「ここだけは妥協しよう」40代以上女性向け |結婚相談所B.I.C head_menu
新規入会はこちら

結婚相談所B.I.C TOP > お役立ちコンテンツ > 年代別婚活マニュアル-女性向け- > 「ここだけは妥協しよう」40代以上女性向け

Manual for woman「ここだけは妥協しよう」40代以上女性向け

年代別結婚マニュアル 「ここだけは妥協しよう」
40代以上女性向け
年代別結婚マニュアル

更新:  作成:

「アラフォー」「アラフィフ」と呼ばれる40代以上の年齢になると、今後のあり方や結婚に対する考えが定まってきます。
仕事一筋に生きる生活を送るのか、良きパートナーと共に歩むのか、人生の選択に悩み不安を抱える時期でもあるでしょう。
自身がどうありたいのかをしっかり見つめみつめ、パートナーと共に歩むのであれば妥協という折り合いも含めて婚活行くことを考えてください。
こちらでは実際に婚活中の40代女性の声と妥協のポイントをご紹介しましょう。

年齢に左右されない

年齢に左右されない

「私はよくお見合いサイトや職場でも、年上の男性に好かれることが多いのですが、私の結婚願望としては年下の男性とお付き合いしたいと思っています。
それは、いつまでも自身が若くいられそうだし、元気を貰えるから。実際にこれまで交際したのは年下の男性ばかりです。
だけど、今まで結婚に結びつかないことが悩みなんです。
既婚の友達からは、『苦手に思わないで年上の男性とも付き合ってみたら?』と言われるのですが、なんだか気が進みません。」
(42歳・女性)

★妥協のポイント

婚活というのは、いずれ結婚することを目標に活動することです。 お相手の年齢にこだわることが、自身の結婚にプラスになるでしょうか?
お見合い相手を探したり、お見合いの申込みを受けたりしたときにお相手の年齢が年上だから、年下だからと切り捨てるのはもったいないです。
女性に40代には見えない美魔女がいるように、男性にも年上だけど見た目が若々しい方や考え方が若い方がいます。
年齢に左右されずにプロフィールの内容や見た目でお見合いを進めて、お付き合いをしてみましょう。
年上とお付き合いすることでより若々しくありたいと感じたり、年下にはない元気のもらい方を感じたりすることもあるかもしれません。
一番大事なことはご自身と相性がいいことです。相性の良し悪しに年齢は関係ないのではないでしょうか。

仕事を辞めることも視野に入れる

「ずっと仕事が恋人というくらい、恋愛より仕事の方を優先してきました。その甲斐あって部署を束ねる役職にも就くことができました。ようやく仕事の目標を達成し、40歳になって、次は恋愛の目標である結婚を目指しています。 ところが、先日参加したお見合いパーティーでも、友人の紹介で会った方も、「結婚したら家のことをやって欲しい」と言う人が多く、仕事と結婚を両立するのは難しいのかもしれないと感じています。
せっかく築き上げた地位を結婚のために捨てると思うと悩んでしまいます。」
(40歳・女性)

★妥協のポイント

仕事も家庭も100%完璧に両立させようとすると無理があります。結婚するのであれば仕事と家庭のいずれか妥協点を見つけなければいけなくなるでしょう。
昨今では女性が活躍する職場も多く、男性と同等にキャリアを重ねていく方も珍しくありません。
それに伴って子育て中の女性の家庭を支える制度も整ってきていますし、理解のある男性も増えてきました。
しかし、どうしても出産や育児という面では女性の負担が大きいのは仕方ありません。
家事や育児に関して理解のあるパートナーが見つかるまで婚活を続けるか、仕事と家庭に折り合いをつけるか、出産のリミットなども含めて妥協点を見つけていきましょう。

婚活にプライドは不要

「私の友人はつい最近、結婚相談所への入会を決め、お見合いを中心に婚活しています。
ですが、『自身より学歴の低い男性とは付き合えない』『自分からお見合いを申し込むのは恥かしい』と言って、申し込まれたお見合い相手の中から学歴や条件の良い人を選んで会っているようです。
『この歳まで独身でいたのだから、周りが羨むような相手を見つけたい』とも話していたので、よほどプライドが高いのだと思います。」
(43歳・女性)

★妥協のポイント

折角結婚相談所に登録したのであれば、お相手からのお見合いを待ち受け状態は時間もお金ももったいないのではないでしょうか。
40代以上の女性の婚活は、スピードが重要です。普段の生活では自然に出会う機会が少なくなっていますし、40代以上の女性を希望する男性は絶対数が少ないので、その中の素敵な男性は他の女性に狙われています。
学歴が低い男性はその分早く社会に出ていますから、知識も経験もご本人の頑張り次第で得意分野においては、その将来性で高学歴男性を抜いている可能性があるでしょう。
自分からお見合いを申し込むのが恥ずかしいと思っていたら、素敵な男性との出会いのチャンスは逃げてしまっています。
プロフィールだけでお相手を判断するのはもったいないことです。実際に会って話してみると違った視点からお相手を見ることができるでしょう。
40代まで独身でいたということは、これまでご自身の得意分野でがんばってきたという自負があるため、周りからの視線も気になるのかもしれませんが、結婚は周りにどう思われるかではなく、ご自身がどうありたいかです。
ご自身が幸せになるために積極的に活動していきましょう。

監修:婚活アドバイザー 桑原 まゆみ

サイト内の金額表記はすべて税込みです。