結婚相談所で100パーセント理想の相手と出会うことは可能なのか?

「できるだけ早く結婚したい」と考える男女の選択肢のひとつとして、結婚相談所への入会があります。 結婚相談所は、自身の思う理想や条件に一致したお相手を見つけるのに効率的な婚活だといえるでしょう。
しかし、結婚相談所にはいわゆる「イイ男」「イイ女」がいないという話を耳にして、入会を決心できない人もいるかもしれません。 本当に、結婚相談所では自分の思い描く「理想の相手」に出会うことはできないのでしょうか?  

■婚活でモテる男性の特徴

そもそも、「理想の相手」というのは人によって定義が大きく異なります。
しかし婚活する女性から人気の高い男性の傾向はあるので、まずはそれをご紹介しましょう。

●清潔感がある

婚活中の女性が理想として挙げる男性の特徴として、昔からとにかく多く聞かれるのが「清潔感がある」こと。
汚れたりシワシワだったりする服、伸びたヒゲ、フケが付いたボサボサの髪は論外。ほかにも爪や鼻毛が伸びていたり体臭や口臭がケアできていない人もNGです。
容姿端麗でなくても特別オシャレでなくても、女性はとにかく第一に清潔感を求めていることを忘れてはいけません。

●背が高い

背が高い男性も昔から変わらず女性に人気があります。 30代の日本人男性の平均身長は170cmくらいなのでそれ以上、175cmくらいあると好感度が高いようです。
とはいえ身長が高ければ良いというものでもなく、高身長でも肥満はアウト。また、歩き方や姿勢が悪いと印象が悪くなります。

●年収が高い

近年では女性も仕事で多くの収入を得る人が増えているものの、女性にとって男性の年収は今でも、婚活するうえでの最重要チェック項目といって過言ではありません。
見た目やおしゃべりがNGでも医者や弁護士など、年収1,000万円以上の男性はやはり人気です。
理想の年収も女性によって異なりますが、一般的に女性が結婚相手に求める年収は500~600万円以上がボーダーラインと言われています。

 

■婚活でモテる女性の特徴

一方で、男性はどんな女性を理想としているのでしょうか? 婚活で人気が高い女性の傾向をみてみましょう。

●容姿端麗

女性と違って男性はやっぱり見た目を重視する人が圧倒的に多いのが現実。美人や可愛い顔をした女性は婚活でも人気があります。
顔が整っているだけでなくスタイルが良いことも男性にとっては重要らしく、細身でグラマーな女性が求められます。
髪も黒いロングヘアが好印象。メイクはナチュラル系。 ある程度努力でカバーできるところでもあるので、女性の皆さんはぜひご参考に。

●若い

一方、努力でどうにもならないのが年齢。日本人男性が求めるのは若い女性です。
20代、それも20代前半がやっぱり一番人気。20代の女性が40代中心の婚活パーティーに行けば、容姿やスタイルはどうであれ確実にモテます。

●性格が良さそう

男性は笑顔がステキな女性や、明るくて話しやすい女性に惹かれるもの。お見合いのときも聞き上手な女性は好感度が高いといえます。
また、清潔感があってキレイめのファッションや、ふんわりとしたやわらかい印象など、好みは人それぞれですが雰囲気が良い女性も人気です。  

 

■結婚相談所はどういう男女が登録している?

さまざまな婚活スタイルがある中で、結婚相談所を利用している人たちはどのような男女が多いのでしょうか?

●会員の男女比

登録している会員数を男女比でみたとき、男性:女性が4:6や5:5という偏りがない結婚相談所がほとんどです。
婚活する人たちにとっては、バランスの良い環境といえるでしょう。

●会員の年代

男性会員のうち最も人数が多い年代は30代前半~40代前半。この年頃の男性は仕事も安定して、ある程度の地位も確立しつつあります。
女性会員の場合は相談所にもよりますが、多くのところで30代が中心になっているようです。
仕事をしながらプライベートも充実させたいと考え、結婚相談所の門を叩いたとみられます。
比べてみると、男性より女性の年齢層の方がやや若いのも結婚相談所の特徴なのかもしれません。

●会員の学歴・年収

結婚相談所を利用している男性には、会社員や公務員といった安定した職業に就いている人や大卒以上の人が多く、収入も安定しています。国が発表している日本人の平均年収420万円を超える年収500万円以上の男性が多いので、結婚相手として大きな安心材料です。
一方の女性会員も大卒以上の学歴の人が大半。そうなると当然きちんとした仕事をしているため、年収400万円超という人も少なくありません。
近年は自立した女性と結婚したいと考える男性が増えているので、結婚相談所に登録している女性は理想的な人が多いといえます。  

 

■その中に理想の相手はいるか?

