次に繋がる婚活の会話 20代-男性向け- |結婚相談所B.I.C head_menu
新規入会はこちら

結婚相談所B.I.C TOP > お役立ちコンテンツ > 年代別婚活マニュアル-男性向け- > 次に繋がる婚活の会話 20代-男性向け-

Manual for man次に繋がる婚活の会話 20代-男性向け-

年代別結婚マニュアル 次に繋がる婚活の会話
20代-男性向け-
年代別結婚マニュアル

更新:  作成:

結婚相談所と聞くと身構えてしまう方も多いでしょう。
緊張してしまってなかなか上手く会話ができないかもしれませんが、お見合いで重要なポイントはいかに次へと繋げるかです。
今後お見合いをする際には、せっかくの出会いを無駄にしないためにも、ぜひ以下を参考にしてください。

過去を引きずらない:事務職員・28歳

♦出会った時の印象

可愛いというよりも綺麗な方でした。身なりも話し方もどこかの貴族を連想させるような程素敵でした。イメージ的には和風美人です。

♦次に繋がる会話

自分は結婚願望が強いのですが、今まで何度かお見合いで失敗をしています。今回も失敗するのではないかと不安ばかりがつのり、会話も最初はぎこちなかったです。
今回もいつのもようにありふれた会話をしており、気付けばお相手が徐々につまらない顔になっていくのがわかりました。
「このままでは駄目だ」と思い、アドバイザーさんから教わった「し・た・し・げ-出身地・食べ物・仕事・芸能」の話を振りました。そうしたら、お互いのご当地グルメの話題で盛り上がれました。

ポイント

結婚相談所でお見合いに失敗すると誰でも自信を無くしてしまいます。次のお見合いでも過去の失敗を引きずってしまい、さらに緊張・・・そうなると、楽しく会話ができず、普段の自分が出せません。これでは再び失敗してしまいます。
過去は過去と割り切って、自分の中で成長のための必要な失敗だったとポジティブに考えましょう。

自分の得意分野は大切に:予備校講師・29歳

♦出会った時の印象

とても可愛らしく清潔感のある素敵な女性でした。
私は予備校講師という旬な職業ですが、そんな私の職業に興味を持ってくれたのがとても好印象でした。

♦次に繋がる会話

お相手は学生の頃から勉強が嫌いだったらしく、私におすすめの勉強方法などを聞いてきてくれました。
最近ではお相手の働くオフィスで英語を取り入れ始めたそうです。しかし、彼女は英語が大の苦手なので「おすすめの勉強法は・・・」とか「良かったら今度教えしますよ」といった会話をしていました。
自分の得意分野でお相手の苦手な部分をサポート出来ますといったアピールを少ししながら会話をしていました。

ポイント

自分の職業が好きで自信を持って働いている男性はとても魅力的に映ります。これからお付き合いしたいと思っているお相手には、仕事を頑張っていることを表現すると、好意的に受け止められるでしょう。
自分の得意分野でお相手をサポートできる男性は頼もしく感じられます。

お相手の良いところを探して褒める:銀行員・28歳

♦出会った時の印象

最初はとても物静かな女性だと思いました。とても緊張していたらしく、彼女から私に話しかけることは少なかったです。

♦次に繋がる会話

彼女が緊張していたので私が話題作りをしなければと思いいろいろと質問していました。
彼女は料理が趣味だったので「すごいですね。どんな料理が得意ですか?」などの会話をしていたら「いつか、お作りします」と言ってくれたのが印象的です。
とにかく緊張を和らげるために彼女の良いところを探しては褒め倒していました。

ポイント

日本人は自分の良いところをアピールするのが上手くありません。
それゆえに、自分の悪いところを隠すことばかり考えてしまいます。
ですから、お相手の良いところがなかなか見えず、悪い点を探そうとしてしまうことも。
お相手を知ることとは、お相手の良い面を探して認めることです。お相手の良い面を素直にいいなと感じたら、それを褒めみましょう。
お見合いではこのようなことが自然にできる器の広さが求められます。

監修:婚活アドバイザー 野澤 貴信