をあらわにした40代女性の失敗例

40代女性が結婚相談所で30人以上の男性とお見合いして、連絡先交換ができたとしても交際を前提にお付き合いに進めるのは1人いれば良い方。 お見合いの申込みも断られ、お見合いが成立したとしても連絡先交換ができないということはざらです。
そこで「ろくな男がいない」「私はこんなにニーズがないの」と感情的になってはいけません。 それでも「結婚したい」という目的をもっているのであれば、現実を受け止めて戦略をたてるべきです。 上記でもお伝えしたとおり、ネガティブな感情で婚活に向き合うと、つい男性の前でも無意識に感情があらわになり失敗してしまいます。

●42歳/アパレル関連会社員/Aさんの場合

ホテルのラウンジでお見合いをすることになったAさん。 ホテルのラウンジはそこかしこでお見合いが行われるので、男性側が気を遣ってお見合い30分前にホテルのラウンジに行き、並んで席を待っていました。 Aさんは待ち合わせギリギリにホテルのラウンジに到着。ツカツカと男性に近寄り、いきなり「何人待ちなんですか?」と聞きました。 男性が「僕が来たときには13組待ちでしたが、あと5組待ちになりました」と答えると、Aさんは「チッ」と舌打ち。 最初の挨拶もなく「ありがとうございます」のお礼の一言もありません。男性は「この女性はないな」とその場で思いました。

●41歳/IT関連会社員/Bさんの場合
お互いの時間がなかなか合わず、やっとお見合いが成立したBさん。 お見合いを申し込んでも断られてばかりでやっと成立した男性だったので、プロフィールを熟読してお見合いに臨みました。 天気の話や時事の話から、休日の過ごし方の流れになり、男性から「趣味は何ですか?」と会話を広げるための質問をしたときです。 Bさんは「え、プロフィールに書いてましたよね?見てないんですか?失礼な人ね」と感情をあらわに怒ってしまいました。 お見合いはお互いのフィーリングが合うかを知るための出会いの入口です。 その目的を見失って「私はきちんとあなたのプロフィールを見てきた。それなのになぜあなたは私のプロフィールをみてこないの」とカッとなってしまったのでした。 その場では失礼しましたと謝罪した男性でしたが、もちろん連絡先交換はありません。

■お見合いで恋愛感情はおいておく

真失敗例にあげたような男性ばかりではない、という反論もあるかもしれません。 時間をかけて探せば受け入れてくれる男性とも出会えるでしょう。しかし40代女性が限られた時間で成婚を考えるのであれば、ご自身が変わった方がスムーズなのです。
婚活の場では恋愛感情は不要です。恋愛感情はお見合いが成功して連絡先交換ができ、仮交際くらいから持ち出しましょう。 恋愛感情を先に持ち出すと、見た目の好みを優先してしまい、結婚生活に何を求めているかが霞んでしまうのです。 また、結婚相談所に登録している男性はこれまで何人もの女性と同時に会って、将来の伴侶として選んでいる最中です。
こういった状況でお相手を「好き」になってしまうと、特に大人の恋愛の難しさを知っている女性は断られた時に精神的に参ってしまう可能性が高いでしょう。 40代女性で結婚相談所に登録している女性は、これまでの恋愛を振り返って反省する方が少なくありません。 なぜ20代の頃長く付き合った彼と結婚できなかったのか、戦友とも呼べた30代の頃出会った男性と結婚に至らなかった理由は何か。 20代の頃は結婚を考えずに惰性で付き合っていたし、結婚を考えられるような相手ではなかったのかもしれません。 30代の頃は仕事が楽しくて結婚するということを考えられなかったのかもしれません。
そういった今独身である理由を振り返り、結婚相手と恋愛相手は別モノということを理解して婚活をスタートしましょう。 女性の幸せは結婚以外にもいろいろあります。それでも「結婚」を目的に婚活をしていきたいというのであれば、結婚するためには何が必要なのかを考えてみてください。
40代独身女性が培ってきた仕事のキャリアからできたプライドは婚活では活かせません。自分のプライドに縛られるのは婚活において得策ではないのです。

■感情を挟まない40代女性の成功例

こちらで「子どもはいらないけど結婚したい」という希望で結婚相談所に入会した女性をご紹介しましょう。 40をすぎて誰かと一緒に行きたいと思うようになった43歳のCさんは、大手企業に勤める部長職で年収は1000万円近くあり、部下を50人ほど従えています。 一般的に考えるととてもプライドの高いイメージですが、結婚相談所に入会して3ヶ月、10人とお見合いし、9人目に出会った43歳の会社経営者とあっという間にご成婚されました。 Cさんが早期成婚に至った勝因は、「性格が明るいこと」「細かいことに文句をつけないこと」「目的志向で感情移入をしないこと」です。