結婚相談所での婚活を考えたとき、「利用者にステキな異性はいるか?」というのは最も気になるポイントでしょう。
しかし街コンやマッチングアプリなどと違って、結婚相談所は誰でも簡単に入会できるわけではありません。相談所ごとにさまざまな入会条件があり、さらに男女で条件が違うのが一般的です。 男性はまず定職に就いていることは必須。年収や職業の制限を設けているところも珍しくありません。虚偽申告ができないよう収入証明を求める結婚相談所もたくさんあります。

女性の場合はアルバイトやパートでも入会できるところがほとんどですが、容姿をチェックされる相談所があることを覚えておきましょう。
入会の際に写真を見られて、清潔感やファッションセンスを審査されます。 また、一般的に結婚相談所では男女とも年齢制限があります。20~50歳くらいまでのところが多いようです。
そもそも、「理想の相手」の条件は人によって異なります。しかし結婚相談所に入会している時点で、一般的に理想と言われる条件はクリアしている可能性が高いといえるでしょう。  

 

■イイ男・イイ女から自分は選ばれる存在か?

結婚相談所でステキな異性と出会えたとしても、相手があなたに興味を持つかどうかはまた別の話。
向こうからも好意を持ってもらえなければ、成婚にいたるのは当然難しくなります。 第一段階として、男女とも見た目は重要です。お見合いの席ではもちろん、その前にプロフィール写真で足切りされないようにしましょう。 前述したモテる男女の特徴にもあったように、男性はまず清潔感。女性も絶世の美女でなくてもダイエットしたりヘアスタイルやメイクに変えたり、男性ウケを研究しましょう。

男性の「背の高さ」や女性の「若さ」など努力でどうにもならないこともありますが、自分ができる極限まで見た目を良くすることは努力次第で誰にでも可能です。
撮影も婚活写真を多く手掛けるプロカメラマンに依頼して、少しでも仕上がりレベルをアップさせましょう。
次に、見た目でクリアしたあとにチェックされるのがプロフィールの内容。容姿以外の条件が自分の理想と一致しているか、男女ともここで確認されます。プロフィールは作り込んでおくことが大切です。  

 

■理想の相手に選ばれるプロフィール

では、どのようなプロフィールならイイ男・イイ女から選ばれるのでしょうか?
一般的に結婚相談所でお見合いに進むためには、まず先にプロフィールで選ばれる必要があります。
ウソを書いたり、必要以上に自分を大きく見せるような書き方をしたりしなくても良いですが、ちょっと書き方を工夫するだけで相手の印象は大きく違ってくることを覚えておきましょう。 よくある項目それぞれの書き方をご紹介します。

●学歴・年収

学歴や年収、住所や年齢といった基本情報はすべて埋めましょう。空白箇所があると目立ってしまい、「書けない理由が何かあるのかも…」と不審に思われる可能性もあります。
年収などは正直に書きづらいところでもありますが、ウソを書いたところでゆくゆくはバレること。本当の年収を書いても選んでくれる人が、あなたにとってご縁のある人です。

●趣味

たくさんある人は箇条書きにしがちですが、人柄が伝わるよう文章で書きましょう。
できればアウトドア系・インドア系両方の趣味を書いておくベター。アウトドア派にもインドア派にも好印象を与えやすくなります。お見合いの席での話題にもなるでしょう。
趣味がないという人も、適当にありがちな「映画鑑賞」などと書いて埋めたり「特にありません」とぶっきらぼうに書いたりするのはNG。「楽しい趣味をおしえてくれる方を探しています」など、前向きな気持ちを書きましょう。

●好きな芸能人

美人女優やイケメン俳優の名前を書くのはおすすめしません。プロフィールを見た相手が「面食いっぽいな」とか「理想が高そう」と尻込みしてしまう可能性が高くなります。
芸人や歌手、または同性の俳優の名前を書くのが無難です。  

 

■好印象なプロフィールとNGなプロフィール

続いてプロフィールを書くときに気を付けておきたい、好印象を与える内容とそうでない内容についてもお伝えしておきましょう。 全体的に「良縁を望んでいる」「結婚に対して前向き」という想いが込められていることが大切です。
結婚観や子どもに対する考えなど、前向きな気持ちが伝わる内容は男女とも好印象。 たとえば自己PR欄などは日本人らしく謙遜して書く人も多いですが、ネガティブに受け取られないよう素直な気持ちを書く方が人柄が伝わります。また、スポーツや音楽といった男女問わず好感度の高い趣味は積極的にアピールしたいポイントです。
逆にギャンブルやタバコに関する内容はNG。どちらも男性に愛好家が多いですが、女性が結婚相手を選ぶ時にはまっ先に外されます。 女性の場合は、相手への希望を書く欄にあまり細かく書きすぎないように注意が必要です。プロフィールはまず「選ばれる」ことが重要。
お見合いで実際に会って話してみてから、条件に合っているかどうかを判断しても遅くはありません。  

 

■あなたにとって理想の相手とは?

後悔のない結婚をするためには、「自分にとって」理想的なパートナー選びが欠かせません。しかし一般的にはイイ男・イイ女であっても、その人が自分にとって理想的かどうかは別。性格や価値観など、結婚相手としては自分と合わないこともあるでしょう。
自分にとってどんな相手が理想的なのか、線引きを明確にしておくことが婚活では大切なのです。理想の定義をはっきりさせるために紙に書きだし、絶対に譲れない条件をしぼるのもおすすめ。
結婚相談所にはいろいろなタイプの男女が登録しています。自分にとっての理想の相手が見つかるよう、アドバイザーに相談しながら婚活しましょう。  

作成:2018.11/19(更新:2020.2/18)

あなたにおすすめの記事