●婚活アドバイザーのアドバイスに従う
実はもともと婚活に不向きな外見をされていました。管理職の女性で忙しいからか、仕事はできるけれどいつもパンツスーツで髪の毛は潤いを失い、メイクも仕事終わりのボロボロのまま直してきません。 素敵な男性との出会いを求めるのであれば、中身はさておき女性らしいファッションは必須です。
そのため、婚活アドバイザーからファッションの指導が入りました。 40代女性であれば、これまで確立してきたファッションをもっている方もいます。「自分のガラじゃない」「言いなりになりたくない」という方もいるでしょう。 しかし、Cさんは一切感情を挟まずアドバイスに従ってスカートを買ったり、髪の毛を伸ばして巻いたり、メイクも勉強して変わっていきました。
お見合いの場では、男性のタイプに応じて質問事項を揃えて頭に入れておきリサーチしてくださいとアドバイスをもらえば、素直にお相手に関する質問事項を50個ほど頭に入れてお見合いの場で聞き出し、そこから40代女性ならではの会話術で話を盛り上げていったのです。 結婚相談所のサイトで確認できるプロフィールにはない、何時に出社するか、部署に何人いるか、人間関係や時間の使い方、お金の使い方や価値観にいたるまで、根掘り葉掘り聞き出したにも関わらず男性に嫌がられることはありませんでした。
感情を挟まない、結婚という目的がはっきりしているので、がっついている印象がないためでしょう。
「男性側がぜんぜん話さなかった」とお見合いがうまくいかなかった理由にあげる女性は多いですが、お相手が話さないのは、女性が質問をしないからです。 質問をせずにお相手が会話を探してリードしようと焦っている最中、お相手の顔ばかりまじまじ見ている女性の印象に残るのは「顔が好みじゃない」「髪の毛が薄い」「ネクタイがダサイ」などぱっと見のことばかり。
結婚生活に必要な仕事についてや、経済状況などを探りたいはずなのに「男性にリードされたい」という感情が前面にでてお見合いの目的を見失っているのです。

●上から目線やプライドを捨てる
結婚という目標にまっすぐ突き進んでいくCさんとお相手は、デートでの食事も気取りません。 何度かデートを繰り返すと、「今度はちゃんとしたレストランに連れて行ってよね」と上から目線で言う女性も少なくありませんが、お二人の食事はファミレス。 デートの目的は食事ではなく別にあるため、手早く済まして目的の場所をゆっくり楽しもうという合理的感覚でした。 「ファミレスでいい」というCさんにお相手男性は「なんて気取らない素朴な女性なんだ」とこれまでの婚活で出会った女性と比較して感激したのだとか。 経営者である男性は常に多忙なので、普段ランチはファミレスでさっと済ませることが多く、それが合理的だと認識していました。 同様に合理的な判断ができるCさんに男性は取りつくろわずに一緒に居ることができるという安心感を得たのでしょう。

■まとめ

40代女性が早期結婚に至るには、「結婚」という目的意識をしっかりともち、その目的を達成するためにネガティブな感情を一切挟まないことが重要です。
モヤモヤや焦り、迷いが感情に表れてしまうのは、女性だけに責任があるわけではありません。 これまで男性社会のなかで戦ってきた40代女性は、気が強くプライドが高いという傾向があります。 仕事の上ではその気の強さやプライドが自分を守るために必要なのでしょう。 しかしそれを婚活に持ち込んではいけません。「がんばらないと」と培ってきた高いプライドをちょっと置いておいて、素直になるところから婚活をスタートしてみましょう。
40代までバリバリと仕事をしてきた女性に対して、「仕事仲間」「戦友」という意識はあっても、「結婚相手」として男性は興味を持ちにくいのです。 職場でそういった女性しかいないため、わざわざ結婚相談所に「仕事仲間」ではない女性に会いにきていると考えましょう。
そう考えると、女性らしさや気取らない一面を持ち出そうかなと思えませんか。 また、男性は女性に気を遣い、デートなのだからリードするのがあるべき姿という考え方はやめることをおすすめします。

作成:2020.9/11(更新:2020.11/6)

 

あなたにおすすめの記事